グリーン上でのルール

ゴルフにはいくつものルールがあります。ここでは、主にグリーン上でよくあるシチュエーションとペナルティについてご紹介します。よくあるのは以下の4つのケースです。

風でボールが動いた…罰打なし

ペナルティにはなりません。そのままの状態でプレーを続けます。

バックスイング中に風で動いたボールを打った…罰打なし

スイングを始動した後に動き始めたボールを打っても、ペナルティにはなりません。

アドレス時に風で動いたボールを打った…1罰打

アドレス時に風で動いたボールを打った場合、またはプレーヤーが球の動く原因となった場合はペナルティとして1罰打になります。

マークをしないでボールを拾った…1罰打

プレー中のボールを拾うときは必ずマークしなければならないので、1罰打となります。

グッドマナーのためにワンモアアドバイス

ピンを抜かずにパッティングできる以前、パッティングするときはピンを抜くのがルールでしたが、現在はピンを抜かずにパッティングすることが可能になりました。。ピンを抜く手間が省け、プレー時間を短縮できるだけでなく、ロングパットの際の距離感がつかみやすいと感じる方も多いようです。。ピンを誰が抜くか、いつ抜くかなど気を遣わずにプレーに集中できるのも良いですね。

ページの先頭へ