大地の巨匠シリーズ

2014/3/20更新

麻倉ゴルフ倶楽部
コース設計家:黒澤長夫、杉本昌治
麻倉ゴルフ倶楽部にはその罠が随所に仕掛けられている。麻倉GCは一般的に「フラットなコース」という印象をもたれている。確かにフラットなフェアウェイだが、実際にプレーしてみると各ホールには微妙なアンジュレーションがあり、この起伏にプレーヤーは悩まされることになる。

記事を読む予約をする

2013/6/6更新

嵐山カントリークラブ
コース設計家:小寺酉二
嵐山カントリークラブのコース設計は、1グリーン主義で知られる小寺酉二。ゴルフコースは1グリーンが正しい姿であるが、昭和30年代に入ると芝の育成と管理技術に遅れた日本ゴルフ界では、2グリーン中心に動いていたが、嵐山CCは1グリーンを主張した。

記事を読む予約をする

2013/1/10更新

大原御宿ゴルフコース
コース設計家:井上誠一
日本のゴルフ場のなかには、いくつかの自称“井上誠一の遺作”があるが、井上誠一にとって真の遺作と呼べるのが大原・御宿ゴルフコースだ。原自然に頼らず、名匠のデザイン力だけで造り上げた作品。

記事を読む

2012/11/1更新

東京よみうりカントリークラブ
コース設計家:井上誠一
東京よみうりCCの誕生秘話。昭和6年頃、藤山一郎が歌って大ヒットした『丘を越えて』(作詞:島田芳文、作曲:古賀政男)という流行歌があった。その丘は多摩丘陵である。万葉集の東歌に“多摩の横山”と歌い込まれている歴史といわれのある風土の地である。

記事を読む予約をする

2012/8/30更新

軽井沢高原ゴルフ倶楽部
コース設計家:大成建設株式会社
感動とは、一番最初の感動ほど、より鮮烈であり、真実をついているものである。筆者には、軽井沢高原ゴルフ倶楽部を書いて感動をあらわにした文章が、いくつもある。それらのいくつかを紹介。

記事を読む予約をする

2012/7/26更新

キングフィールズゴルフクラブ
コース設計家:ベンツ&ポーレット・小林光昭(改造設計・大久保昌)
キングフィールズゴルフクラブは平成18年から平成23年の6年間、日本プロゴルフ協会、日本女子プロ協会、日本ゴルフツアー機構の3ツアー対抗競技の会場となり、平成23年9月8日から11日には、日本女子プロゴルフ選手権大会を開催したコース・・・

記事を読む予約をする

2012/5/3更新

ザ・サイプレスゴルフクラブ
コース設計家:大西久光
人工的な設計技術をおさえて、自然を活かして生まれた読み解き難きレイアウト。それがザ・サイプレスゴルフクラブ。ザ・サイプレスゴルフクラブの18ホールは、カナディアンロッキーのような深い山麓に抱かれた、小さい佇まいの中に現れた。三方100万坪の山々に囲まれた中の28万坪に、包まれるように誕生した。

記事を読む予約をする

2011/10/20更新

鳴尾ゴルフ倶楽部
コース設計家:H・C・クレーン
「無作為」という作為で作り出された戦略性と修景美・・・鳴尾GC18ホールの難しさと素晴しさの第一は、ためらいもなく自然を採り入れていて、それがそのまま戦略性になり修景美になってしまっていることだ。たとえば、服部山の麓をくるりと廻らせるだけの8番(437ヤード・パー4)と9番(358ヤード・パー4)である。

記事を読む予約をする

2011/5/19更新

カレドニアンゴルフクラブ
コース設計家:J・マイケル・ポーレット
日本アマ6勝の中部銀次郎氏や設計家でゴルフ著述家そして現役時代アマチュアナショナルチームの代表だった金田武明氏の顔をよく見かけた。

記事を読む予約をする

2011/3/10更新

鳩山カントリー倶楽部
コース設計家:小林光昭
30年以上も前になる。鳩山CCを設計した小林光昭氏を取材していて、「越えるだけの池はつまらないですよ」と、いわれたことがある。

記事を読む

2010/10/14更新

愛知カンツリー倶楽部
コース設計・井上誠一
10月14日から開催されるメジャー大会「日本オープンゴルフ選手権競技」の舞台となる愛知カンツリー倶楽部は、設計家井上誠一氏が「各ホールはそれ自体で、自然のままセパレートされています。こんな素晴らしい用地は日本中探しても恐らく得難い」と、語るほどの名コースだ。

記事を読む

2010/8/12更新

ボナリ高原ゴルフクラブ
コース設計・ロナルド・フリーム
名コースには18ホールを通した旋律(メロディ)があるといわれている。静かに流れるホールと盛り上がるホールのバランスがとれてはじめて全体のリズムが生まれるわけだ。その感覚を味わったことがないゴルファーは、ボナリ高原GCを訪れるといい。

記事を読む

>

2010/3/11更新

ゴールデンバレーゴルフ倶楽部
コース設計・ロバート・トレント・ジョーンズ・ジュニア
 
ゴールデンバレーゴルフ倶楽部は、ロバート・トレント・ジョーンズ・ジュニア設計。日本の設計家が揃って、ここにはコースはつくれないと投げ出した仕事がジョーンズに廻ってきたのです。

記事を読む

2009/12/17更新

涼仙ゴルフ倶楽部
コース設計・佐藤忠志
「涼仙」とは、ゴルフ倶楽部の冠称としては、特別な響きで聞こえる。水の京(みやこ)と書いて「涼」、人と山(だいち)が寄り添って「仙」だそうだ。仙境である。“あわただしい現代社会に生きる人々が、ひととき、すべてを忘れ、「仙人に還って遊ぶ仙境である」と提案している。
 

記事を読む

2009/10/8更新

北海道クラシックゴルフクラブ
コース設計・ジャック・ニクラス
平成3年秋、開場間もないコースをラウンドする機会があった。一面の柏の自然林に蔽われ、散在する池がアクセントになった素材の素晴しさと、その中に張りめぐらされたジャック・ニクラスの絵の書き方と戦略的計算が印象に残った。
 

記事を読む

2009/9/10更新

樽前カントリー倶楽部
コース設計・上田治
2007年日本女子オープンゴルフ選手権競技開催、北海道屈指のチャンピオンコースには支笏洞爺国立公園・樽前山の雄姿を背景に、コバルト色の太平洋を眼下に望む。雄大な自然にレイアウトされた北海道ならではの景観はプレーヤーの心を沸き立てる。
 

記事を読む

2009/9/3更新

川奈ホテルゴルフコース
コース設計・C・H・アリソン
日本を代表するコースとして世界的に評価が高い。昭和36年、セントアンドリュース、メリオンについで第3回世界アマチュア選手権大会が開かれたのは、その証明である。
 

記事を読む

2009/7/23更新

小樽カントリー倶楽部
コース設計・安田幸吉(現コース)
新コース完成は、昭和49年6月。18ホール、7114ヤード、パー72.当時としては群を抜いて長大なコースであった。しかも全域がひたすら平坦なコースだ。競技では、ヤーデージ実数以上の飛距離が求められた。難コース小樽新コースの名は一気に拡まった。
 

記事を読む

2009/6/25更新

三好カントリー倶楽部
コース設計家:J・E・クレーン
「コカ・コーラ東海クラシック」のトーナメント会場として有名な三好カントリー倶楽部は1970年から東海地方最大の大会として親しまれてきた。設計家J・E・クレーンのコースはバンカーが特徴的でコースの景観と戦略を難しくしている。
 

記事を読む

2009/6/4更新

桂ゴルフ倶楽部
コース設計家:
ロバート・トレント・ジョーンズJr
〔桂 カツラ〕(分類カツラ科カツラ属)。カツは香出によるとの説があるように、落葉すると文字通り甘い香りを出す。初冬のカツラは、歩いていても匂いで分るという。

記事を読む

2009/5/21更新

恵庭カントリー倶楽部
コース設計家:富沢廣親
北海道のトップシーズンは7、8月だと考えるのは、内地人である。北海道が一番美しく輝くのは6月、夜半は肌寒さを感じるような頃である。その頃になるとライラックの白や紫の花がいっせいに北の国の景色を飾り始める。

記事を読む

2009/5/7更新

高坂カントリークラブ
コース設計家:富沢誠造
高坂CCを設計した富沢誠造は、50年前のこの地にどんな自然を見たのか。察するに彼もマッケンジーのいう「自然そのものの気持ちでデザインしようと努力した」に違いない。

記事を読む

2009/3/26更新

西那須野カントリー倶楽部
コース設計家:ロバート・ボン・ヘギー
ゴルフプレーの楽しみ方の一つに、設計者とプレーヤーの想像力の戦わせ方がある。地形やハザードの置き方を読み解きながら、設計者の魂胆(想像力)を探る。

記事を読む

2009/1/29更新

ホウライカントリー倶楽部
コース設計家:ロバート・ボン・ヘギー
「1フレーズで全篇を語らせているのは名文である。それが最初にあれば、それは更に感動的になる」と書いたことがある。その意味で、ホウライCC 1番ホールとの邂逅は、私にとって感動的だった。

記事を読む

2008/10/2更新

大阪ゴルフクラブ
コース設計家:上田治・松山桂司
関西地区のゴルフ場メインストリートは、茨城CC、宝塚、西宮、神戸G、広野Gとつづく阪神間モダニズムの線上に連なっている。大阪ゴルフクラブが、識者の間では高い評価を受けながら、広い知名度を・・・

記事を読む

2008/8/28更新

千葉カントリークラブ・梅郷コース
コース設計家:安田幸吉
梅郷コース、設計の安田幸吉は、日本プロゴルフ史の中でも特別な人である。無冠の帝王として尊敬されたのは、人柄の良さと、義宮様のレッスンなど皇族方のお弟子さんも多かったからだ。

記事を読む

2008/7/31更新

ニュー・セントアンドリュース・GC・ジャパン
コース設計・監修:ジャック・ニクラス、
セントアンドリュース・NSAJプロジェクト
ゴルフの聖地「セントアンドリュース」を名乗るゴルフ場が日本に現れたのは昭和50年のことだった。設計は世界のスーパースターJ.二クラス。

記事を読む

2008/3/5更新

美浦ゴルフ倶楽部
コース設計家:R・T・ジョーンズJr
「あるがまま」自然の形を正確に読み取り、それをプレー上の戦略として描き切るかどうか。その差が設計者の構想力の差だろう。美浦ゴルフ倶楽部はR・T・ジョーンズJrの思想が具現化された珠玉のコース。

記事を読む

2008/2/14更新

大洗ゴルフ倶楽部
コース設計家:井上誠一
黒松林に佇む日本ゴルフコースの宝。大洗ゴルフ倶楽部は、太平洋に沿って拡がっている。そして18ホールのうち16番(パー3)を除く17ホールが揃って、海岸線と平行に・・・

記事を読む