最終更新日 2007年4月26日

EXE(2007年4月26日更新):連載/マネー:EXEゴルファーのための投資術:第7回 ゴルファーの夢も実現可能? 富裕層のための金融サービス:文・山田章子(ファイナンシャル・プランナー)
国内でも利用者が増加中の「プライベートバンキング」とは

 今、隠れた投資対象としてアートが注目されているといいます。ゴルフ業界でも勢いのある学生やアマチュアゴルファーを、スポンサー企業が無名のうちから目をかけているのと同様に、芸術の世界にも「新興アート」という分野があり、まだ知名度はないけれど優れた芸術性を持つ新しいアーティストを専門に注目している収集家も多いそうです。中には、バイヤーや収集家のもとを渡り歩いた末、わずか数年で海外の王族の宮廷へ飾られるような出世作品もあるのだとか。このような芸術品を専門とする画廊主によると、昔はゴッホやピカソにしか興味を示さなかった銀行など金融機関が、新興アートを買い求める例も少なくないといいます。これは転売目的の収集なのでしょうか?

 「転売は目的じゃないみたいだね。実際、来客室などに飾ってくれているようだから…」

 

 そういえば、最近は外資系金融機関以外にも大手4大銀行が富裕層向けへのコンサルティングを強化しています。こうした空間に足を運ぶお客様は眼の肥えた方が多いので、斬新な新興アートは版画を飾るよりもずっとインパクトがあるのかもしれませんね。

 ところで、こうした富裕層だけにターゲットを絞ったコンサルティングを「プライベートバンキング(以下PB)」と呼びますが、実際はどのような方々がこのPBを利用しているのでしょうか。一般には決して公開されない、そのサービスとは…?

 本来のPBとは「富裕層を中心とした個人の資産を専門的に管理運用する専門銀行」を指し、ヨーロッパでは名門貴族らが、子孫へ資産を有効的に継承していくことを目的として利用してきました。ナンバー口座を使用し、個人名を伏せたまま金融取引が行えるなどの特典があるため、節税スキームのような誤解を受けることもありますが、一流のPBの基本はあくまでも資産の保全と管理に徹しています。世代を超え、長年築かれてきた顧客との信頼関係を何よりも重視したサービスを提供するのがPBの役目なのです。

金融サービスだけではない、PBは豊かな人生のためのアシスタント

 ただ、税法上の問題もあり、国内では欧州並のサービスは提供できません。そのため、資産状況や目的に添った個別のコンサルティング業務が中心となります。現在、日本で行っているPBの主な取引は、預金、与信取引、外貨建て金融商品、国内外のファンド、保険商品などが中心ですが、海外のファンドや各国の為替など店頭では見かけない特別な金融商品やそのレポートなど顧客のみが受けられる特別なサービスも揃っています。また、預け入れ資産に応じて手数料を大幅に割り引くなどのサービスも充実しており、海外旅行の両替時には、為替手数料が無料になるというのも、PBではごく当たり前のサービスなのだとか。

 金融サービス以外でも、PBで不動産や相続・事業継承のコンサルティング、美術品の管理や売買の相談まで行うケースも…。ある信託銀行では、海外のロングステイの手配、そこでお料理や語学を習いたいというような生活のアシスタントまで行っているといいますから「あの名門コースでプレーしたい!」そんなゴルファーの要望にも応えてくれるかもしれませんね。

 PB専用の口座を開設する条件は、各金融機関によって異なりますが、一般的には金融資産で1億円以上(住友信託銀行、新生銀行など)、預かり資産で2,000万以上(スタンダードチャータード銀行)が目安とされています。

 

 相続や事業継承にかかる税率が高い日本では、これまでお金の相談と言えば、税理士や会計士へというのが一般的でした。ところが、金融の自由化により日本の金融システムは大幅に改善され、商品数も以前とは比べ物にならないくらい増えています。資産を有効的に活用するためには、いかに運用のノウハウを熟知しているかが問われる時代。各金融機関のPBサービスを比較して、信頼できるプライベートバンカーを見つけ出すことができれば、きっと、将来にわたりあなたの頼もしいサポート役となることでしょう。

山田章子 ファイナンシャル・プランナー。家庭経済をテーマとした講演や新聞の連載で活躍。株式をはじめ、投資信託、FX、マンション投資まで幅広い実践派。マネー誌では日常生活に根ざした相場観に定評がある。
中日新聞・東京新聞、東洋経済新報社「私が歩けばネタにあたる(オール投資)」、ストックウェザーのサイト上で相場指南「山田章子の今週はここに注目(月曜日更新)」を連載中。著書に「素敵な株の見つけ方」(ぱる出版)。「60歳からはじめるネット株トレード」(ナツメ出版、10月刊)を監修。
 ページのトップへ

過去の特集・連載記事

ライフスタイル

RSS

毎月当る!プレゼント&新着情報

新しいゴルフスタイルはここからはじまる

スタイルウーマン これからの女性はゴルフでジブンを磨く。


Style-GOLDStyle-Neo AthleteStyle-Woman