PGA TOUR COLUMN 4

優勝の栄誉は誰の手に?
開幕戦の注目選手たち

PGAツアーの2021-22年シーズン開幕戦「フォーティネット チャンピオンシップ」が16日からスタートする。カリフォルニア州のシルバラードリゾート&スパを舞台に、総勢156人が出場。9月上旬に松山英樹、フィル・ミケルソン、ジョン・ラームのメジャー優勝者3人の出場が発表され、盛り上がりへの期待は急速に高まった。今回は、筆者が注目する3人の優勝候補と、1人の若手選手を紹介したい。

地元ファンの大声援も力に。開幕戦のタイトルを狙うフィル・ミケルソン
(Brian Spurlock/Icon Sportswire via Getty Images)

51歳のメジャー王者ミケルソン

やはり注目度ナンバーワンは、今年5月の「全米プロ」でメジャー最年長優勝(50歳11カ月7日)を飾った地元カリフォルニア出身のミケルソンだろう。プロ転向から約30年が経ったいまも、ファンを大事にする姿勢は変わらず、そのブレないスタンスからタイガー・ウッズとともに最も愛されるプロゴルファーとして高い人気を誇る。数年前から積極的に発信するSNSでは、自慢の太いふくらはぎをパワーの源とした“マン飛ばし”を宣言。47.5インチの長尺ドライバーで、高弾道の300ydショットを連発している。

これまでシルバラードリゾート&スパでの最高成績は3位タイ(2017年「セーフウェイオープン」)。大会初優勝を目指してどんな準備を整えてくるのか、彼のツイッターやインスタグラムで伝えてくると予想されるので要チェックだ。

松山英樹は6年ぶりに開幕戦からシーズンイン。最高の滑り出しに期待したい
(Tim Nwachukwu/Getty Images)

マスターズ覇者・松山英樹も2年ぶり出場

2年ぶりにシルバラードに戻ってくる松山も優勝候補のひとりに推したい。豪華な出場メンバーにあっても、マスターズチャンプの存在感と実力の高さは誰もが認めるところだ。2020-21年シーズンは8年連続で年間王者を決める「ツアー選手権」まで駒を進めたものの、26位タイと思うような結果を出せなかったが、8月「東京五輪」からの6連戦を終えてようやく一息つけた。状態を万全に整えて、開幕戦では最高のパフォーマンスに期待したい。

松山がシルバラード開催大会でプレーするのは今年で4回目。これまで、2014年大会は通算12アンダーの3位タイ、15年大会は通算10アンダーの17位タイ、19年大会は通算イーブンパーで予選落ちだった。

規格外の飛ばし屋チャンプ

PGAツアー屈指の飛ばし屋、キャメロン・チャンプにも注目だ。2019年大会を制した歴代王者で、今年7月の「3Mオープン」で優勝するなど状態も良好。何といってもヘッドスピードと飛距離が魅力で、実際の弾道を見ると唖然としてしまう。飛ばしにはアッパーブローにボールを捕まえる高弾道・ロースピンが必要とされるが、チャンプは真逆。ダウンブローから超低空のハイスピンボールを放ち、途中でホップして全く落ちる気配なく、約330yd先までキャリーする。

2019年大会の最終日には、最終18番(パー5/566yd)で369ydのビッグドライブからバーディを奪取。今年の大会でも、独特の球筋を描く豪快なドライバーショットを武器に活躍してくれるだろう。

大学時代に輝かしい活躍を見せた23歳のサヒス・シガーラ(左)
 ※提供:アンディー和田

大学タイトル3冠! 期待の24歳に注目

最後に若手の注目株として紹介したいのが、サヒス・シガーラという23歳のインド系アメリカ人だ。カリフォルニア州南部にあるペッパーダイン大に5年間在籍し、2020年度の米大学ゴルフで3冠(フレッド・ハスキンズアワード、ベン・ホーガンアワード、ジャック・ニクラスアワード)に輝いた。プロ転向した20年はセンセーショナルなルーキーイヤーにできなかったが、推薦出場などの数少ないチャンスをものにして、下部ツアー入れ替え戦からPGAツアー昇格を決めてきた。

昨年大会にはスポンサー推薦で出場し、3日目「64」で急浮上して14位タイフィニッシュ。 今年はPGAツアーメンバーとして開幕戦の舞台に戻ってくる。外見はちょっと怖そうな感じ(失礼!)だが、実際は明るい性格のナイスガイだ。

フォーティネットチャンピオンシップ
公式サイト(英語版)

アンディー和田

アンディー和田

1968年生まれ。米国在住のゴルフジャーナリスト。米アリゾナ大卒業後はプロゴルファーとして活動し世界を転戦。青木功や中嶋常幸らのキャディを務めた経験がある。ジャンルを問わずゴルフに幅広く精通し、トーナメント解説やアナリストとして活躍。近年はジュニアゴルファーの指導や育成にも力を注ぐ。

PGA TOUR COLUMN 01

シルバラードを制する条件は?過去のスコアデータを解析する

PGA TOUR COLUMN 02

美食とコンサートが楽しめる開幕戦 ファンに向けたおもてなし

PGA TOUR COLUMN 03

大会ディレクターに聞く最新情報「これまでにない」新たな試みも

PGA TOUR COLUMN 04

優勝の栄誉は誰の手に?
開幕戦の注目選手たち