最終更新日 2007年8月16日

金谷多一郎流ドライバー選びの新基準

スキルとプレースタイルで変わる最良のクラブ

「1ヤードでも先に飛ばしたい」というのがゴルファーの共通のドライバーへの思い。市場に出回るドライバーは、どれも「飛んで、曲がらない」を標榜する。しかし、使う人によって同じクラブでも結果は全く違う。クラブの性能・性格を示す自分にぴったりのクラブはどうやって見つけるか。その目安となるのが、クラブスペックなのだ。 理論上は「振り切れるギリギリの重さでシャフトもできるだけ長いクラブ」を持てばベストの結果が得られる。シャフトを45インチから46インチに1インチ長くするとヘッドスピードは、一般的に2m/s程度速くなり飛距離は、8〜10ヤード伸びる。しかし、現実的にはそう単純ではない。クラブが長くなると、スイートスポットでボールを捉えにくくなるし、クラブが重くなり振り切れないと、ヘッドスピード自体遅くなってしまう。クラブ選択は、自分の体力、技術との兼ね合いで選ぶ必要がある。

ロフト角 フェイス面の角度を示す数値一般的にはシャフトを垂直にした状態で計るが、ソールに対して垂直な線を基準に計る場合もある。角度が少ないことを「ロフトが立つ」、角度が大きいことを「ロフトが寝る」と表現する。ドライバーでは8.5度〜11度が主流で、7度や13度もある。非力な女性などはキャリーが出るようにロフト多めがおすすめ。
ライ角 クラブの正面(フェース側)から見たときのシャフトの傾きを示す。シャフトの傾きが垂直ほどアップライト、その逆がフラットなクラブとなる。身長に合わせたライ角選びが重要。アップライトなクラブほどボールがつかまりやすい。アイアンセットの場合、一般的に番手間は0.5度刻みとなっている。
フェースアングル クラブを地面にソールした状態で、目標方向に対してフェースが向く角度を示すもの。フェースアングルは、ソール、フェース面、シャフトの角度によって決まる。目標より右を向いているものはスライスフェース、逆はフックフェースと呼ぶ。
重心距離 ヘッドの中心とシャフトの中心を結んだ線の長さを示す。重心距離が長いほどヘッドが返りにくく、短いほど返りやすい。最近の大型ヘッドでは重心距離が必然的に長いものが多いが、扱いにくいというデメリットもあるので、大型化しつつも扱いやすい重心距離に設定することが最近の売れ筋ドライバーの傾向。
ヘッド体積 物理的にヘッド体積が大きいほど慣性モーメントが高くなるため、ヘッドの大型化がクラブ開発の中心となっていた。しかしルールで上限が460ccと決められたことで、今後は素材、形状のバリエーションが増えていくことが予測される。
重心の高さ クラブヘッドの重心の高さを示す数値。距離が長いものを高重心、低いものを低重心という。低重心なほどボールがあがりやすいが、個人のヘッドスピードによってはスピン量が少なくなりすぎて飛距離が出ない場合があるので注意が必要。測り方は、ソール部分であったり、リーディングエッジであったり、メーカーによって様々。
フェース
プログレッション
シャフト線を基準としてフェース面が前に出ている度合いを示すもの。この数値が小さいほどボールはつかまりがよく、大きいほどボールの上がりがよくなる。ドライバーでは、20mm前後が一般的だが、アイアンではシャフト線より後ろを示す「マイナス」の数値になるものもある。
シャフト 硬いほうからX、S、SR、Rが一般的で、その前後にXXやレディース用のLなどがある。また手元側がしなるものを手元調子、真ん中を中調子、先を先調子。重量は50〜70グラム台が一般的。ねじれ度合いを示すトルクは、2.0〜6度程度のものがあり、ヘッドスピードにより適正度数が変わる。

金谷多一郎のドライバー選びの新基準

ゴルフの場合は、自分に最良となるパートナーは14本全てでなければなりません。そして、その一本一本がお互いに良いパートナー同士になっていることも重要なポイントだと思っています。ですから、クラブ選びも、特出した部分だけのつながりではなく、自分の心地良いベストスイングに合わせながら、フルセットのマッチングを考えたドライバー選びが大切です。そして総合的に信頼関係を築くことができるパートナーを選んでいくことが大切なのではないでしょうか。


ボールを上げたい

 飛ばしの3要素(ボール初速、打ち出し角、バックスピン量)の数値は重要なポイントですが、いくら良い数値が出たからといっても、実際にその弾道が確認できなければ、ナイスショットのイメージは出てきません。また、ヘッドやシャフトの構造にしても、細かいポイントが多々あります。それが複合的に影響しあって、それぞれのプレーヤーのスイングの癖と合わさるわけですから、ボールを上げるための機能的な傾向はひとつの目安に過ぎません。最適な弾道は滞空時間が最も長いはずですから、ただボールを上げたいという願望や、数値ばかりにこだわらず、自分のドライバーショットのキャリーの滞空時間が最長になるような1本を選ぶように意識してみてください。

真っすぐ打ちたい

 他の球技スポーツでは、速く投げる、強く蹴る、遠くへ打つなど、全力を使って身体を動かすことはプレーの基本となっています。でも、ゴルフスイングの場合はなぜか身体を思い切り使わずに、「8割程度で振るのが飛ばしのコツ」「方向性を良くするにはフルスイングは厳禁」など、力を入れないほうが良い結果が出るという話を良く耳にします。しかし、動きをセーブしてパフォーマンスを高めることは人間の動きにとって非常に難しいことなのです。100%のフルスイングが、一番反復性が高く、尚且つ、最大飛距離と正確性をもたらします。得意なクラブのフルスイングでナイスショットをした後、同じスイングで一発目から真っ直ぐに打てるドライバーが、自分にとって心地よく叩けて曲がらないクラブなのです。

ドライバーでも弾道をコントロールしたい

 昨今のドライバーの開発コンセプトをふまえると、自分の球筋(持ち球)ははっきりと傾向を決めてしまったほうが良いと思います。ヘッドやシャフト性能によって、その打ち出されるボールの最適弾道はほぼ決まってしまっています。そのクラブが仕事をするのに反して、ホールレイアウトなどによって弾道をコントロールしたとしても、飛距離が落ちたり、正確性が悪くなったりするので、効率の良いプレーとはいえません。自分の球筋を決めたら、それに合った構造のクラブを選んで、その一筋の球筋でプレーし続けることをおすすめします。

ヘッド軌道を安定させたい

 現在のクラブはとても高性能に、そして細かい機能が備わっています。その機能の傾向とスイングのマッチングでもたらされるボールの捕まり具合のフィーリングが自然にスイングにおけるヘッド軌道を修正してくれます。しかし、そのフィッティングはかなり複雑です。おすすめはまず、クラブの長さをアレンジしてみてください。たとえば、カット軌道で悩んでいる方は、長尺がおすすめで、クラブが下から入ってあおってしまう方はシャフトを短めにしてみてください。

14本のチームワークを考える

 ドライバーだけ上手く飛ばせても、ホールアウトまできっちりと自分のプレーがやり遂げられなければ良いプレーにはつながりません。自分の心地良いベストスイングに合わせながら、フルセットのマッチングを考えたドライバー選びが大切です。そのためには、アイアンからユーティリティやフェアウエイウッド。そしてドライバーへとクラブ重量を軽くしていくことです。特に昨今ではフェアウエイウッドとドライバーのヘッド体積には大きな違いがあるので、ドライバーのシャフトは10グラム前後、必ず軽くしてセッティングすることが重要なポイントです。

金谷多一郎プロ
84年プロデビュー。87年伊香保国際オープン優勝。日大時代はゴルフ部主将を務めた。トーナメント解説やレッスン、クラブ試打評価など広く活躍。豊富なクラブ知識を活かしてクラブ開発にも携わる。1960年、東京生まれ。


※野村證券GDOバーチャル店舗内では音声での説明がございます。ご利用になられるパソコンの音量を調節してお入りください。
また、パソコンのスペックやOS、画面サイズなどにより、正常に動作しない場合がございます。あらかじめご了承ください。

株式投資ゲームにチャレンジ

楽しみながら投資がわかる

野村証券 GDOバーチャル店舗へ ようこそ

楽しみながら投資がわかる
店舗エントランス画面

株式や投資信託は自分とは無縁だと思い込んでいませんか?「貯蓄から投資へ」の流れが加速し、低金利という時代背景のなか投資性資産は、いまや総務省のまとめでも金融資産残高のうち20%近くまで急上昇。わずかな資金からでも投資が可能など、金融商品の多様化、きめ細かいサービスの登場により投資環境の整備は進化しています。「証券会社へ足を運ぶのは億劫」「敷居が高い」という方でも、インターネットを利用すれば自宅にいながらいつでも気軽に情報収集することができるのです。

例えば、「野村證券 GDO バーチャル店舗」なら、3D画面のリアルな店舗で、女性ガイドが音声案内をしてくれます。「いきなりオンライン取引を始めるのは不安」、「全く縁のなかった証券会社に行くのは気が引ける」という方でも、安心して「投資」についての情報を得ることができます。

アクセス方法は簡単です。このページのバナーやテキストをクリックしてください。リアル感のある3D画面の店舗エントランスでは、ガイド役の女性が、出迎えてくれます。音声案内に従って「商品&サービスガイド」「セミナールーム」などの興味のある項目を選択してください。それぞれの内容はわかりやすく陳列され、リアル店舗と同じような感覚で投資に関する情報が入手できます。初心者向けのセミナールームでは、株式と投資信託についてそれぞれの性格や仕組みについて、女性ガイドが音声と図で簡潔にわかりやすく説明してくれます。

楽しみながら投資がわかる
セミナー「株式 入門編」より

セミナールームの株式入門編を覗くと、「株式とは」「株式投資のリスクとリターン」「株式取引の前に」とステップアップしながら、わずか10分あまりで株式売買のことが一通り学べます。また、投資信託入門編では、「投資信託の考え方」「投資信託の仕組み」「投資信託の魅力」について約12分ほどで学ぶことができます。音声での説明に加えイラストやグラフを使った視覚情報により、投資に全く興味がなかった方でも一通りのことが、自宅にいながらにして理解することができます。どちらも女性ガイドが話すたびに画面の図が変化しますから、飽きることはありません。

また、ここでぜひおススメしたいのが、エントランスの「チャレンジする」の項目です。ここには3つのゲームがあります。まず、100万円の資金で株式を仮想購入して運用する「野村のバーチャル株式投資倶楽部」。豊富な投資情報を参考にしながら実際と同じように購入銘柄、金額を決めて売買できます。実際と同じ株価が用いられているので、リアル市場で株式売買するのと同じ、“株式投資のバーチャル体験"が可能です。

2つめのゲームは「脳動的!市況概況」。計算・記憶・音読など、脳の運動をしながら株式についても学べる、一石二鳥のゲームです。毎日チャレンジして、自己記録を更新していってください。

そして3つめのゲームは、「うさぎとかめ」。あなたは「ウサくん」となって、「かめくん」と対戦します。毎月1万円ずつ投資する「かめくん」よりも、少しでも安く株式を購入できたら勝ちです。番外編もあり、そこでは「ウサくん」は決して勝てないのですが、それはなぜでしょう?その謎に迫ってみてください。楽しみながら投資の実際が学べます。

誰でも初めての分野に入っていくのは、最初は面倒ですし不安にもなります。でも踏み出してみると案外簡単なことも多いのです。さあ、あなたもこの機会に「野村證券 GDO バーチャル店舗」にアクセスされることをおススメします。

まずは3D体験
野村證券 GDO バーチャル店舗へ


手数料等およびリスクに関してはこちらをご覧ください。

野村證券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第142号
加入協会/日本証券業協会、(社)日本証券投資顧問業協会、(社)金融先物取引業協会

ページのトップへ


Style-GOLDStyle-Neo AthleteStyle-Woman