最終更新日 2006年11月30日

連載カバー
違いはスピン!
レディスのクラブって、ほとんどがLシャフトしかない。もうちょっとしっかりした感じが欲しいな。
そんなときにはリシャフトという方法があります。リシャフトはその名のとおり、クラブのシャフトを交換すること。シャフトにもタイプがいろいろあるんです。
既製品のクラブは多くの人をカバーするように作られてはいますが、パーツごとに見ると選択の範囲は限られています。リシャフトは、そのバリエーションを一気に増やしてくれる有効な手段。同じヘッドを使っても選んだシャフトによっては別のクラブになっちゃうくらいですから、自分のスウィングに合ったものを見つければ球筋や飛距離まで変わってきますよ。
重めヘッドには理由があります
レディスのシャフトと聞いて、まず思い浮かぶのが「L」というフレックス(硬さ)です。
でも、ちょっと待って。同じ「L」でもメーカーによって硬さがまちまちなのはご存知でしたか? 実はシャフトの硬さには統一された基準がないんです。
では、何を目安に選ぶのかというと、それは「重さ」。市販品のレディスのクラブに付いているシャフトの重さは一般的に30〜40グラム。今のクラブに物足りなさを感じている人は、これを40グラム台の後半〜50グラム台前半に替えてみるといいでしょう。
力まずに、きちんと振れる重さのものが自分に合ったシャフトです。レディス専用に作られたものだけでなく、とくにレディスとうたっていないシャフトでも軽量タイプなら意外と振りやすかったりします。
今のクラブは長い?短い?
シャフトを選ぶとき、重さの次に大切なポイントになるのが「長さ」です。
今のクラブが物足りないと感じている人は、振れる範囲内で0.5インチほど長くしてみる方法があります。ゆったり振れて、しかもヘッドスピードが出るクラブになる可能性は大ですよ。逆に、クラブが長いと感じている人は短めにして、軽く使えるようにすることもできます。
どちらの場合もショップの工房に相談すれば、ヘッドなどのほかのパーツとの重さのバランスや握りやすいグリップの太さなどを考えて作ってくれます。
身長やスウィングのタイプに合わせて重さも長さも調整できるのがリシャフトのいいところ。自分にぴったり合ったものを使えば、クラブが正しい軌道を走るようにシャフトがアジャストしてくれるはずです。
リシャフトはこうして始めます
リシャフトに要する期間は1週間が平均的。早いところなら3日ほどで仕上げてくれるショップもあります。
でもその前に、まず今のクラブが本当に合っていないかをショップの工房にいるスタッフなど、クラブの専門家に見てもらいましょう。試打室で振るのは少々勇気が要りますが、いつものスウィングを見てもらって、リシャフトの最大の目的――飛距離を伸ばしたい、方向性のバラつきをなくしたい、など――をはっきりと伝えてください。シャフト交換を決めるのはそのあと。いいシャフトはそれなりにいいお値段なので、じっくり考えましょう。
リシャフトが初めてという人はまずドライバーで1本試して、気に入ったら他のクラブもと広げていくのがおすすめです。大きなショップには50グラム前後のシャフトが付いたクラブを試打室に置いてあるところもあるので、ぜひ今使っているクラブと比較して。とにかく実際に振ってみるのがいちばんです。
ゴルフショップ工房
近くに工房が無い、工房に行くのは恥ずかしい、という方に最適なオンライン工房。 自宅にいながらにして、リシャフトやグリップ交換ができます。

フジクラ・ゴルフクラブ相談室
シャフトメーカーのひとつ、フジクラでは全国に4カ所の「ゴルフクラブ相談室」を開設。同社製品すべての試打やカウンセリングを受けることができます(予約制)。 また、替えたいシャフトがすでに決まっている人はオンラインを利用する方法も。こちらはクラブを宅配便で送れば、数日後にはリシャフトされて返ってくるという手軽さです。
 
デザインでシャフトを選ぶのもアリ!
かわいい色のシャフトが欲しい!! 最近はそんな理由でリシャフトをする人も増えています。その火付け役はUSLPGAツアーや日本のトーナメントでも注目を集めたポーラ・クリーマー。彼女が使っていたピンクのシャフトは日本でも市販されていて、これをご指名でリシャフトする人もいるそうです。
人と違うのが欲しい、クラブをおしゃれにしたいというときにもリシャフトは使える方法です。グリップもカラフルなものが増えていますから、シャフトとコーディネートしてみるのも楽しそう。機能だけじゃなくて、ファッション性もジャストフィットのクラブに生まれ変わったらこれはもうお宝。今まで以上に仲よくなれますよ。
 
 
ポーラ・クリーマーが使っているピンクのシャフトがこれ。アルディラはアメリカのシャフトメーカー。日本では50g台から80g台の6種類の重さのバリエーションが揃っています。
各\31,500 /アルディラ オブ ジャパン
(上から順に)
  女子プロの間で話題のシャフト。極めて高い操作性と安定した方向性を実現し、一打にこだわるプロから高い評価を得ています。※参考商品 /藤倉ゴム工業
 
 
BLUE-G JYS4.5
女性やシニアが力強いしなりで飛ばせるシャフト。\36,750
LADY-G
女性のために開発されたソフトフィーリングの最軽量モデル。\26,250
Tour AD M55
日米のツアーで数多くの選手が使用したシリーズの軽量版。\42,000
Tour AD PT5
やさしさを追求したツアーモデル。\42,000
/グラファイトデザイン
(上から順に) 
  ZCOM LW35
ラクに上げて飛ばせる、レディスゴルファー専用シャフト。\26,250
SPEEDER 455
力がなくても使いこなせるレディスモデル。\29,400
SPEEDER 351
スピーダーシリーズ中、最軽量の38グラム。\29,400
SPEEDER 474
しっかり打てる40グラム台の軽量スピーダー。\33,600
/藤倉ゴム工業
(上から順に)
 
 価格はシャフトのみ。ほかにリシャフト工賃などがかかります。
 
ページのトップへ

過去の特集・連載記事

アイテム

RSS

連載

毎月当る!プレゼント&新着情報

スタイルネオアスリート 新しいゴルフスタイルはここから始まる。

スタイルゴールド 50歳からの、ゆとりあるゴルフライフ。


Style-GOLDStyle-Neo AthleteStyle-Woman