もはやフェース全面がsスイートエリア!?AI設計がさらに進化したキャロウェイの新作MAVRIKをアマチュアが試打検証!

昨年、キャロウェイはゴルフ業界で初めてクラブ設計にAI(人工知能)を活用したドライバー「エピック フラッシュ」をリリースした。飛距離アップを実感できるこのドライバーは大ヒットモデルとなったが、いっぽうでアベレージゴルファーからは少し難しく感じるという意見があったのも事実だ。

そこでキャロウェイが新たに作り出したのが、やさしく飛ばせる新シリーズ「マーベリック」だ。AI設計をさらに発展・進化させたことで、芯を外したショットでも高い飛距離性能が得られるようになっているという。そこで、アマチュアゴルファー3人で試打検証。最新シリーズ「マーベリック」の実力を確かめた。

テスター紹介

鶴原弘高

最新のクラブやシャフト性能に詳しいゴルフライター。GDOの連載企画「新製品レポート」ではツルさん役としてもおなじみ。ギア情報を動画配信するウェブサイト3up CLUBではキャスターも務めている。

黒田カントリークラブ

ゴルフタレントとして、ゴルフイベントのMCや出演者として活躍中。「恋もゴルフもアプローチが苦手」を持ち口上としているが、実はドライバーのほうが苦手だとか。曲げずに飛ばせるドライバーがあれば、夢のシングル入りも!

出島正登

ゴルフ雑誌やウェブのエディター兼ライターであり、これまでに数多くのレッスン関連の記事を担当。近年は、ツアースタッフとして全国各地を周っているためラウンド数が激減。できるだけやさしく打てるクラブを探している。

検 証 方 法

最新シリーズ「マーベリック」のドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアンの主要番手を3球試打して、弾道計測器「フライトスコープ」で飛距離を計測。 フェースには感圧式のショットシールを貼り、3球の打点位置もチェック。 ドライバーに関しては、自分が普段使っているクラブとの打ち比べ検証も行った。

ドライバー

マーベリック ドライバー

高強度で軽量の新素材FS2Sチタンを採用し、AI設計をより進化させた「FLASH フェース SS20」を採用。これによって従来よりも大幅に高初速エリアを拡大することに成功。
幅広いゴルファーにフィットするスタンダードモデルのほか、低スピン弾道が打てる中上級者向けの「サブ ゼロ」、最大級のやさしさをもたらす「MAX」という3つのヘッドタイプが用意されていて、各モデルの想定ユーザーの打点位置やヘッド形状に合わせて、それぞれ異なるAI設計を採用しているのも特徴となっている。

試打した感想は…?

鶴原弘高

まず、構えやすさとフィーリングに好印象を持ちました。 スタンダードモデルは空力を考慮したハイバックのヘッド形状になったことで、アドレス時からヘッドをテークバックしやすく感じられます。 打感については金属的な高音と反響音が抑えられていて、フェースの弾きを感じつつ、ボールを押していけるような感覚。今回はAIが打球音まで設計しているそうですが、とても心地よく打てますね。スタンダードモデルは、適度に球をつかまえやすい性能。右へのミスが多いアマチュアにも扱いやすいと思います。

普段、自分が使っているドライバーと打ち比べて、大きな差が出たのはミート率。「マーベリック」は打点がズレてもボール初速が落ちづらく、そのおかげでミート率が高くなり、平均飛距離もアップしています。「マーベリック」はスピン量が少し多めですが、これは装着されているシャフトの影響もあるでしょう。カスタムシャフト装着モデルか「マーベリック サブ ゼロ」も試してみる価値もありそうです(鶴原)

黒田カントリークラブ

ショットシールを貼って打ってみて、あまりにも自分のショットが芯に当たっていないことに驚きました(笑)。それでも周りのゴルファーからミスショットだと悟られないぐらいによく飛んでいたし、自分としても気持ちよく打てていました。ミスしても誰も気付かないドライバーだと思いますね。 実は、普段はエピック フラッシュを使っているのですが、それよりも断然カンタンです。風に負けない強い球を打てるところもイイですね!

スイングはしっかりしているけれど、安定性に乏しいのが黒カンさんのドライバーショットの泣き所。打点はヒール側にズレることが多かったですが、トゥ側にズレることもありました。平均飛距離では、やはり高初速エリアの広さを特長とする「マーベリック」が勝っています。ご自身のドライバーでよく出ていたミスが、プッシュスライスのフケ球。球をつかまえやすい「マーベリック」だとドロー系の弾道になって、方向性とスピン量も大幅に改善されていました(鶴原)

出島 正登

従来のモデルよりもヘッドが丸みを帯びていて、やわらかい印象になりましたね。そのおかげで、個人的にはかなり構えやすく感じられます。 打ってみると、締まった打音とフィーリングが心地よくて、ミスヒットしたときの曲がり幅や飛距離の落ち込みを軽減してくれているのが実感できました。どこに当たっても、よく飛んでくれるドライバーだと思います。普段からあまり練習しないので、こういうミスに強いクラブは助かります。

出島さんが普段使っているドライバーは、シャフトが長めのプチ長尺ともいえるクラブ。シャフトが長いのでヘッドスピードは出ていますが、芯に当てるのが難しいようでミート率が低くなっていました。それに比べると「マーベリック」は高いミート率を記録しているし、ボール初速でもご自身のドライバーに勝っています。これは間違いなく、AIを使って設計した「FLASH フェース SS20」の効果でしょう(鶴原)

フェアウェイウッド

マーベリック
フェアウェイウッド

AI設計をより進化させた「FLASH フェース SS20」をフェアウェイウッドにも採用。高初速エリアが拡大されているのはもちろん、特にフェアウェイウッドではフェース下部のボール初速性能が向上している。 ヘッドタイプはスタンダードモデルのほか、「サブ ゼロ」と「MAX」を用意。それぞれ異なるAI設計を採用しているだけでなく、番手ごとに求められる弾道を打ちやすくする番手別のAI設計にもなっている。

マーベリック
フェアウェイウッド 5番
試打した感想は?

鶴原弘高

構えたときの印象よりも、ボールが上がりやすいフェアウェイウッドです。今どきの飛び系フェアウェイウッドはライナー性の強い弾道になりがちですが、「マーベリック」の5番ウッドは、グリーンに着弾して止められる性能。5番ウッドらしい理想的な球筋を打つことができました。フェース面上の打点はかなりトゥ寄りでしたが、「FLASH フェース SS20」の効果でボール初速がよく出ていて、5番ウッドとしてはミート率も高い数値になりました。 それでもこれだけ飛んでくれるのはスゴイ。

黒田カントリークラブ

普段は短めのフェアウェイウッドを使っていますが、それでもやっぱりミスが多いんです。けれど、「マーベリック」だとナイスショットを連発!打点を確認してみると、自分でも笑っちゃうほどヒールに当たっていましたが、少しフェード弾道になるぐらいで飛距離は十分に出ていました。
ドライバーと同じように、たとえミスショットしてもミスだと分からないぐらい簡単に飛ばせちゃいます!

出島 正登

僕にとってフェアウェイウッドは、右にも左にも飛ばしてしまうイメージのクラブ(笑)。けれど、「マーベリック」なら本当にやさしく打てます。自分で頑張らなくても、まっすぐに強い球で飛ばせるのがいいですね
もともと薄い当たりのミスショットが多いのですが、「マーベリック」はボールを拾いやすくて、下当たりにも強い。 この性能であれば、3番ウッドも無理なく打てそうです。

ユーティリティ

マーベリック ユーティリティ

ユーティリティにもAI設計をより進化させた「FLASH フェース SS20」を採用。フェアウェイウッドと同様に3つのヘッドタイプ(スタンダード、プロ、MAX)が用意され、モデル別設計かつ番手別設計にもなっている。専用設計されたフェースは、想定プレーヤーや使用状況、求められる弾道などを考慮したものとなっていて、高初速エリアが拡大されている。フェース下部のミスヒットでもボールが上がり、飛距離ロスを軽減する。

マーベリック ユーティリティ 5番
試打した感想は?

鶴原弘高

フェアウェイウッドと同じく、高弾道を打ちやすいユーティリティです。スピンがしっかり入り、グリーンを上から捉えられる球を打つことができました。いちばんの特長は、弾道の再現性が高いところ。スイングのタイミングがズレた悪い当たりでも、ナイスショットと同じボールスピードが得られて、飛距離と方向性を維持してくれます。 やさしく球を上げたい人には、特にオススメですね。

黒田カントリークラブ

こんなに簡単なユーティリティは初めて! 芯に当たらないミスショットが多かったですが、結果はぜんぜん悪くありません。 自分では打った瞬間に「あっ!」と思うようなミスショットでも、それがグリーンに乗っているので本当に驚きます。 もはやプレーヤーの腕を問わないクラブですね。ぜひ使いたいです!

アイアン

マーベリック アイアン

アイアン設計にもAIを活用し、ロング、ミドル、ショートアイアンのそれぞれに最適な「FLASH フェースカップ」を採用。ボール初速性能が大幅に向上しており、フェース下部の高初速エリアを拡大することでミスヒットにも強くなっている。ヘッド内部にはキャロウェイ独自の「タングステン・エナジー・コア」を搭載し、「ウレタン・マイクロスフィア」によって心地よいフィーリングも備わる。 もっともストロングロフト化されているスタンダードモデルのほか、コンパクトヘッドの「プロ」とラージヘッドの「MAX」もラインナップ。

マーベリック アイアン 7番
試打した感想は?

鶴原弘高

7番でロフト角27度というストロングロフト設定ですが、打ち出しから球がポーンと上がってくれます。7番アイアンと考えるとスピン量は少なめですが、ロフト角から考えると十分な量で、弾道の高さでグリーンを狙っていけます。フェースの反発のいい飛び系アイアンにも関わらず、ヘッド内部のウレタンによって金属的な残響音が抑えられていて打感も満足できるレベル。 僕の打点はかなりトゥ寄りでしたが、嫌な感触が手に伝わってこないし、飛距離も問題なく出ていました。ミスヒットに対する寛容性が高いですね。

出島 正登

球がよく上がり、打感はそれほど弾き系じゃないのに、普段の5番アイアンと同じぐらい飛ばせました。ヒール下部に当たるミスショットが多かったですが、それでも球が上がって前へと飛んでくれて、大きなミスにはなりません。7番でも5番ぐらいに飛ばせて、なおかつとても簡単! こういうアイアンを使えば、練習しなくてもスコアが良くなりそうです。

-総 括-
キャロウェイだけのテクノロジー

AI設計がゴルフを簡単にしてくれる 
 新たな時代がやってきた!

プロのように毎ショットをフェースの芯でヒットできればいいが、アマチュアだとそうはいかない。フェースに感圧式のショットシールを貼って打つと、今回試打した3人のように多くのアマチュアが自分の打点のバラつきに驚くはずだ。もちろん、打点のズレは飛距離ロスを招き、方向性に影響し、ひいてはスコア向上を阻む。 「マーベリック」はAIによるフェース設計によって、そんなアマチュアの打点ブレにめっぽう強いクラブシリーズとなっている。ドライバーのみならず、フェアウェイウッド・ユーティリティ・アイアンにまでにAIデザインのフェースが採用されたことで、そのやさしさをどのクラブでも享受することができるのが大きな魅力だ。現時点では、キャロウェイでしか実現できない新たなやさしさを備えたクラブ。それが新登場した「マーベリック」といえるだろう。


撮影協力ゴルフ場   カレドニアン・ゴルフクラブ 〒289-1756 千葉県山武郡横芝光町長倉1658  TEL:0479-82-6161