三菱ケミカルの「TENSEI CK Pro Orange」は、
海外のトップ選手たちがこぞってドライバーに装着していることで話題になっている新シャフト。
2019年2月、ついにそのシャフトが日本でもラインナップを拡充して新発売されることになった。
いったいどんな性能がツアープロたちを魅了しているのか。黄金世代の女子プロのひとりとして人気急上昇中の三浦桃香プロと、ゴルフタレントとして活躍中の黒田カントリークラブさんが試打してインプレッション。
ゴルフライターの鶴原弘高さんにはシャフト性能を解説してもらった。

三菱ケミカルの「TENSEI CK Pro Orange」は、
海外のトップ選手たちがこぞってドライバーに装着していることで話題になっている新シャフト。
2019年2月、ついにそのシャフトが日本でもラインナップを拡充して新発売されることになった。
いったいどんな性能がツアープロたちを魅了しているのか。黄金世代の女子プロのひとりとして人気急上昇中の三浦桃香プロと、ゴルフタレントとして活躍中の黒田カントリークラブさんが試打してインプレッション。
ゴルフライターの鶴原弘高さんにはシャフト性能を解説してもらった。

ツアーで求められる飛距離と安定性、
新たなフィーリングを備えた最新シャフト

アマチュアに使いやすい50グラム台も新たにラインナップ!

「TENSEI」は、海外ツアーで先行展開されたネオ・アスリートブランド。このたび日本で新発売となった「TENSEI CK Pro Orange」は、バット部に見ることができる三菱ケミカルの炭素繊維と高強度で耐衝撃性に優れるケブラー®*繊維のハイブリッドクロスを採用し、炭素繊維のみでは実現できない新たなフィーリングをもたらしているのが特徴だ。また、手元側に高比重のタングステンプリプレグを採用した最適重量配分設計で、フィニッシュまでクラブを振り抜きやすくなっているのも魅力。50g台のRフレックスからラインナップしているので、アマチュアゴルファーもその性能を実感できるはずだ。
*DuPont™Kevlar®はE.I.Du Pont de Nemours & Companyの登録商標です。

人気爆発 アスリート能力も高い
三浦桃香プロが
「TENSEI」と出会った!

2018年のドライビングディスタンス9位と飛ばし屋でもある三浦プロが、「TENSEI CK Pro Orange」と
初対面して試打!
黒田カントリークラブさんが、その振り心地やシャフトの印象などを聞きました。

三浦桃香

1999年生まれ、宮崎県出身。
9歳で本格的にゴルフをはじめ、ジュニアとアマチュア時代をとおして数々の競技で優勝。
2018年にはプロデビューを果たし、「Tポイントレディス」、「アクサレディス」では
最終日最終組に入るなど初年度から頭角を現した。
昨年末のファイナルQTには6位通過し、2019年の前半戦出場権を獲得している。
三菱ケミカルのシャフトを愛用中で、
スイングアークの大きなダイナミックなショットが持ち味だ。

黒田カントリークラブ

ゴルフ大好き芸人として、ゴルフメディアへの出演やイベントMCとして活躍中。
パターは得意だが、どうしても球が散らばってしまうドライバーが苦手。
ちゃんと当たれば、ドライバーの飛距離は約250ヤード。
爆発力もあるが調子の波があり、平均スコアは90ぐらいだとか。
持ち口上は「ナイス・カントリー♪」。

三浦プロは、昨シーズンはずっと三菱ケミカルのシャフトを使っていたんですよね。

はい! 「KURO KAGE XD」を使っていました。60グラム台でフレックスはSRです。

おお、スペックまで頭に入っているんですね。女子プロって、クラブスペックを聞いてもよくわかってないのにバンバンいい球は打つというタイプの選手も結構いますよね?(笑)

私は自分のクラブが大好きなんで、スペックも気にするタイプなんです。ツアーの担当者さんとお話して、いつも勉強させてもらっていますよ。

今日は「TENSEI CK Pro Orange」を打ってもらいますが、手にしてみた印象は?

まず、見た目がカッコいいですよね。私はカワイイ系よりも、ブラック基調のクールなデザインのほうが好きなんです。手に持ってワッグルした感じや、軽く素振りした感じも良さそうですよ。さっそく打ってみてもいいですか?

もちろんです。どうぞ!

ナイショ〜! めちゃいい球ですね。飛んでます!!

フフ、まだ全開じゃないですよ~。感触はめちゃいいです。スペックもこれで良さそうな感じです。

60グラム台のSですね。ボクもそのくらいのスペックを使っているので、参考になります。どんな特徴があるシャフトですか?

クラブの振り抜き感がとてもいいし、私がドライバーで理想としている強くて重い球が打てます。直進性も高くて、すごい気に入っちゃいました!

後ろから弾道を見ていても、フケ上がらずに、前へ前へと突き進むような球でした。ボクもそんな球を打ってみたいですよ。

黒カンさんも、「TENSEI CK Pro Orange」を使えば打てるかも知れませんよ。うふふ(笑)

まじですか〜。あとで打ってみます!三浦プロ、実戦投入もありそうですか?

フフ、いけるかも♪フィーリング、弾道、振り抜き感、すべて文句ナシにいいシャフトです。暖かくなってからもう少し試してみたいですね。黒カンさんも、ぜひ打ってみてください。

ありがとうございます。今シーズンの活躍、楽しみにしてますよ~。では、お言葉に甘えて、これから試打してみます!

三浦桃香 × TENSEI CK Pro Orangeを
ライターのツルハラが補足解説

鶴原弘高

フリーランスのゴルフライター。
GDOで連載中の試打企画「新製品レポート」ではツルさん役としてお馴染み。
普段から多くの新製品を試打していて、シャフトの性能にも詳しい。
ゴルフギア情報を発信する会員性ウェブサイト「3up CLUB」(http://3up.club)ではキャスターも務めている。
ベストスコアは69。

三浦プロは、ドライバーを振りにいったときに左に引っ掛けるのがいちばんイヤなのだそうです。「TENSEI CK Pro Orange」は、ハードヒットしてもそのパワーを受け止めて、ボールを力強く前へと飛ばす直進性へと変換していました。「TENSEI CK Pro Orange」で得られるフィーリングと性能がバッチリ合っているようでしたね。

TENSEI CK Pro Orange
男性アマチュアの試打インプレッション

続いて黒田カントリークラブとライターのツルハラが「TENSEI CK Pro Orange」を試打してトラックマンで弾道計測。
男性アマチュアの視点でフィーリングや性能を確かめた。

TENSEI CK Pro Orange
男性アマチュアの試打インプレッション

続いて黒田カントリークラブとライターのツルハラが「TENSEI CK Pro Orange」を試打してトラックマンで弾道計測。
男性アマチュアの視点でフィーリングや性能を確かめた。

KURODA’s IMPRESSION

クラブ全体が軽く感じられて、
ヘッドをラクに振り抜ける!
それに、めちゃ飛んでる!!!

振ってみると、実際のシャフト重量よりも軽く感じられて、フィニッシュまでストレスなくクラブを振り抜いていけました。軽く感じたのは、手元側に重心を寄せて設計している効果だそうですが、感性が鈍いアマチュアのボクが打っても、それを体感できましたよ(笑)。インパクトエリアでヘッドが「スパッ」と抜けてくれるのが印象的で、そのおかげで自然とヘッドスピードが上がっているし、思いのほか球のつかまりも良かった。三浦プロみたいな強弾道で飛ばせましたよ。トラックマンの測定した飛距離を確認してビックリ。めっちゃ飛んでるじゃないですか!!! 普段は50グラム台のSを使っていますが、「TENSEI CK Pro Orange」は軽く感じられるので60グラム台のSがちょうど良かったです。

TSURUHARA’s IMPRESSION

手元の“しなやかさ”が絶妙!
タイミングが取りやすくて
直進性もバツグン!

打ってみて驚いたのが、切り返しでのタイミングの取りやすさです。バット側がしなる手元調子に分類されるシャフトですが、しなり方がとても“しなやか”なんです。高弾性カーボンを使ったシャフトにありがちなハリ感の強さが緩和されていて、フィーリングがいい! それでいて頼りなさがなく、低スピンの強い球が打てます。僕の場合、もともと手元がしなるシャフトが好みなのですが、典型的な元調子系のシャフトを使うと、どうしてもボールが少し右に滑るようなフェード弾道になりがち。けれど、「TENSEI CK Pro Orange」ならストレート弾道が打てました。これまでの元調子の良さを残しつつ、フィーリングが高められていて、なおかつ直進性が高い。とても魅力的なシャフトですね。

海外トップ選手に人気のシャフトだが、
アマチュアにもハマる人が多そう!
「TENSEI CK Pro Orange」は、これまでの三菱ケミカルのシャフトとはひと味違う新シャフトです。手元部にケプラー素材がハイブリッドされたことで、手元のしなり具合が“しなやか”でマイルド。このフィーリングの良さは、他では味わえないものになっています。また、手元調子のシャフトでありながら、打ち出される球が右に滑らないのも長所。タイミングを取りやすく、弾道直進性も高いので、海外ツアー選手だけでなくアマチュアにもきっとハマる人が多いはずです。
手元に重心を寄せたカウンターバランス設計になっているのも「TENSEI CK Pro Orange」の大きな特長です。これまでと同じ長さでドライバーに装着すると、スイングウェイトが2ポイントほど軽く仕上がり、クラブをフィニッシュまで軽快に振り抜くことができるようになります。海外メーカーの重いヘッドとも相性がよく、長尺化したときにバランスが出すぎないメリットもあります。
「TENSEI CK Pro Orange」は、振り抜きの良さとともにヘッドスピードとボールスピードを上げてくれるシャフトです。飛距離アップの可能性を大いに秘めているので、今年、国内でも一大ブームを巻き起こすかも知れませんね。

スペック構成