最低限覚えておきたいゴルフの基本ルール

ゴルフを一言でいうと、「どれだけ少ないスコアでコースを回れるか」を競うスポーツです。 ゴルフで競う数値(=スコア)は基本的に「空振りを含むボールを打った数+ペナルティにより加えられる数の合計」でカウントされます。
ここでは実際にゴルフをプレーする際に最低限覚えておきたいルール(トラブルとペナルティ)をご紹介します。 (より詳細なペナルティを知りたい方はこちらをご参照ください。)

ちなみに、ペナルティの紹介において、「○打罰(ペナルティとして加えられる数)」や「○打目として打つ」という表現が出てきますが、わかりにくい場合はスコア=「空振りを含むボールを打った数+ペナルティにより加えられる数の合計」で数えていくのが良いでしょう。
例)1打目にOBをしてもう一度打ち直した場合、「打った数が2回(2打)+1打罰=3打」となるので、次は4打目となります。

OB(アウトオブバウンズ)…1打罰

各ホールの規定の場所から外に出てしまったことによって発生するペナルティです。
多くの場合、山や林の中など、まともにボールを打つことができない場所に設定されています。

■OBの場合の対処

  • ティショット(1打目)がOBだったら?
    1打罰、つまり3打目として再度ティショットを打ちます。
    ※ローカルルールで前進ティが設置されているコースでは前進ティから打つこともできます。
    例)前進4打と表記されていたら>前進ティから4打目として打ちます。
  • セカンドショット(2打目)以降がOBだったら?
    1打罰で、OBとなったボールを打った場所の近くで、グリーン上のホール(穴)に近づかないところにドロップ(ボールを落として)して再度打ちます。

■グッドマナーのためのワンモアアドバイス
ティーショットがOBになったと思われ、かつ前進ティを利用しない場合は、他の人が打ち終わった後に暫定球を宣言し(OBであれば1打罰という想定で)、暫定的に第3打目を打ちましょう。
最初のボールがOBでなければ、最初のボールをプレーすることになり、その場合は暫定球を打たなかったものとして、最初に打ったボールでプレーを続けましょう。

ウォーターハザード/ラテラルウォーターハザード(通称:池ポチャ)…1打罰

打ったボールが池に入ってしまうことで発生するペナルティを「ウォーターハザード」と言います。 この場合、1打罰で元の場所から打ち直します。
または、1打罰でハザードの区域(「ここから先はウォーターハザードです」というエリア、通常赤杭で示されます)を最後に横切った地点とグリーン上のピンを結んだ後方線上にドロップ(ボールをつかんだ状態で腕を水平に伸ばしてボールを真下に落とす行為)して続けます。

ただ、例えばコースの右側全部が池などの場合、最後に横切った地点とグリーン上のピンを結んだ後方線上に戻ろうとするととんでもなく遠い場所にしかドロップできるところがない、ということがあります。 そのため、円滑なプレーを進めるために救済措置を増やしたものを「ラテラルウォーターハザード」と言います。
具体的には、通常のウォーターハザード時にボールをドロップする場所以外に、ボ-ルが入った地点から2クラブ(クラブ2本分)以内の範囲にドロップできます。
また、ボールが落ちた場所が川の場合は、ボールが落ちた場所の対岸の2クラブの範囲内にもドロップできます。

空振り…0打罰

空振りをしたこと自体はペナルティにはなりませんが、空振りした分も1打としてカウントしてプレーを続けます。
例)1回空振りをして、もう1回振ってボールが飛んだ場合は「空振り1回(1打)+1回打った(1打)+0打罰=2打」となります。

グリーン上でマークをしないでボールを拾う…1打罰

ボールがグリーンに乗った時は、ボールの向きを調整したり、他の人のパッティングの邪魔になったりしないようプレー中のボールを拾うことができます。
このときは、ボールを正しい位置に戻せるよう必ずマーク(自分のボールの後ろに目印を置く)しなければいけないのですが、これを怠ると1打罰となってしまいますので気をつけましょう。

<グッドマナーのためにワンモアアドバイス>
ボールをマークする際、自分のマークが邪魔になりそうな位置からパッティングをするゴルファーからマークをずらしてほしいと言われた場合、マークした位置からパターのヘッドを左右どちらかに伸ばしてヘッドの先にマークをずらしましょう。
その人のパッティングが終わったら、同じ動作を繰り返して元の位置にマークを戻します。

バンカー内の砂にクラブが触れる…2打罰

バンカーに入ったボールを打つ際、クラブを構えたり素振りをしたりなどボールを打つ前にクラブで砂に触れると2打罰となります。
初心者のゴルファーがやりがちなミスなので気をつけましょう。
ちなみに、バンカー内にある石や木の葉などに手で触れても2打罰なので、これも注意!

もっとルールを知りたいあなたに

もっとルールを知りたいというあなたには、日本ゴルフ協会(JGA)が発行しているオフィシャルルールブック「ゴルフルール早わかり集」を手元に用意しておくのがオススメです。
「ゴルフルール早わかり集」はこちら

ページの先頭へ