GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ただいまログオフ状態を確認中です。しばらくお待ちください。

ゴルフダイジェスト・オンラインが運営するゴルフの総合サイト

ホーム>【GDOマナー】知らなきゃソンする『ゴルフマナー』>初心者のためのラウンド講座
コースデビューも安心!!初心者のためのラウンド講座~ルール・マナーを覚えてエンジョイゴルフ!~


グリーン

グリーンにいってからはやるべき事があります。ポイントをしっかり抑えておきましょう!

  • バンカーの処理方法 1
  • バンカーの処理方法 2
  • バンカーの処理方法 3
  • バンカーの処理方法 4
  • バンカーの処理方法 5
  • バンカーの処理方法 6

1、グリーンへあがったらボールマークをしましょう。
2、グリーン上に持ってきたクラブはカートのある方向のグリーンエッジに置いておきましょう。(次のホールへ行くときにスムーズです)
※ピンもグリーンエッジに置くようにしましょう。グリーン上に置く際は傷を付けないように、そっと置きましょう。
3、ボールマークがあれば直すようにしましょう。
4、基本的にピンに一番近い人がピンを抜きましょう。
5、ピンから一番遠い人からパットをしましょう。
6、他の人のラインをふまないようにしましょう。
※他の人のラインの後方・前方延長線上に立たないようにしましょう。
7、ホールアウトした人からピンを持ちましょう。
※ピンを持つときは横向き、風が強い時は旗部分も持ちましょう。
(立てて持っていると、後続組がグリーン上に誰もいないと思い打ち込んでくる可能性があります)

グリーン上でのNGマナー

  • サブグリーンにのった時
  • 排水溝の蓋、スプリンクラーヘッドに載った時
  • 1.グリーン上での携帯電話の利用は厳禁です。
    ※コース内の利用は控えましょう。
    2.グリーンから次のティーへ行く際は素早く移動しましょう。(スコアを書きながら、だらだら歩き禁止)

◆他の人のラインの後方・前方延長線上に立たないようにしましょう。
◆足をひきずって歩かないようにしましょう。
◆ホールの周りは無闇に踏まない(微妙にラインを変えてしまいます)

Point!!

グリーンにボールが落下した際にその衝撃でグリーンがえぐれる(落下痕がつく)事があります。
これをボールマークといいます。
落下の衝撃が少ない場合は、ボールマークができないこともありますが、グリーンに行った際は必ず確認をし、
見つけた場合は、積極的に直すようにしましょう。

重要!

★ボールマークは必ず直しましょう!
(自分がつけたものでない場合も積極的に。後続組への配慮です)
★グリーンフォークの使い方
(ボールマークの修復もやり方を間違うと芝の根を切ってしまうので、要注意!)

直し方

用語解説はこちら

取材協力:沼津国際カントリークラブ

↑ 目指せ!グッドマナーゴルファー ↑

ゴルフマナーを知る
  • 知らなきゃソンする「ゴルフマナー」
  • 知らなきゃソンする?マナークイズ
  • ゴルフマナー講座
  • 初心者のためのラウンド講座
  • 最近目立つNGマナー
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス