ベストスコアに年齢制限なし! 水巻善典の熱血ゴルフレッスン 同時開催 はじめての投資レッスン

今回は「ドライバー基本編」に続き、応用編です。飛距離アップやボールコントロールのポイントを紹介します。飛距離はまだまだ伸びるはず。皆さんもぜひチャレンジしてください。

投資レッスン

右肩を支点にバックスイングすれば大きなスイングアークが作れる

右肩を支点にしてスイングを始動。右腕がリードすることで、スイングアークが大きくなり飛距離アップが期待できる。

 「スイングは左(腕)主導」という言葉を聞いたことがある人もいると思いますが、私はドライバーショットに関しては右腕で振った方が飛距離は伸びるものだと思っています。
 ひとつは、右利きの人の場合は右手の力が強いため、右手主導でスイングした方がヘッドスピードが上がるということ。もうひとつは、スイングアークが大きくなるというのが理由です。右肩を支点にして右腕でバックスイングすると、自然と体全体を使った大きなスイングができるはずです。一方、左手でバックスイングしようとするとダイナミックな動きができなくなってしまいます。
 大きなスイングアークを作ろうとすると、素早い動きができなかったり、スエーする原因になることがありますが、右肩を支点にすると意識せずにこの動きができるのです。無意識でできるということは、ミスの可能性は小さくなります。飛距離がアップする上、ミスも少なくなるので右手主導のスイングがお勧めです。

右肩を支点にすると、肩を回しながらバックスイングが出来るため、理想的なトップが作れる。

左肩を支点にしたトップの形。スイングアークが小さくなってしまう上、肩が回っていないので手打ちになってしまう。

スライス、フックをインテンショナルに打てればストレートの原理が分かってくる

右に曲げる球を打つためには、ダウンスイングで腰を先行させ、腕を遅らせることがポイント。フェースが開いたまま下りてくるのでスライス弾道になる。

 「スライスさせたくない」「ひっかけたくない」と、ティショットで思っていれば思うほど、曲がってはいけない方向に大きく反れていってしまったという経験は誰でもあるはず。これは、ボールがどのようにして曲がるのかを理解すれば防げるのです。
 例えば右にハザードがある時。ダウンスイングで体を左に回して打とうとします。すると、体は開いてしまい結果的にフェースも開いてスライスしてしまうのです。逆に、左に池やOBゾーンがある時は左に向くことが怖いために体の回転が止まり、腕だけが先行したスイングになってしまいます。これはフェースが返りすぎてしまうために、フックボールが出やすくなります。
 つまり、右に行かせたくないときは右に、左が怖いときは左に振ればいいわけです。この原理を覚えておけば、意図的にボールをコントロールできるようになります。自在に球を曲げられるようになれば、次第に曲げない打ち方を体で覚えられるようになります。
スライスとは逆に、フックボールを打つには体の回転を遅らせて腕を先行させる。インパクトゾーンでヘッドが返るため、左に曲がる球を打つことができる。

高い球、低い球を打ち分けるポイントは「目線」

ボールの高さを打ち分けるには、目線を変えることが大切。ターゲットの高さを変えるだけで、肩、腰のラインも自然に変わってくる。

 アゲインストの時や両サイドにハザードがある時は低い球でティショットを打ちたいもの。また、フォローの時や「ボールを飛ばしたい!」という時はいつもより高い球が打てれば、いつも以上の飛距離が出せる可能性があります。ポイントは、弾道を打ち分ける体勢作り。これは、「視線の高さ」を変えることで簡単にできます。
 低い球を打ちたい時は、ターゲットを目線の高さにおきましょう。そして、ボールの赤道の上を打つイメージを持ちます。つまり、いつもよりも上から打ち込む体勢を作るのです。そのため、ボールの位置はいつもよりやや体の内側に入れた方がいいですね。
 反対に球を上げたい時は、目線を上にして赤道の下を打つイメージを持ちます。目線を変えるだけで、アドレスの姿勢は自然に変わり、打ちたい弾道を打つ体勢にすることができるのです。

アドレス時のボールの見方にも工夫が必要。高く上げたい場合は赤道よりも下を打つイメージ(写真・左)、通常は赤道付近(写真・中央)、低い球を打ちたい時は赤道よりも上を打つようにする(写真・右)。

ゴルフレッスン

第4回 外貨商品を自分の資産に組み入れよう

今、外貨投資が必要なワケ

現在、日本は、海外から実にたくさんの物を輸入しています。今は、円高傾向にありますが、将来、もし円安が進めば、輸入の際に多くの円を支払わなくてはならなくなり、日本の物価は上がって、インフレの世の中になる可能性があります。このように、円安やインフレになった時に、資産のすべてを日本円で持っていると、資産は目減りしてしまいます。こうしたリスクから資産を守るために有効なのが、外貨投資です。資産の一部に日本円以外の通貨を組み込むことで、これらのリスクを回避することができる可能性が高まります。

外貨投資のメリット・デメリット

外貨投資は、将来的な円安、インフレリスクに備えられるといったメリットの他に、高金利で運用できるというメリットもあります。というのも、現在、日本の国内金利は低金利が続いており、他の多くの外貨が日本円よりも高金利になっているからです。また、円高の時に日本円を外貨に交換して預け入れ、円安の時に日本円に戻せば、為替差益が得られます。反対に外貨投資ならではのデメリットとしては、為替変動リスクが挙げられます。外貨を購入した時よりも円高になれば、為替差損が発生し、外貨ベースでは、高利回りで運用していたにもかかわらず、円に戻した時の収支がマイナスになってしまう場合もあります。

始めやすいのは外貨MMF

ひとくちに外貨商品といってもさまざまな種類がありますが、外貨商品の中でも比較的始めやすいのが、外貨MMFです。外貨MMFとは、投資信託の一種で、海外の高格付けの債券やコマーシャル・ペーパー、期間の短い短期金融商品を中心に、安全性の高い運用を目指しています。また、少額から手軽に始められる上に適用為替も外貨預金に比べて有利なことも魅力です。さらに、預けた翌日からいつでも解約できるので、円高の時に買って、円安の時に売れば為替差益を得ることもできます。

来月へ続く

手数料等およびリスクについて
野村證券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第142号
加入協会/日本証券業協会、(社)日本証券投資顧問業協会、(社)金融先物取引業協会

まずは情報収集から… 野村證券 GDO バーチャル店舗へ野村證券の無料セミナーに参加するさっそく始めよう!野村證券で口座開設(無料)


水巻 善典(みずまき よしのり)

水巻 善典(みずまき よしのり)

1958年8月27日東京都生まれ。89年の関東オープンで青木功との優勝争いを制し、ツアー初優勝を果たす。93年には米ツアーのQスクールを受験し、出場権を獲得した。ツアー通算7勝。昨年50歳を迎えシニアツアーにも参戦。日本シニアオープンで同ツアー初出場を果たす。現在はツアープロとして活躍する傍ら、解説者としてゴルフ界の発展に尽力している。


取材協力

山の原ゴルフクラブ
兵庫県 川西市 山の原字下恋里 12
072 - 794 - 1621
http://www.accordiagolf.com/