タイトリストプロV1がモデルチェンジ。そのポテンシャルを徹底検証! 2009.4.16 公開


プロV1がモデルチェンジ。そのポテンシャルを徹底検証!


大きな画面で見る

  • アマチュア10名による09年モデル「プロV1x」試打
  • 飛距離やスピン性能、フィーリングについて語る

ともに高い飛距離性能を持つマイルドな「プロV1」と弾く「プロV1x」

アマチュアによる試打テストを行ったのは千葉県市原市のロッテ皆吉台カントリー倶楽部。男性8名、女性2名に協力していただいた。参加者はハンディキャップ4〜21、ヘッドスピードは32m/s〜52m/sとまさに十人十色。性別、ゴルフレベル、飛距離の違いでどのようなフィーリング、性能の差が出るのだろうか−−。

ドライバーのテストでは、ほとんどの参加者が「自分が使用しているボールよりも飛距離が出ている」と回答。全体的には「プロV1」が「打感が軟らかく、コントロール性がある」、「プロV1x」が「弾きがよく力強い弾道」という声が多かった。また、普段は07年モデルの「プロV1」を使っているという町田重和さん、07年モデル「プロV1x」を使用している出島正登さんは「新しいモデルの方が飛距離は伸びている感覚があります」とコメント。注目したいのは、「プロV1 」に対するヘッドスピード33m/s前後の女性2人の感想だ。「思ったより打感が軟らかくて打ちやすかった」(清野さおりさん)、「もっと難しいボールかと思っていましたが、これなら女子でも使えますね」(加藤由香さん)。プロ・上級者向けというイメージが先行する「プロV1」シリーズだが、女性ゴルファーでも飛距離の恩恵を受けることができるようだ。

ヘッドスピード、スイングタイプによって打感、コントロール性の印象に違い

続いて行ったのはアイアンテスト。打感についての質問では、「プロV1」と「プロV1x」のフィーリングに個人差があった。ヘッドスピード52m/sでヒッタータイプの渡辺喜則さんは「『プロV1x』は打感が非常に良い。『プロV1』はやや硬め」と回答したのに対し、47m/sでスインガータイプの鈴木豊さんは「打感が硬めの『プロV1x』は直進性があり、マイルドな『プロV1』はコントロール性がある」と語る。「ヘッドスピードがあれば、『プロV1x』の硬さはしっかり感に変わる」とは48m/sの伊藤和夫さん。スイングタイプやヘッドスピードの違いによって、その感じ方に差が生まれたようだ。

同様に、コントロール性についてもモデルによって意見が異なったのが特徴的だった。上甲教文さん(46m/s)の「『プロV1x』は右にも左にも曲げやすい」という意見とは対照的に、加藤由香さん(32、33m/s)は「『プロV1』の方が方向性が出しやすかった」と語っている。全体的な傾向としては、ヘッドスピードがゆっくり目、スインガータイプは「プロV1」、ヘッドスピードが速い方、ヒッタータイプは「プロV1x」の印象が良かったようだ。

ショートゲームのスピン性能は◎グリーン上のパフォーマンスも文句なし!

ウエッジは、グリーン周り15〜20ヤードからと30ヤード前後からのアプローチでテスト。参加者は歴代「プロV1」シリーズのスピン性能の高さを認識していたが、ニューモデルを実際に試打すると、「こんなにスピンがかかるとは思わなかった!」「自分の球とは思えないくらいスピンが効く!」という声が上がっていた。女性ゴルファーも、「普段スピンがかからないのでこれはかなり助かります!」(清野さおりさん)とコメントした。

一方、パッティングでは「プロV1」、「プロV1x」ともに「転がりがよい」という回答がほとんど。打感については、総じて「プロV1」が「軟らかめ」、「プロV1x」が「弾き感がある」という結果に。ただ、「『プロV1x』の方が距離感を合わせやすい」(山上豊彦さん)、「軟らかめの『プロV1』の方がタッチが合う」(近藤貴久さん)と、距離感についての意見は2つに割れた。転がりの良さは全員が認めるところなので、自分のフィーリングに合う方を選べばパット数の減少にひと役買ってくれるだろう。

最後に、ひと通り試打した「プロV1」、「プロV1x」の印象を参加者に聞いた。「飛距離、打感……。全てに関して最高でした」(渡辺喜則さん)、「距離を求める人も満足させる性能があります」(町田重和さん)等々。性能を実感できるのはゴルフレベル、年齢、性別を問わないようだ。「NO.1ゴルフボール」に君臨し続ける「プロV1」。ニューモデルでもその“定位置”の座は譲らないだろう。

ページTOPへ

TESTER PROFILE

山上豊彦さん

ゴルフ歴:20年、HC:18、ヘッドスピード:43〜44m/s

ドライバーコメント
「プロV1x」は「プロV1」よりも球が重く感じ、グングン伸びる球筋で直進性がありました。方向性もよくコントロールしやすかったです。
アイアンコメント
「プロV1」は弾きがよいため、フェースに乗っている時間が少なく球筋を曲げるというよりも真っ直ぐ攻めたい人向き。「プロV1x」はインテンショナルショットが打ちやすかった。
ウェッジコメント
よりスピンが効くのは「プロV1」でした。1バウンド目のスピンのかかり具合がイメージ通りです。それに比べ「プロV1x」はスピン量はやや少なめだった気がします。
パターコメント
打感がよく、自分の思ったラインに打ち出せるのは「プロV1x」です。「プロV1」は転がりが良すぎてしまい、私にとっては距離感が合わせづらかったです。

結論

私はProV1xを選びます

ProV1xは打感も良く、ドライバー、アイアンともにコントロールがしやすい。

近藤貴久さん

ゴルフ歴:20年、HC:11、ヘッドスピード:48m/s

ドライバーコメント
「プロV1」はほど良い硬さで球のつかまりも良ですね。「プロV1x」の方は打感が硬く弾きの良い印象でした。
アイアンコメント
ドライバーと同じく「プロV1」はボールのつかまりの良さを感じました。叩いて打ったときは「プロV1x」の方がスピン量は多い気がします。
ウェッジコメント
「プロV1x」はスピンも良くかかりスピンコントロールもしやすいのでグリーン回りのアプローチが良かったです。
パターコメント
「プロV1」はソフトな打感で距離感をあわせやすい。「プロV1x」は芯を外しても転がりが良いので、重いグリーンなどで使いたいですね。

結論

私はProV1を選びます

程よい硬さで、つかまる感じもある。

伊東和夫さん

ゴルフ歴:20年、HC:9、ヘッドスピード:48m/s

ドライバーコメント
手応えのあるインパクトがあったのは「プロV1x」です。ミスヒット時の曲がり幅も少ないですね。しっかり打てるHSがあれば「プロV1x」の方が弾道を抑えられると思います。
アイアンコメント
「プロV1x」は柔らかい中にもしっかり感があって非常に気に入りました。HSがあれば、この硬さはしっかり感に変わると思います。
ウェッジコメント
適度な重さを感じながらショットでき、静かな弾道を描くのは「プロV1x」でした。重さを感じられる点はアプローチの距離感が合わせやすいですね。
パターコメント
どちらも転がりと方向性がすごく良く、距離感も合わせやすいですね。打感は「プロV1x」の方が好きです。

結論

私はProV1xを選びます

ボール選びで重視している打感が良く、ドライバーでの良い印象が強かった。

上甲教文さん

ゴルフ歴:6年、HC:13、ヘッドスピード:46m/s

ドライバーコメント
「V1」シリーズらしくインパクトがしっかりしています。ドライバーは風に強くランも出る印象を受けました。
アイアンコメント
「プロV1x」は打感も良く左右どちらにもコントロールしやすかったです。「プロV1」はソリッドな打感で直進性が高く感じました。
ウェッジコメント
どちらも打感がすごく良いですね。「プロV1」は優しく転がって、「プロV1x」はよく転がるという印象を受けました。
パターコメント
「プロV1x」も打感は良いですが、自分のパターには「プロV1」の方が距離感も合わせやすく感触が良かったです。

結論

私はProV1xを選びます

ProV1xはアイアンで左右どちらにも曲げやすくコントロールしやすかった。

鈴木豊人さん

ゴルフ歴:20年、HC:6、ヘッドスピード:47m/s

ドライバーコメント
直進性が高く弾きが良いのは「プロV1x」、コントロール性能を求めるなら「プロV1」という印象でした。どちらも強弾道で風に強いですね。
アイアンコメント
どちらも弾道、方向性、球のつかまり、スピン量がすごく良い。「プロV1」の方がやわらかく感じる分コントロールしやすそうでした。
ウェッジコメント
スピン性能が高くどちらもグリーンでピタッと止まってくれそうな印象。少しだけ「プロV1」の方が打感がやわらかく感じました。
パターコメント
パターだと2つのやわらかさの違いが良く感じられます。「プロV1」はかなりソフトな打感でイメージが出しやすいですね。

結論

私はProV1を選びます

やわらかくショットでコントロールしやすく、パターでラインを出しやすい。

渡辺喜則さん

ゴルフ歴:27年、HC:18、ヘッドスピード:52m/s

ドライバーコメント
「プロV1」は打感がすごくソフト。「プロV1 x」はソリッドな打感です。どちらも高弾道で方向性も良いですね。
アイアンコメント
「プロV1」に比べてやわらかい「プロV1x」はアイアンに乗っているような感じがあってコントロールしやすかったです。
ウェッジコメント
スピン量が多く感じる「プロV1」はピタッと止めて攻めたい時に良さそう。「プロV1x」はウェッジの打感も良いです。
パターコメント
ソフトな「プロV1x」とソリッドな「プロV1」というように打感は違いますが、どちらのボールも良く転がってくれますね。

結論

私はProV1xを選びます

全てのクラブにおいてソフトで良い打感を感じられる。

町田重和さん

ゴルフ歴:25年、HC:4、ヘッドスピード:45m/s

ドライバーコメント
前モデルよりどちらも性能が上がっていました。「プロV1」はやわらかくて飛距離も出る。耐久性も向上している気がします。「プロV1x」は球離れが速く真っ直ぐ飛びますね。
アイアンコメント
「プロV1」、「プロV1x」ともに前モデルよりもスピン量が適正になり、ピンを狙いやすくなった。距離感もあわせやすいですね。
ウェッジコメント
どちらも30ヤード前後のアプローチではスピンが良く効いてプロのようなバックスピンがかかるボールもありました。アプローチでも前モデルより性能が高くなったと思います。
パターコメント
パターの感覚は前モデルも良かったですが、新モデルはどちらもパッティングのフィーリングが良いですね。

結論

私はProV1を選びます

飛距離も出て、アイアンのスピン量がちょうど良くピンを狙いやすい。

出島正登さん

ゴルフ歴:20年、HC:10、ヘッドスピード:45m/s

ドライバーコメント
「プロV1」は打感がやわらかくコントロール性も高い。直進性も前モデルよりもアップしたように感じます。「プロV1x」は弾きが良くて飛距離が出そうですね。
アイアンコメント
若干「プロV1x」の方が上がりやすい印象がありましたが、どちらも球のつかまりや弾道の高さは良い感じです。
ウェッジコメント
ファーストバウンドで止まるので「プロV1」は距離感を合わせやすい。一方の「プロV1x」は方向性が高くてピンを狙っていけますね。
パターコメント
直進性があって狙い通りに打っていきやすい「プロV1x」。「プロV1」は打感がよく距離感を合わせやすかったです。

結論

私はProV1を選びます

ドライバーでの直進性も高く、つかまりも良い。パットの距離感も合わせやすかった。

清野さおりさん

ゴルフ歴:10年、HC:21、ヘッドスピード:32〜34m/s

ドライバーコメント
どちらも普段よりも飛距離が出ていました。打感がやわらかくて弾道が高い「プロV1」、ソリッドで弾きの良い「プロV1x」という印象ですね。
アイアンコメント
アイアンは得意ではないのですが、どちらもボールがつかまる感じがして打ちやすかったです。それと打感がすごく良いですね。
ウェッジコメント
女性はあまり力がないのでウェッジでもスピンが効いたボールを打つのが難しいのですが、どちらもスピンがかかって止まるので驚きました。
パターコメント
「プロV1」はやわらかい打感で気持ちよく打っていけます。「プロV1x」は打感は硬いですが転がりが良いですね。

結論

私はProV1を選びます

打感がやわらかくて打ちやすい。スピンもかかるのでピンを狙っていけそう。

加藤由香さん

ゴルフ歴:5.5年、HC:17.2、ヘッドスピード:32〜33m/s

ドライバーコメント
ソフトな打感で気持ち良いフィーリングです。もっと難しいボールかと思っていましたが、これなら女性でも十分に使えると思います。
アイアンコメント
どちらもスピンが良く効いていました。「プロV1」の方が方向性が高くてコントロールしやすかった気がします。
ウェッジコメント
今までディスタンス系のボールを使用していたのですが、スピンの効きがすごくて驚きました。これならアプローチでピンを直接狙えそうです。
パターコメント
「プロV1」は打感、方向性ともに良く、ボールが最後に伸びる感じがしました。「プロV1x」は弾きが良いですね。

結論

私はProV1を選びます

難しいボールだと思っていましたが方向性が出しやすかったです。

ページTOPへ

PRODUCT INFORMATION


  • MORE INFO
  • BUY NOW

  • MORE INFO
  • BUY NOW

BACK NUMBER