レッスンノンフィクション

choiceレッスン・ノンフィクション

ヘッドの走りが変わる!「桜美式ゴルフ」のすべて。秘密は『最新10フィンガー』
choice 最新刊の内容はこちら

シンデレラボーイ時松隆光もこのスウィング

Lesson1

桜美式とは何か?

九州のトップアマ、篠塚武久さんがこの理論の開拓者。
その始まりは約25年前、福岡大学の大石廸夫教授に「今までの固定概念は捨て去り、一緒にゼロからゴルフスウィングを分析しましょう」と持ち掛けられたのがきっかけだ。
大石教授による、人間の心理、身体の構造、そして物理などの分析を元に、篠塚さんが実践を繰り返して練り上げたのが、現在の桜美式「OS理論」だ。

【桜美式のポイントとは?】
●体の動きの矛盾をなくすこと。
●自然な体の動きが飛んで曲がらないスウィングをつくる。
●無理は下手の始まり。だから、フェースも腕もねじらない。

このクラブの動きをイメージできれば“タテ振り“にこだわる必要はなくなるが、さて、どう振ればいいのだろうか。

Lesson2

これが最新10フィンガー

棒を1本プラスしてみると10フィンガーの意味がわかるという。
短く詰めたアイアンのグリップ部分の中間に、フェースと平行になる横棒グリップをプラスする。これを上下で握り、左右に倒さずに振ると、フェースを開閉せずに球を打つクラブの動き、手元の動きがイメージできる。

「まず“クラブの動きありき”。クラブをこう動かしたいから手元や体はこう動く、と決まっていくんです。」(篠塚)

“プラスグリップ”でイメージできるのは、通常のグリップで腕をねじるようにしてフェースを開閉させる打ち方ではなく、腰の高さより下、いわゆる“ビジネスゾーン”でフェースターンさせず、ヘッドが手元を追い越して先に出るようになる打ち方。それは“スナップ”で飛ばすイメージになるのだ。

Lesson3

なぜ最新10フィンガーなのか

通常のグリップに慣れたアマチュアには、難しく思えるだろう。

「従来のオーバーラッピングとかインターロッキングだと“スナップ”はもちろん、フェースを開閉しない打ち方は難しい。指や手首が痛くなるかもしれません。だから私は10フィンガーを薦めるんです」(篠塚)

ゴルフ独特のオーバーラッピングやインターロッキングよりも、ただ自然な10フィンガーのほうが優れている、というのが篠塚さんの持論だ。

右手と左手、別に動くほうが
スウィング軌道は安定する

「長さのある道具で、正確に対象物をヒットするには、両手の役割を“分担”させるのが正解。左手は抑えや受けに使って、利き手である右手の感性を生かすというように、役割分担させる使い方ができるグリップであるべきです」

“プラスグリップ”の横棒を軸にヘッドをリリースする動き。右手の感性を生かせる10フィンガーなら、難しくなくなるのだ。

Lesson4

なぜ、ねじらないのか

ねじらないことでインパクトの“厚み”が無くなり、打球が軽くなったり、飛ばなくなるのではないか?

「フェースをプレーンに直角に走らせることで“押し”のあるインパクトになります。ダウンでもフェースを開いていないので、つかまりも十分です」(篠塚) 

それを実証しているのが米ツアー飛距離No.1である、ダスティン・ジョンソンだ。
彼も実は体をねじらない。ヘッドは手元を追い越し、スナップを利かせているのがわかる。曲がらず飛ぶ理由だ。

「要はインパクトエリアでヘッドの走りを邪魔しないこと。スウィングプレーンに沿って下りてきたヘッドのベクトルを、腕のねじりや体のねじりで歪めないことが大事なんです。
インパクトエリアに手元が戻ったときに“横棒”を倒さない意識を持てばヘッドが勝手に走ってくれます。筋力に頼らず、飛距離アップできます」(篠塚)

Lesson5

桜美式でスナップ!

理解できてもオーバーラッピングやインターロッキングはアマチュアには難しいのではないだろうか? アマチュアにはスナップを利かせることは至難の業に見える。

「それは、指主体で握る、従来のオーバーラッピングやインターロッキングで握っているからです」(篠塚)

ねじらずに振れば意識しなくてもスナップが使える。ねじれが生まれるのは親指・人差し指・中指を使うという。
そこで生まれたのが、桜美式の10フィンガーグリップだ。
親指をグリップに乗せず、両手ともパーム主体で握るのがポイント。

「これだと右手のひらでフェースのスクェアを感じ取り、アドレスも決まりやすい。“横棒”を軸にしたスナップ動作も、指で“ねじる”動きを入れずに利かせられます」(篠塚)

Lesson6

桜美式パッティング

桜美式の斬新な効果はパッティングにもおよぶ。

「ボールに対してではなく、目標に対してアドレスすることが大切。だから、アドレスに入る際には“ラインに直角”のイメージを指導しています」(篠塚)

桜美式ではフェース面がラインに直交し、ヘッド軌道がストレートに動く位置に立つことが最優先。

「だから、ラインに“直角”に入っていくんです」(篠塚)

このアドレスは、桜美式パッティングでより明確になる。

アドレスの基本は“ラインと直角”のイメージだ。
ラインに対して直交する位置からボールに近づいて、ヘッドも手前から差し入れる。ラインを“正面”としてとらえることで、体軸が傾かず、肩の面もそっぽを向かなくなる。

「足の位置や腰の向きは、それほど重要ではない。肩の向きだけです」(篠塚)

体軸、手元の軌道、ヘッド軌道とリンクするのは肩の向きだけ、ということか。このアドレスの入り方は、桜美式の全ショットに共通している。

【桜美式パッティング・シンプルな技術でミスを減らすための工夫】
●スタンスを狭めて、右足に全体重をかけてアドレスをする。ラインに直角に入る際、右足を半歩前に出すようにすると、やりやすい。
●フォローは上に抜いていくと、フェースの向きが変わらない。
●ボウリングの投げ方のイメージで、右手でボールを放り出す。右肩を軸に、右腕と右手のひらを目標方向に出す。実際に打球の転がりが良くなる。

『超最新式10フィンガーグリップ【桜美式のすべて】』は、チョイス2017年春号に掲載されています。

choice 最新刊
「桜美式ゴルフ」のすべて。秘密は『最新10フィンガー』 グリーン周りを愉しみましょう! あなたはどちらのスウィング?ワンプレーン、ツープレーン 『アスレチックスウィング」から25年。これはスウィングの大革命だ 佐久間馨と考える「スピンが愉しい弾道大研究」 マイク・アダムスによる米国流超天然打法 親と子のレッスン 練習嫌いの上達メソッド ゴルフ脳を高めるドリル集 ゴルフの力学 choice「大人の飛ばしスナップ打法」 choice「グラント・ウェイトのニュー・モダンゴルフ」 choice「より遠くへ、正確に ホーガンへの道」 choice「ピーター・コーウェンのスパイラル打法」 choice「世界最強の心技体」 choice「80ヤードから2打であがる 最新ショートゲーム」 choice「ペルツ博士のパッティングゲーム」 choice最強のメントレ「クォンタム・ゴルフ」 choiceマイケル・バノンの「6ステップゴルフ」