ゴルフ練習場に行くまで前に準備するゴルフ用品

ゴルフの練習場に初めて足を運ぶときに持っていくとよいゴルフ用品をご紹介します。ほとんどの練習場でクラブのレンタルができるので、ゴルフ初心者ならレンタルクラブを利用するのも良いですが、ラウンドデビューを控えているなら自分用のゴルフ用品を買っておくことをオススメします。シューズやグローブもレンタルできるところが多いですが、自分のサイズに合うものがない場合もありますので、持参することをおススメします。

ゴルフクラブ

注目されているクラブセット

ゴルフ練習場ではゴルフクラブを全部使うことはまれなので、ドライバーを1本、フェアウェイウッド・アイアンをそれぞれ1~2本ずつあれば良いでしょう。

オススメなのは、実際のラウンドで使う機会が多いドライバー、5番ウッドor7番ウッド、7番アイアン、ウェッジ(PW、AW、SWのいずれか1本)の組み合わせ。
この組み合わせで練習しておけば、実際のラウンド中に初心者ゴルファーが遭遇するであろう大体のシチュエーションを想定した練習ができるはずです。

具体的なゴルフクラブの選び方は「ラウンドデビューまでに準備すべきゴルフ用品・ゴルフクラブ編」でご紹介していますので、ご参照ください。

ゴルフシューズ

ゴルフシューズ

ゴルフ練習場は普通の運動靴で練習する方も多いですが、運動靴だとスイング時に踏ん張りがきかずに足が滑ってしまう、あるいはゴルフシューズを履いた方がより本番に近いコンディションでの練習になるため、練習時にもゴルフシューズを準備することをオススメします。

基本的にはソフトスパイクやスパイクレスの中から、自分の好きなブランド、デザインのものを選んで購入すれば良いでしょう。

ゴルフグローブ

ゴルフグローブ

ゴルフグローブには、大きく革製・人工皮革の2種類があります。
革製はフィット感がいい反面、雨に弱く耐久性があまり良くありません。
人工皮革は、逆に、雨に強く耐久性にすぐれますが、フィット感は革製にやや劣ります。

初心者の方は、まずは1,000~1,500円くらいの人工皮革グローブから試して自分に合うか合わないかを判断し、ラウンド本番に向けて買い揃える、あるいは買い直すのがオススメです。

クラブケース

クラブケース

4~5本のゴルフクラブを持ち運ぶ場合は、キャディバッグに比べてより軽くてコンパクトなクラブケースを使うのがオススメです。

クラブケースには筒ありと筒なしの2タイプがあります。
筒ありはクラブの出し入れがしやすく、筒なしは折りたたむことができるので収納スペースを取りません。

GDOゴルフショップ「バイヤー小俣」のおすすめ

GDOゴルフショップ「バイヤー小俣」のおすすめ

ページの先頭へ