ROOTS GOLFの卓越を味わう

飛距離が落ちてきて出会ったのがルーツゴルフ

安藤統男さん。阪神タイガース・往年の名選手の1人。慶応大学で活躍、読売ジャイアンツからの誘いを「強いジャイアンツを倒すほうに回りたい」と蹴ってタイガース入り。内野、外野をこなすユティリティプレーヤーとして知られ、また、若い選手の素質を見極め、育成する能力に長け、73年に現役引退後もコーチ、監督を務めた。反骨精神と本質を見極める眼力のあるおとなである。
現役のころからシーズンオフには気の合う仲間と週に2、3回のラウンドを楽しみ、70歳を目前にした今も週に1回はラウンド。「お腹が出てきたせいもあるだろうけど、年々飛距離が落ちて…(笑)」とクラブへの関心深まった安藤さんが2年前に出会ったのが、ルーツゴルフのクラブ。以来、ルーツゴルフ製品を愛用し続けている。「ゴルフを初めてやったのは、大学4年の時、大学の先輩の藤田元司さん(元ジャイアンツ監督)に連れられて、当時、東京・芝公園にあったショートコースに行ったのが最初です。藤田さんに借りたアイアンでプレーしましたが、止まっているボールを打つのは簡単だろうと思っていたのが、なかなか上手くいかない。ゴルフは難しいものだというのが第一印象でした」

打ちやすさが、クラブに対する見方を一変させた

本業の野球では、道具に対するこだわりは人並み以上。バットのグリップ部分を手になじむようガラス片で削ったり、牛の骨で表面の小さな傷を修復するのは日課だった。紐で縛ったグローブを水に濡らして革を柔らかくするなど手間をかけて、道具を手の一部として使えるようこだわった。「バットは、2ダース・24本とかまとめて購入するのですが、いいな、と思えるのはそのうち4、5本でした。でもゴルフクラブは、これまでいくつものブランドを使ってますが、基本的には何を使っても一緒、ですからスコアは腕前だと思って、周囲にもそういい続けてきました」という。
安藤さんのクラブに対する考え方に変化が生じたのは、160ヤード前後で使っていたアイアンが上手く打てず困っていた時に手にしたルーツゴルフのショートウッド。「楽に打てましたね。その打ちやすさに驚きました。それ以来、ゴルフはクラブだと、考えが一変しました。ルーツゴルフのクラブは、知る人ぞ知る、というクラブです。一緒にラウンドした人とかキャディさんに『ルーツじゃないか』というふうに感心されることがあります」

いい物を使うとゴルフの楽しさが倍増する

インタビュー後、安藤さんにルーツゴルフの新製品「Click Iron」、「MD Driver 440AT」、そしてアイアン、ドライバーと同じ新シャフトのSuper Aermet MD U WOOD を手にコースに出てもらった。
「音が気持ちいいね」。練習場で数回打った安藤さんの第一印象は打音の心地良さ。普段は練習しない、という安藤さんだが、その打音を楽しんでいるかのようにアイアン、ドライバー、フェアウェイウッドとクラブを変えて打つ。コースでは、アゲンストでも強い球で飛距離を出し、「いつもは届かない距離だよ」といいながら155ヤードを6番アイアンでグリーンまで運ぶ。「ちょっとダフったけど、今使っているのよりさらに飛ぶね。抜けがいい。さらに振りやすくなっている」とその進化ぶりに驚いていた。コースでの試打のあと、安藤さんは「やはりゴルフも道具は大切ですね。いいものを使うとプレーの楽しさが倍増しますよ」

安藤統男(あんどう もとお) 
1939年4月8日、兵庫県生まれ。茨城・土浦一高から慶大を経て、62年に阪神入団。俊足巧打の二塁手として活躍し、70年にはベストナインに選ばれた。73年に現役引退、82年から3年間、阪神の監督を務めた。87年からヤクルトのコーチも歴任。スポーツ報知野球評論家と阪神OB会会長にも就くなど人望も厚い。

東条ゴルフ倶楽部
名匠・加藤俊輔が緑豊かな丘陵地に、自然のままのアンジュレーションを巧みに利用した設計。フラットで周囲の山々を眺めながらのプレーが楽しめる。クラシカルな雰囲気を持つクラブハウス・エントランスは大きな屏風絵「阿波踊り」が出迎え、名物の一つでもある広大な練習グリーンは、通常のグリーン約4面分もの大きさ。
〒673-1324 兵庫県加東市新定1188-4
TEL:0795-46-1155(代表)
http://www.tojo-gc.co.jp/

502 Bad Gateway

502 Bad Gateway


nginx/1.12.2
502 Bad Gateway

502 Bad Gateway


nginx/1.12.2
502 Bad Gateway

502 Bad Gateway


nginx/1.12.2
502 Bad Gateway

502 Bad Gateway


nginx/1.12.2
502 Bad Gateway

502 Bad Gateway


nginx/1.12.2
502 Bad Gateway

502 Bad Gateway


nginx/1.12.2