最終更新日 2007年7月5日

ゴルフのすすめ 特集豪華&優雅なリムジンで行く難関コース

photo

ニクラウスの情熱を感じる18ホール

 千歳空港から車で20分のところにある北海道クラシックゴルフクラブ。牧歌的な雰囲気のゲートを抜け正面玄関に到着すると、豪華な中にも暖かさを感じさせてくれるログハウスのクラブハウスに驚かされる。このコースの印象は、ここが日本だとはとても思えないほど、アメリカンテイストが漂っていたこと。練習場は生芝から打てるし、とにかく広い、いや広大だ。コースはニクラウス特有の池を巧みに配したレイアウトで、日本にいながらアメリカのチャンピオンコースをまわっている気分に浸れる。もちろん難度は最高レベルと言っていいだろう。ビジターはチャンピオンティからのプレーはできないが、チャンピオンティからの景色をニクラウスは大事にしたという。訪れた際は、プレーできなくてもチャンピオンティからコースを眺めてみて欲しい。取材した日は午後遅めだったが、途中のホールで見渡す景色はどこで見ても慕情を感じさせる芸術品。アウトコースは林間、インコースは常に池が絡む。このコースでプレーすれば、今の自分の実力を再認識させてくれるが、スコアを抜きにしても満足感を得られる。

photo

クラブハウス前に雄大で美しいコースが広がる。

1.夕陽が池に映え郷愁を感じさせる。 2.ログハウスの木と笑顔が温かく迎える。 3.クラブハウスとは別棟のレストランも品のいいログハウス風。 4.広々とした練習場はここで1日を過ごす人がいるのもうなづける。

photo

美しいものにはトゲがある

「あくまでも美しく、あくまでも雄大に」を設計コンセプトにして造られているだけあって、コースの美しさは北海道随一。北海道のコースにしては珍しい山岳系のコースで、コースはアップダウンがあるほう。過去1994年〜2003年まで、日本マッチプレー選手権の会場となっていたことでも有名。名物ホール(いわゆる難しいホール)にはアイヌ語でニックネームがつけられている。谷越えのティショットとなるイコロ・ピリカコースの5番には「ピリカの誘惑」と名前がついている。意味は「美人の誘惑」。打ち下ろしではあるが、距離を欲張りすぎるとクリークの餌食になりかねない。もし、そうなるとユニークなネーミングと面白がってばかりもいられない。
 コース敷地内には、コンドミニアムなどの宿泊施設があり、長期滞在する人も多いという(時間と予算が許す方にはおススメだ)。プレースタイルはキャディ付きの乗用カートでのプレー。全45ホールのチャンピオンコースは、きっとあなたを魅了するに違いない。

photo

「真珠の首飾り」というニックネームのニスパの13番。

photo

1.名物ホールにはアイヌ語でニックネームがつけられている。 2.トーナメント開催のチャンピオンコースだ。 3.ロビーは豪華な雰囲気の中に北海道らしい味わいがある。 4.人気ナンバー1のサケ・イクラの親子丼。

タクシー並みの気軽さと 超VIP気分に浸れるサービス

もう一日延泊してゴルフ。そんなゴルフ好きには千歳空港からも近いニドムクラシックコースと北海道クラシックゴルフクラブをおすすめしたい。ニドムは北海道では珍しい山岳コース。北海道クラシックは、フェアウェイも洋芝。これも北海道では、5コースほどしかない珍しいタイプだ。少しのミスも許してくれない難度の高いコースだが、チャンピオンコースを満喫できるのも北海道の醍醐味だ。

photo


》詳しくはこちら

ページのトップへ
 

過去の特集・連載記事

トラベル

RSS

特集2013/10/10更新

スーザン・ペターセンのふるさと、ノルウェーを旅する
8月のセーフウェイクラシックでの優勝、そして今季からメジャー戦となったエビアン選手権でメジャー2勝目を勝ち取ったスーザン・ペターセンは北欧・ノルウェー出身。ペターセンが育った首都オスロはもちろん、世界遺産の街ベルゲン、フィヨルドが美しいスタヴァンゲルなどをご紹介します。

特集2013/01/17更新

ゴルフウェアから小物まで 旅のワードローブ
滞在先のホテルに到着し、お気に入りのトランクケースからワードローブを取り出す。ディナー用のジャケット、ルームウェア、コスメティクス、ゴルフウェア、シューズ……。ウェアから小物に至るまで、洗練されたゴルファーにお薦めのアイテムは、デザインや質感ばかりでなく、機能性や軽量性にもこだわったもの。旅先のアクティビティの一つとして欠かせないゴルフを中心に、旅のワードローブを紹介する。

特集2012/11/22更新

米国ゴルフダイジェストが選んだ「75ベストゴルフリゾート」にGDOも実際に行ってみた! ハワイ島・マウイ島編
アメリカのゴルフダイジェスト誌2011年11月号で掲載された「75ベストゴルフリゾート」。アメリカとカナダでプレーする熱心なゴルファー1,000人が、最近3年間で訪れた北米のリゾートを10段階で評価し、順位付けをしたものだ。このランキングでは、日本で「もっとも身近なアメリカ」であるハワイ州から、どこよりももっとも多い12のリゾートが選ばれている。今回、GDOでは、そのなかからビッグアイランドことハワイ島と、オアフ島、ハワイ島に次いで人口の多いマウイ島のリゾートをピックアップし、実際にそのリゾートでプレーできるゴルフ場を訪れてみた。

特集2012/09/20更新

ミッションヒルズ・ワールドセレブリティ・プロアマ開催記念スペシャル Power of GOLF ゴルフがエンターテイメントとして光り輝く瞬間
ゴルフに触れた人は誰しも「ゴルフがもたらす力」を実感し、とりこになってしまう。しかしながら多くの人が「ゴルフは特別な人がするスポーツ」という誤った概念を持っていることも事実である。誰もが楽しめるエンターテイメント性の高いイベントを開催して、ゴルフ場に来てもらうことでゴルフと触れ合うきっかけをつくりたい、と考えたのは中国のスポーツ産業でのパイオニア的な存在として知られるミッションヒルズグループである。

特集2012/6/21更新

富士山&軽井沢周辺スポットで楽しむ夏ゴルフ 極上のコース択一
暑い季節に行きたいのが富士山と軽井沢周辺のゴルフ場。さわやかな風の中でプレーするのはゴルファーにとって最高のシチュエーションだ。せっかく訪れるなら、このエリアを満喫したいもの。レクサスオーナーだけが利用できる「レクサスオーナーズデスク」を使えば、より充実した時間が過ごせるはずだ。

特集2012/3/15更新

知られざるリゾートを訪ねて 大切な人と行きたいベトナム ニャチャンへのゴルフトリップ
19世紀のフランス領インドシナ時代に要人達のリゾート地として開発された“ニャチャン”のシークレットアイランドにひっそりとたたずむ「ピンパールリゾート」と、急速なスピードで日々進化をしているベトナムの象徴である「ホーチミン」を紹介する。

特集2010/6/24更新

“微笑みの国”の全てがそこにある滞在型リゾートでタイを満喫
日本人ゴルファーにとってもタイは魅力に溢れている。今年、ロイヤルトロフィを行ったアマタスプリングスやホンダLPGAを開催したサイアムカントリークラブのほか、タイカントリークラブなど、国内に200以上のゴルフ場があるのだ。

特集2008/12/11更新

記憶に残るゴルフ旅 広州編
開発のリゾート中国 最終弾! 古代海のシルクロードの起点として栄えた広州は知る人ぞ知るゴルフ天国。

特集2008/11/6更新

中国No.1リゾート「海南島」編Vol.2
実力高き中国のコースでリゾートゴルフを満喫する。5つ星ホテルが立ち並ぶ姿は、ここが間違いなく中国ナンバー1リゾートだと確信させられる

特集2008/8/14更新

至福の楽園ゴルフ「海南島編」
「中国のハワイ」5つ星ホテルが立ち並ぶ世界レベルのリゾート 中国のイメージを激変するリゾートゴルフが存在

特集2008/7/10更新

飛ばすゴルフ「昆明・麗江編」 都市と世界遺産への旅
メジャー6勝を誇る名プレイヤー、ニック・ファルドの戦略性高いコースは2005年にオープンしたばかりだがアメリカのゴルフダイジェスト誌で中国No.6に選ばれたチャンピオンコース。

特集2008/7/3更新

サンティブリ リゾート 自然が創りだす新しいゴルフリゾート
贅沢な休日を過ごす新しき地タイ・サムイ島”静と動”を兼ね備えたゴルフリゾートで充実した”時”を感じてください。

特集2008/6/12更新

飛ばすゴルフ「麗江編」 海抜3100mの世界
世界で2番目の高さに位置する玉龍雪山ゴルフクラブ。ここでのプレーは景観、コース、全てにおいて一生忘れられない思い出になる。

特集2008/5/8更新

“飛ばすゴルフ" 昆明編 海抜2500mの地
海抜2500mの地 昆明! あなたは200yardを何番で打ちますか?ウッズ気分を実際に感じて下さい!

特集2008/4/3更新

7年間も続く国際的社交の場 コタキナバル第3編!
“ゴルフに国境はない"コタキナバル現地の人と7年間も続く国際的社交の場。新しき文化交流はここから始まる!!

特集2008/3/6更新

ゴルフ旅行の魅力、そしてコタキナバル第2編!
“驚異のリピート率 70%"敏腕コンダクターが語るゴルフ旅行の魅力、そして、コタキナバルの地!

特集2008/1/24更新

原点をみつける旅 新しき秘地 コタキナバル第1編
新しき秘地"コタキナバル"世界一のサンセット、大自然でのジャングルゴルフ充実したトラベルライフ!

特集2007/7/5更新

北海道・至福のゴルフ旅
千歳空港に降り立つと豪華なリムジンバスが出迎え、純白のソファーに座ると旅の充実を予感させてくれる。

特集2007/4/19更新

海外ロングステイのススメ
ゆったりと、そして活き活きと滞在先を楽しむ――「ロングステイ」が、“注目”から本格化の時期に入ってきた・・・

特集2006/11/2更新

宮崎・シーガイアで過ごす、極上の旅時間
ダンロップフェニックストーナメントを控えた宮崎・シーガイア&フェニックスCCの魅力をレポート
毎月当る!プレゼント&新着情報

新しいゴルフスタイルはここからはじまる

スタイルウーマン これからの女性はゴルフでジブンを磨く。


Style-GOLDStyle-Neo AthleteStyle-Woman