Top_Flash
サムイ カントリークラブ

今タイではこのサムイ島唯一のコースが注目を集めている。

サムイ島北部の丘に位置するサンティブリ・カントリークラブは、2002年オープンのコース。眼下にはココナッツ畑を挟んでメナムビーチがあり、海の向こう側にパンカン島を望む景色は自然の雄大さを感じさせてくれる唯一無二の美しさがある。今タイではこのサムイ島唯一のコースが注目を集めている。理由は自然の地形をそのままに、さらに自然美を損なわないようにレイアウトされている点にある。

戦略的なレイアウトはプレーヤーを飽きさせることがない。

ココナッツ畑に囲まれた地形を巧みに利用し、戦略的なレイアウトはプレーヤーを飽きさせることがない。全長はレギュラーティからで5792ヤードと距離的には短めだが、どのホールもティショット、セカンドショットとピンポイントにボールを運んでいかなければ好スコアは望めない難しさがある。

サンティブリリゾート画像

シンハービール サンティブリリゾート モニター体験キャンペーンラウンドレポート

ラウンドレポート
プロフィール 藤井悠
モデル・タレント
CanCamの専属を経て、現在も美人百花、ar等多数のファッション誌で活躍するほか、タレントとしてもTVやラジオ等、多方面で活躍中。
趣味はゴルフ、音楽鑑賞、ドライブ。
  • 公式ブログはこちらから
  • 藤井悠 フォトギャラリー公開

透き通るような青い空の下、素晴らしいメンテナンスで整備されたコースでのプレーは爽快そのもの。南国らしい強い日差しのもと、自然と会話も弾む。
今回のツアーナビゲーターである藤井悠さん(写真右から2番目)はゴルフの腕前はまだまだビギナー。渡辺由人さん(写真右端)はシングル級の腕前。南夫妻(聖二さんと智子さん。写真左端と左から2番目)は、2人ともに70台を出すこともあるゴルフ大好き夫妻。レベルの違う4人が、それぞれの楽しみ方でプレーできるのがサンティブリ・カントリークラブの魅力のひとつだ。

プレーするティグランドによってコースは全く違った顔を見せる。アベレージゴルファーにはやさしく、上級者には難しく感じさせるレイアウトがこのコースの特徴。楽しみ方は違っても、同じフィールドで共通の時間を共有できる。それがゴルフの良さであり、本来の楽しみ方なのだ。 藤井さん「コースを判断できる腕前ではないですけど、景色が本当にきれいで、スコアなんか関係なく楽しむことができました」。

渡辺 由人さん
「グリーンの難しさにかなり手こずりましたけど、戦略性の高い面白いコースですね」。
南 智子さん
「少し油断すると大叩きしてしまう難しいコースでしたけど、どのホールも印象的で楽しくゴルフができました」。
渡辺 聖二さん
「アウトコースは広々した感じ。インコースはハードで、攻めがいのあるホールが続きますね」。

サンティブリ サムイ カントリークラブ。全長:6932YARD PAR72 設計者:ビラボン ナマトラ氏 エドワード ティール

6番ホール
6番パー3はジャングルに向かって打っていくように感じる 打ち下ろしのパー3。距離はレギュラーティからで141ヤードとそれほど長くはないものの、打ち下ろしの度合いがきつく、グリーンが小さく見えるために、距離感が難しいホール。
16番ホール
16番は395ヤードのパー4。セカンド地点からグリーンに向かってなだらかに打ち下ろしており、その先には美しい海が望める絶景ホール。フェアウェイが左に傾斜しているため、ティショットの落としどころが攻略のポイントになる。
17番ホール
17番ホールティグランドからコース全体が見渡せる景色が眼下に広がる。打ち下ろしで499ヤードと距離的には2オンも可能なパー5の攻略のポイントは、落としどころが見えないティショット。3Wでもいいので、まずはフェアウェイをキープすることが先決になる。