ゴルフルール改正で最低限知っておきたい 新ルール。バンカーやOBなど厳選5つをおさらい!

バンカー

2019年1月1日よりゴルフのルールが大幅に変更となりました。今回の変更の主な目的は、プレー時間の短縮とゴルフの普及。そのため、従来のルールよりも緩和されたことがいくつかあります。
そのなかでも「グリーンでピンを抜かずにパッティングできるようになった」というのは、多くの方が知っているかと思います。でも、他にも変更点がたくさんあって、覚えきれないという方も少なくはないのでしょうか。
今回は、特に初心者ゴルファーが最低限知っておくとよいルールを厳選して5つ集めましたので、ぜひチェックしてみてください。

ピンを抜かずにパッティングできる

以前は、パッティングするときはピンを抜くのがルールでした。新ルールでは、ピンを抜かずにパッティングOKに。ピンを抜く手間が省けるのと、プレー時間を短縮できるだけでなく、ロングパットの際に距離感がつかみやすいと感じる方も多く、たくさんのゴルファーがこの新ルールを実践しています。
ピンを誰が抜くか、いつ抜くかなどなど気を遣わず、にプレーに集中できるのも良いですね。

バンカーからプラス2打で外に出してOK

ゴルファーなら誰しもバンカーには入れたくないはず。それでも入ってしまうのがバンカー・・・。特にグリーン周りのバンカーは「ホームランしてグリーンを飛び越えたらどうしよう」など、慣れるまでは緊張しますよね。
このバンカーでの処置も、ルール変更のひとつです。
以前は、バンカーの壁に深く食い込んでしまった場合など、、ショットが困難な状態のとき「アンプレヤブル」を宣言し、受けられる救済は下記の3パターンでした。

  1. 1打プラスして、バンカーに入る前に打った位置に戻り、そこから1クラブレングス以内にドロップ。
  2. 1打プラスして、バンカーのボールから、2クラブレングス以内にドロップ。
  3. 1打プラスして、バンカーのボールとピンを結ぶ後方の延長線上のバンカー内で、1クラブレングス以内にドロップ。

新ルールでは、上記の3パターンに加え、下記も選べるようになりました。

  1. 2打プラスして、バンカーのボールとピンを結ぶ後方の延長線上で、バンカーの外(1クラブレングス以内)に出してOK。
バンカーからプラス2打で外に出してOK

3と4は似ていますが、3はバンカー内でボールを動かす、4はバンカーの外に出せるというのが、大きな違い。
初心者に限らず、バンカーから出すのが難しい場所にボールが落ちてしまった場合は、無理をせずに新ルールを含めた救済を受けた方が、スコアへの影響を最低限にできるかもしれません。

OBは2罰打で横に出して打てる

例えばティーショットでOBとなってしまい、「プレイング4」など前から打てるローカルルールがない場合。
以前は1打プラスして、ティーショットの位置からもう一度打たなければなりませんでした。
新ルールでは、暫定球を打つ必要がなくなり、OBに入った地点の近くから、2打プラスして打てるようになりました。

OBは2罰打で横に出して打てる

ドロップ可能なエリアは、OBラインを横切った地点と、そこからピンに近づかないフェアウェイとラフの境界線の地点から、2クラブレングスまでを結んだ線までの、ジェネラルエリアすべてです。

準備ができた人から打ってOKドロップ可能エリア

例えば自分よりもピンから遠い同伴者がボールを探していたり、「間違ったクラブを持ってきちゃった!ちょっと待ってて」とカートに戻るなんていう場合。
以前は、ピンから遠い人から順に打つのがルールでした。
新ルールでは、ピンからの距離に関係なく、準備ができた人から打ってOKとなりました。スムーズなプレー進行のためにも、ぜひ「先に打ってください」「先に打ちますね」「(ボールを打つ方向にいる同伴者に向けて)先に打つので気を付けてくださいね」などと声をかけあって、安全を確認したうえで新ルールを実践してみてください。

チョロしても、無罰で場所を変えてティアップ・打ち直しができる

初心者なら、朝いちばんのショットは多く人が緊張するもの。そんなときにいつも通りのショットができずにチョロした経験、ありませんか?
(チョロ=クラブにボールがコツンとしか当たらず、ティからボールが落ちてちょろっとボールが転がっただけで止まってしまうこと)

以前は、ボールが止まった位置から打たなければならないルールでした。
新ルールでは、チョロしてもボールがティングエリアにあれば、無罰で場所を変えて打つことができます。

いかがでしょうか。
ゴルフはルールがたくさんあるので、最初はとまどうこともあると思いますが、新ルールは初心者にとってラウンドが易しくなるものも多いので、ぜひ覚えておきましょう。

ページの先頭へ