プロも納得の新たな飛び「逆三角形」の衝撃

第1回 TeamPRGR3選手が集結!逆三角形の飛びを語った!!

連載スタート・第1回を飾ったのは、TeamPRGR3選手である谷原秀人、矢野東、原江里菜による試打インプレッション。前作iD435より、プロは勿論、多くのアマチュアゴルファーから絶大な信頼を得ているiDシリーズだけに、その新作に注目が集まった。 「ナブラ」…その聞きなれない名称から既に注目を惹きつけ、実際どんな弾道を見せてくれるのか、まずプロの目線で紹介していった。

第1回のページへGO!!!

想像以上に強い球が出る「『iD nabla BLACKドライバー』はとても構えやすく、すぐに慣れることができました。スピン量が減り、風に負けない強い球が打てるので、前モデルより強い弾道が出ます。今はその飛距離性能に魅せられてiD nabla Xを使用中です」(谷原秀人)

アマチュアにもやさしいモデル「『iD nabla Xドライバー』は、ヘッドは弾き感があり、シャフトは走りがよいので、とてもやさしい印象。クラブ自体が仕事をしてくれて、ヘッドが勝手に走るといった感覚です」(原江里菜)

コントロール性能がUP!「『iD nabla BLACKドライバー』は、ボールがフェースに乗っている時間が長く、コントロールしやすく感じます。ドライバーだけじゃなく、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアンも魅力的ですね」(矢野東)

スタイル編集部EYE‘s3選手が一同に会すのは意外にも珍しいそうです。3人はかなりリラックスした様子で、矢野プロと谷原プロで、原プロに軽くチョッカイを出し、盛り上がるといったやりとりなどが見られ、現場は明るい雰囲気で撮影できました。

第2回 多数メディアも駆けつけた! iD nabla発表会

2012年8月6日、iD nablaシリーズの記者発表会が行われた。その注目の高さを裏付けるように多くの関係者が詰めかけ、ホテルの特別会場は熱気で溢れかえった。スタイルGOLD編集部は、クラブ設計の開発に着目。「なぜ逆三角形は飛ばせるのか?」を追求するべく、企画開発に携わる大久保氏に取材を敢行した。

第2回のページへGO!!!

記者発表会では、その聞きなれない「ナブラ」という言葉、そして「逆三角形」というポイントに質問が集中。「ナブラフェース」「ナブラシャフト」「ナブラ重心設計」の3つの要素を、企画開発グループに所属する大久保氏は 「“PRGR史上もっとも飛ばせるクラブ”に必要な3つの要素です」と解説してくれた。

スタイル編集部EYE‘s発表会の当日は、あいにくの大雨。にもかかわらず、会場であるザ・プリンスパークタワー東京に集まった関係者の数は、500人近く。新製品発表会の中でもかなり大クラスの規模に、iDシリーズの注目の高さを再認識した。

新たな「飛ばし」をキーワードに制作されたiD nablaシリーズ

ご購入をお考えなら、是非GDOショップまで。いまならiD nabla Xドライバー、iD nabla X DRAWドライバーに限り先行予約キャンペーン中!! (※10月23日まで実施)
iD nablaシリーズ購入ならコチラ

iD nabla キャンペーンサイト more info

試打クラブレンタルシステム more info

 
 連載
  • 2012/9/6

    PRGR iD nabla 開発秘話

    先行試打したプロや一部のアマチュアから、早くも「飛ぶ!」と評判のiD nabla…