女性ゴルファーのためのクラブ選び Part.2 2012.05.31 公開

Page:|1|234

女性ゴルファーのためのクラブ選び Part.2

  • 番手選びのポイント
  • Fiore 試打レポート
  • MACTEC NVSL 試打レポート
  • GLOIRE 試打レポート

番手選びのポイント

クラブの番手は、飛距離を打ち分けるためにあります!

前回は、クラブのモデル選びについて解説しましたが、今回はクラブの番手選びについて解説します。

ゴルフのルールでは、キャディバッグに入れて使うクラブは14本までと決められています。とても本数が多いように感じますが、そもそもゴルフというのは、自分が打ちたい距離によって使うクラブを替えるスポーツ。14本という制限のなかで、飛距離を打ち分けるために、いろんなクラブや番手をバッグに入れて使うんです。

全14本のなかで、グリーン上で使うパターは必須です。そう考えると、バッグに入れられるクラブはあと13本です。一般的にこの13本のなかでは、ドライバーがいちばん飛ぶクラブ、サンドウェッジがいちばん飛ばないクラブになるでしょう。また、ドライバーがいちばん長くて軽いクラブ、サンドウェッジがいちばん短くて重いクラブになります。

ドライバーからサンドウェッジまでは、番手によってフェースの角度(ロフト)とシャフトの長さが異なっています。番手毎にこういった特徴があるからこそ、ゴルファーが同じ力加減で振っても、番手を変えるだけで飛距離を変えることができるというわけです。

14本以内なら、7本でも10本でもオッケー

プロゴルファーは、ルール上限の14本のクラブをキャディバッグに入れて使っています。これはスイングを変えずにクラブの番手を替えることで、できるだけ簡単に飛距離を打ち分けたいからです。けれど、アマチュアの女性ゴルファーの場合は、14本よりも本数が少なくてもまったく問題ありません。なぜなら、女性の場合はパワーがあまりないので、番手を変えてもそれほど飛距離が変わらないことが多いからです。

ゴルフショップには、キャディバッグと8〜10本のクラブがセットになったハーフセットが売られています。こういったセットは、番手が間引かれた状態になっていて本数が少なくなっています。もし手軽にゴルフを始めたいなら、こういったセットを購入してもいいでしょう。もちろん、個別にクラブやバッグを買うよりも安く手に入るのも魅力です。

ドライバーと7番アイアンの間を埋めよう

ドライバーからサンドウェッジまでの番手で、飛距離の差が階段状になるのが正しいクラブセッティングです。いちばん飛ばせるクラブであるドライバーと、番手がセットで売られているアイアンは、比較的買いやすいクラブとも言えます。迷いどころになるのは、その間の飛距離の階段を作るためのクラブ選びです。

女性向けのアイアンは、7番アイアンからサンドウェッジまでがセットになっているものがほとんどです。追加で必要な番手は、ドライバーと7番アイアンの飛距離の差を埋めるクラブということになります。

この間の距離を打ち分けるためのクラブには、5番や6番などのアイアン、ユーティリティ、フェアウェイウッドなど、実はいろんな選択肢があります。ゴルファー個人の得意クラブや好みによって選んでいいのですが、女性にいちばんオススメなのは、ズバリ言ってフェアウェイウッドです。

フェアウェイウッドは、ヘッドが大きくてシャフトが長いので、アイアンやユーティリティよりもボールを高く上げやすく、飛距離を出しやすい特徴があります。女性ゴルファーの場合、フェアウェイウッドをうまく使いこなせるようになれば、2打目で飛距離を稼げるようになるので、パー4で3オンしやすくなります。もちろん、パーオンだって夢ではありません!

ショートウッドをもっと活用しよう!


フェアウェイウッドには、3番ウッド、5番ウッド、7番ウッドのほか、モデルによっては9番ウッドや11番ウッドまで用意されていることもあります。いろんな番手がありますが、女性ゴルファーにオススメなのは、5番ウッド、7番ウッド、9番ウッドなどのショートウッドと呼ばれる番手です。

3番ウッドは、フェアウェイウッドのなかではいちばん飛ばせる要素の高いクラブです。けれど、ロフトが少ないので女性ゴルファーが使うとパワー不足でボールを上げられず、思ったほど飛距離を出せないことが多いので注意!一般的なパワーの女性なら、ドライバーの次に飛ばせる番手は5番ウッドになるでしょう。

非力な女性の場合は、5番ウッドと7番ウッドの飛距離差が出づらいこともあります。そういう人は、5番ウッドと9番ウッドの2本でもオッケーです。

また、9番ウッドと7番アイアンとの飛距離の差が大きいようなら、その間にユーティリティの5番や6番を追加してもいいでしょう。

モデルによっては9番ウッドや11番ウッドも作られているフェアウェイウッド
YAMAHA inpresX Dシリーズ フェアウェイウッド
アイアンが得意な方は、9番ウッドの代わりに5 番ユーティリティを使っても同じくらいの飛距離が出せる
YAMAHA inpresX Dシリーズ ユーティリティ