女性ゴルファーのためのクラブ選び Part.3 2012.08.02 公開

Page:|1|234

女性ゴルファーのためのクラブ選び Part.3

  • エースボールの選び方
  • VR_S 試打レポート
  • Rocket Ballz 試打レポート
  • inpresX D 試打レポート

エースボールの選び方

いろんな種類のボールがゴルフショップにある理由

ゴルフは、使用するボールをプレーヤーが自由に選べる数少ないスポーツ。ボールによって飛び方や止まり方が変わってくるので、スコアアップのためにはクラブと同じように、ボール選びも大事な要素になってきます。自分に合ったボールを選んで使うと、ラウンドでは大きなアドバンテージになります。

ゴルフボールは、ルールで決められた大きさや重さの範囲で作られているので、見た目はほとんど同じです。構造や素材が違う、いろいろな性能のボールのなかから、ゴルファーは自分に適した性能のボールを選ぶことができます。ゴルフショップでたくさんの種類のボールが売られているのは、ゴルファーのいろんなニーズに応えるため。たとえ同じように打っても、使うボールによってショットの結果はずいぶんと変わってくるものなのです!

ディスタンス系かスピン系かを決めよう!

ボールには、大きく分けて2つのタイプがあります。ひとつは「ディスタンス系ボール」、もうひとつは「スピン系ボール」です。その名のとおり、ディスタンス系は飛距離を重視したタイプ。スピン系はアプローチでよく止まるタイプのボールです。

ゴルファーであれば、誰もがもっと飛ばしたいと考えています。これはアマチュアだけでなく、プロゴルファーだって同じ。けれど、プロゴルファーのなかでディスタンス系ボールを使っている人はいません。なぜかというと、プロはアプローチでのボールの使い勝手を重視しているからです。プロや上級者にとっては、いかにピンの側にボールを止められるかがスコアに大きく影響します。だから飛ばしたくても、ボールには第一にスピン性能を求めています。

初心者ゴルファーの場合で、特にまだスイングが身に付いていない人は、飛距離をアップさせることでゴルフの楽しさを感じられるし、今より飛ばすことでスコアが良くなる可能性もあります。なので、ビギナーであれば、ディスタンス系のボールを使うのがオススメです。

ゴルフが段々と上達してきたら、ボールをディスタンス系からスピン系にチェンジしましょう。具体的には、アイアンでグリーンを直接狙える腕前になったら、スピン系のボールに変える時期です。
ディスタンス系のボールは、ドライバーで打ったときにランが多く出るので飛ばすことができます。けれど、アイアンで打ったときにもランが出てしまうのがデメリット。ナイスショットでグリーンに直接ボールが落ちたのに、ランが出てグリーン上から転がり出てしまう場合があるのです。
アイアンショットで、よく奥のラフまで転がってしまう。そんな経験が多いゴルファーは、迷わずスピン系のボールを使ってみましょう。スピン系のボールは、短いアプローチでもピタリと止まってくれるのも魅力です。

また、最近ではディスタンス系ボールのなかにも、比較的スピンが効く性能のボールがあります。自分のゴルフの腕前に合わせて、段階的に使用ボールを変えてみてもいいでしょう。

ボールの種類によって、パターの感触が変わる!

飛び方や止まり方だけでなく、ボールによって打ったときの打感も大きく変わります。ディスタンス系、スピン系に関係なく、打ったときに柔らかく感じるものもあれば、硬く感じるものもあります。特にそれを感じやすいのが、グリーン上で使うパターです。たとえ初心者でも違いを感じることができるし、パッティングの打感は意外に大事なのです。

パターの打感は、実はパッティングの距離感に大きな影響を及ぼします。硬い打感のボールを打つと、弾いて遠くに転がる感覚になるので、使い続けているうちに自然とあまり強く打たなくなります。逆に、柔らかい打感のボールは、打った感触があまり手に残らないので強めに打つようになってきます。
これを利用して、カップをオーバーするミスが多い人は、硬めの打感のボールをチョイス。いつもカップをショートするミスが多い人は、柔らかい打感のボールをチョイスすると、パッティングでの距離感が合いやすくなります。

ただし、パターのフェース素材にも硬いものと柔らかいものがあるので、ボールの硬さを選ぶときには、使用しているパターのフェース素材との相性も考慮する必要があります。ですが、難しく考える必要はなく、実際に自分のパターで打ってみて、自分が思った距離を転がしやすい打感のボールが、自分に合っているボールです。

ゴルフショップには、1ダース(24個入り)のほか、1スリーブ(3個入り)でもボールが売られています。まずはいろんなボールを1スリーブ買って使ってみましょう。そして、そのなかから性能と打感が自分に合ったボールを探し出してみてください。自分にとってのエースボールが見つかれば、それがスコアアップの大きな手助けになってくれるでしょう!