シニアプロ大図鑑シリーズ

2010/7/29更新

飯合 肇
飛ばし屋で知られる飯合肇プロ。小学校から我孫子中学校、修徳高校、駒澤大学時代までは野球をしていたが肩を痛めて退部。ゴルフに転向し、尾崎将司に弟子入りする。ドローボールを持ち球とし、アメリカのシニアツアー「チャンピオンズツアー」にも参戦している。

記事を読む

2010/7/8更新

中嶋 常幸
1954年10月20日群馬県生まれ。10歳から父の英才教育を受けゴルフを始める。75年プロ入会。09年のシニアツアーでは、出場4試合全てにおいて、6位以内と絶対的な存在感を示した。

記事を読む

2010/6/3更新

渡辺 司
2007年にシニア入りすると、翌08年には日本プロシニアで、レギュラーツアー以来14年ぶりのシニア初優勝。続く、富士フイルムシニアチャンピオンシップでも8打差をつけて完全優勝。2週連続優勝を果たした。

記事を読む

2010/5/6更新

須貝 昇
物静かな性格の須貝選手ですが、ゴルフは全く違います。若い眼を輝かせて攻撃的なゴルフをするのが特徴です。“歯切れの良いゴルフ”と表現することがありますが、須貝選手はまさにその言葉がピッタリですね。

記事を読む

2010/4/1更新

水巻 善典
水巻善典(鳴尾ゴルフ倶楽部所属)1958年8月27日東京都生まれ。84年のプロテストに5度目の挑戦で合格。89年の「関東オープン」で青木功を逆転し初優勝。93年には米ツアーQスクールを突破。

記事を読む

2010/1/28更新

室田 淳
1955年7月26日群馬県生まれ。40歳を過ぎてからスイング改造に取り組み飛距離アップに成功したゴルファー。2005年のシニア入り後は、ゴルフに安定感が増し、06年、07年は2年連続でシニア賞金王に輝いた。昨年もレギュラーとシニア、両ツアーを戦い抜き、レギュラーでは17試合に出場し15試合で予選通過。賞金ランク67位で見事賞金シードを奪還した。

記事を読む

2010/1/7更新

海老原 清治
1949年4月2日千葉県生まれ。99年シニア入り、00年から欧州シニアツアーに参戦。翌01年には、アイルランド・オープンで同ツアー初優勝を果たす。02年はアイルランド・オープンを連覇。ウエールズ・オープン、デベアPGA選手権も制し、シーズン3勝。日本人選手として史上初めての海外ツアー賞金王に輝いた。今季は、日本シニアオープンで5位タイ、賞金ランキング25位。

記事を読む

2009/11/12更新

高橋 勝成
1950年8月5日北海道生まれ。レギュラーツアーでは1983年から連続15年間賞金シードを取り、レギュラー14勝。なかでも「マッチプレーの鬼」の異名を持ち、87年の日本マッチプレー選手権では尾崎将司との決勝37ホールに及ぶ激戦を制し、「ジャンボキラー」として一躍その名を広めた。

記事を読む

2009/10/22更新

尾崎 健夫
シニアツアーは80年代のゴルフブームを支えた名プレーヤーをはじめ、多くのスター選手が顔を揃えている。今もなお「飛ばし」に熱い情熱を傾ける彼らのスイングをプロコーチの堀尾研仁が解説。そして彼らの魅力を金井清一プロが語る。

記事を読む