ハザードでのルール

ゴルフにはいくつものルールがあります。ここでは、主にペナルティエリアやバンカーといったハザードでよくあるシチュエーションと、ペナルティについてご紹介します。

ペナルティエリア表示杭の隣に止まったので、杭を抜いて打った…罰打なし

ペナルティにはなりません。そのままの状態でプレーを続けます。

ペナルティエリアの浅瀬で動いているボールを打った…罰打なし

ペナルティにはなりません。ただしボールが落ち着くまで待つなど、時間をかけるとスロープレーによるペナルティとして2罰打となりますので、救済を受けないと決めたら速やかに打ちましょう。

ボールが川に落ちてOBに流された…1罰打

OBとしてカウントされ、1罰打となります。元の位置にドロップしてプレーを続けます。

バンカー内にあったレーキを動かしたらボールも動いてしまった…罰打なし

レーキ(バンカーをならす道具)は動かせる障害物なので、ペナルティはなく、元の場所にリプレース(戻す)してプレーを続けましょう。

打ったボールがまたクラブに当たってしまった…罰打なし

不可抗力による2度打ちはペナルティにはなりません。そのストロークを1打とカウントします。

バンカー内で素振りをし、クラブが砂についた…2罰打

ハザードの状態をテストした、というルール違反に当たり、2罰打となります。

グッドマナーのためにワンモアアドバイス

バンカーからプラス2打で外に出してOKバンカーの壁にボールが深く埋まってしまい、バンカーからの脱出が困難な、状態のとき「アンプレヤブル」を宣言し、下記4パターンの救済が受けられます。

  1. 1罰打を受けて、バンカーに入る前に打った位置に戻り、そこから1クラブレングス以内にドロップ
  2. 1罰打を受けて、バンカーのボールから、2クラブレングス以内にドロップ
  3. 1罰打を受けて、バンカーのボールとピンを結ぶ後方の延長線上のバンカー内で、1クラブレングス以内にドロップ
  4. 2罰打を受けて、バンカーのボールとピンを結ぶ後方の延長線上で、バンカーの外、1クラブレングス以内にドロップ

※③と④は似ていますが、バンカーの「内」と「外」が、大きな違い。初心者に限らず、脱出が困難と判断した場合は、無理せずに救済を受けた方が、スコアへの影響を最小限に抑えられるかもしれません。

ページの先頭へ