Golfな女性たち GOLF WOMAN SPECIAL 安藤幸代さん 2011.01.27 公開

Page:|1|23

Golfな女性たち GOLF WOMAN SPECIAL 安藤幸代さん

学生時代はゴルフ部に所属

  • 学生時代はゴルフ部に所属
  • 忘れられない時期
  • 取材時の必須アイテム
学生時代はゴルフ部に所属
編集部
そもそもゴルフを最初に始めたのはいつ頃からでしょう。
安藤
大学に入ってからゴルフを始めました。父が大のゴルフ好きで、『「ゴルフ」ってそんなに面白いものなのかな?』と、最初はかなり軽い気持ちで始めました。始めた頃は、ゴルフの腕はなかなか上がらず、……それは今もですが(笑)。もしかしたら自分には向いてないスポーツなんじゃないか……と、ゴルフ部に入った事をかなり後悔しましたね(笑)。
編集部
ということは、ゴルフ歴はどのくらいですか?
安藤
大学時代からなので…15年!自分でビックリです(笑)。
編集部
ゴルフ以外にやっていたスポーツはありますか?
安藤
中学生のときはバスケット、高校生の頃はチアリーダー(人を飛ばしたりする競技チア)をやっていました。

編集部
共同テレビに入社され、バラエティ番組を中心に活動されていたという印象が強いのですが、いつごろから、そしてどんなきっかけでゴルフ中継が中心になったのでしょうか?
安藤
自分の中では、バラエティを中心に仕事をしていない印象です(笑)。入社2年目から、自ら志願して、ゴルフ中継班に入れてもらいました。新人の頃、いろんな仕事の現場を経験していくなかで、『自分はアナウンサーとして何が出来るだろう』と考えたときに、スポーツの現場が好きだったので、『じゃ、自分のやったことのあるスポーツの現場はどうかな、その現場で何か伝えられることはないかな』と思いついて、上司にお願いをしたのがきっかけです。
自ら挑んだ米国ツアー取材
編集部
宮里藍プロに密着取材というお仕事は、ご自身の企画だったのでしょうか? それとも局側の企画だったのですか?
安藤
局側の企画が元々です。局としては、私をアメリカに行かせることは全く考えておらず、『誰かアメリカで取材をしてくれる人知らない?』と私に聞いてくるくらいでした。私としては、高校生から取材を続けている宮里藍プロが、アメリカという夢舞台に立ったときに、どんなプレーをするのかどうしても見てみたいという思いで、これまた、上司に『わたしに取材させて欲しい』と申し入れました。

編集部
密着取材ということでほぼアメリカに滞在することになったかと思いますが、抵抗はありませんでしたか?
安藤
アメリカでのホテル生活には全く抵抗ありませんでした。それよりも、『アメリカで取材が出来る!』という喜びのほうが大きかったですね。海外生活をしたことはありませんが、アメリカは好きだったので。
編集部
宮里藍プロとは普段どのようなお話をされていますか?
安藤
普段は、ゴルフ以外の話をすることが多いですかね。洋服がかわいいとか、ネイルがかわいいとか、髪伸びたねとか……たわいもない女子の会話がほとんどです(笑)。
安藤幸代
1977年10月17日生まれ、33歳。東京都出身。東洋英和女学院大学卒業後2000年、アナウンサーとして共同テレビに入社。フジテレビアナウンス室に出向し、「めざまし天気」「すぽると!」などを担当。06年から米ツアーの宮里藍に密着取材を開始。08年、共同テレビを退社し、フリーアナウンサーに。現在はニューヨークに在住。

オフィシャルブログ>>

最高の涙 宮里藍、世界女王への道

著者:安藤幸代
内容:ゴルフをやめたいとすら思った長いスランプを、宮里藍はどう乗り越え、世界ランク1位に上り詰めたのか。知られざる苦悩を共有し、ともに成長してきた著者による、米ツアー完全密着記。
価格:560円(本体価格 533円)
http://www.gentosha.co.jp/search/
book.php?ID=202456