GDO×Motor Magazine コラボ企画「女子力を磨くクルマ」ってありますか? 2011.03.03 公開

Page:|12|3|

  • 「小柄な女性が大きなクルマに乗っている意外性ってアリだよね」
  • 「ボディカラーの選択にも注意をはらうべき」
  • 「経済性や合理主義が見え隠れするクルマじゃだめだね」

「経済性や合理主義が見え隠れするクルマじゃだめだね」(九島) 「女子力を磨くクルマって、結局、オジサマグルマのヒエラルキーに入らないから光る」 (吉田)

女性的に映えるっていえば、BMWミニなんかどう?ゴルフ場ではほとんど見た記憶がないけど。女子的には人気あるでしょ。

ミニって、ユニセックス過ぎちゃうかも。男子が乗っていても似合うし。女子が乗っていることに違和感がなさすぎて、あまりオジサマたちは「ギャフン」にならないような気がする。アルファロメオ・ミトならアリかな。ゴルフ場にそういうクルマがいるっていうギャップが楽しい。単純に可愛いいというのもあるし。

フィアット500でゴルフ場なんて、ステキだと思うけどなぁ。ほとんど見かけることがないから、あえてハズした感じがして。完全に遊びグルマっていうスタンスで。

同じ小さな欧州車でも、スマートではそういう感じはしないんですよね。要はギャップ感が面白いってことなのかも。

妙に経済性っぽいっていうか、合理主義の臭いがするよね、スマートは。

同じ理由で、私的にはハイブリッドカーもNG。最近はエコエコの時代だから、すっかりブランド化してますが。確かに普段は街で乗っていると、女子的にもセンスアップできような気がしますよね。でもゴルフ場では、まったく目立たない。たとえばプリウスなんか、あまりにも日常的過ぎるんですよ。ゴルフ場って、非日常的な場所じゃないですか。知的ですごくイメージもいいんですけど、日常の延長っていう感じ。オーラがない。ワタシ的には迎えに来てもらうより、ゴルフ場までの道のりをひとりで楽しみたいというのが本音。それで本番はリラックスしてプレーできる。

ところで今、なに乗っているんだっけ?

アウディTTクーペ。帰りに疲れて眠い時は、サービスエリアでシート倒して寝ちゃいますけど(笑)。

それは見てみたいなぁ(笑)。でもそういう使い方もアリなら、ジャンル的にはミニバンとか、ワゴンもいいんじゃない?

私、レガシィは許せますよ。セダンのB4じゃなくてツーリングワゴン。デザイン的にもまとまりがあっていいし。

でもスバルって、女子的にはブランドバリューがあるのかな?

国産車としては、意外にあると思います。やっぱり4WDの老舗っていう安心感? 特に北の方に行くと、とても評価が高いんです。それにプロゴルファーで乗っている人が多いみたいですよ。

それは説得力があるなぁ(笑)。

女子力を感じさせるクルマって、結局はオジサマが持っていない、女性のセンスが際立つクルマだと思う。オジサマのクルマって、ヒエラルキーがあるでしょ? そこから離れたクルマがイコール女子力のあるクルマなんですよ。

吉田由美のお勧め7 フィアットMito(ミト)

車両本体価格帯:2,850,000円〜3,280,000円
問い合わせ先:フィアットグループ
オートモービルズジャパン フリーダイヤル 0120-779-159

吉田由美のお勧め8 アウディTTクーペ

車両本体価格帯:4,600,000円〜6,930,000円
問い合わせ先:アウディジャパン フリーダイヤル 0120-598-106

吉田由美のお勧め9 レガシィ・ツーリングワゴン

車両本体価格帯:2,362,500円〜3,486,000円
問い合わせ先:富士重工業 フリーダイヤル 0120-052-215

前のページ
 
 
PAGETOP

おすすめ特集

特集2011/7/21更新

海外ツアープロの愛車 〜クルマで個性を主張する!〜
海外ツアープロたちの愛車を調べるため、GDOのツアー記者が『全米オープン』『ウェグマンズLPGAチャンピオンシップ』にて「あなたの愛車を教えてください」と突撃取材を決行。そして“クルマ好きツアープロコーチ”堀尾研仁さんに、愛車とプレースタイルについて解説を依頼。プロの姿がより鮮明になってきますヨ。

特集2011/7/28更新

ゴルフな女性たち 小林麻耶さん
愛くるしい笑顔で大人気のフリーアナウンサー、小林麻耶さんは、じつはかなり「熱い」ゴルファーでもあり、週に1回はレッスンを受けに行くほどだという。マイクをクラブに持ち替えたとき、小林さんの表情にどんな変化が表れるのか。ゴルフを始めた経緯やラウンドの様子など、たっぷりとお話を伺った。

特集2011/3/10更新

プロゴルファーのお宅拝見! 諸見里しのぶプロ編
プロゴルファーのご自宅にお邪魔して、自慢のお部屋やご家族を取材するというこの企画。第一回目のゲストは諸見里しのぶプロ。故郷の沖縄に建てたご自慢の自宅には、諸見里プロのこだわりがありました。