最終更新日 2006年11月2日

連載カバー
よいとこどりのクラブ=ユーティリティ
アメリカでは「Hybrid(フェアウェイウッドとロングアイアインの複合という意味)」と呼ばれるユーティリティ。ウッドとアイアンの良い所取りがユーティリティだと言われています。
商品によってコンセプトが異なるので一概には言えませんが、一般的に同じロフトであればウッドよりシャフトが短く、操作性が良いので左右のブレが少なく、方向性が良くなります。
ミスを軽減
ロングアイアンが苦手な女性ゴルファーにとって、苦手意識から開放し、ラクな気持ちでショットができるクラブがユーティリティです。更に、ラフや良くないライなどからのショットはフェアウェイウッドよりユーティリティーの方が適しており、力を抜いた状態で、うまくピンチを切り抜けられる、お助けクラブとして最適です。
ロフト角とシャフトに注意!
注意してもらいたいのは、ロフト角度の選び方です。例えば5番アイアンが苦手だからその替わりにユーティリティーを入れる場合、5番アイアンのロフト角と同じユーティリティーを選ぶと、飛びすぎてしまう可能性があります。クラブの形状によっても異なりますので、きちんと試打をして、飛距離を知った上で選ぶようにしましょう。
人気ユーティリティ
マグレガー   キャスコ
マグレガー   キャスコ
ラクに振るだけで、クラブの重みで自然にナイスショットできるから、プレッシャーのかかる池越えや、ショートホールなどで大活躍。やさしさを追求した女性に最適のクラブ。   長い番手のものでも驚くほど打ちやすく、#44を買って、#77を買って、#99を買って・・・とついつい買い足してしまう人が続出。1度打つとやめられない、ライバルには教えたくない秘密兵器です。
マグレガー  
ツアーエッジ 
なんとロブウェッジまでのバリエーションが揃っているので、ロング、ミドルアイアンだけでなく、アイアン全般を苦手とする人はコレ。5番アイアンを抜いて差し替える場合は#5を選べば良いので番手選びに悩む必要がありません。
ページのトップへ

過去の特集・連載記事

アイテム

RSS

連載

毎月当る!プレゼント&新着情報

スタイルネオアスリート 新しいゴルフスタイルはここから始まる。

スタイルゴールド 50歳からの、ゆとりあるゴルフライフ。


Style-GOLDStyle-Neo AthleteStyle-Woman