最終更新日 2007年4月19日

ロングステイ人気の秘密 良質のリゾートホーム 賑う体験談セミナー
海外ロングステイ
read
title
滞在期間2週間以上半年未満。キッチンなどが整っているコンドミニアムや適切な「住まい」を保有または賃借、海外における日常的生活の体験を楽しみながら、滞在するのが「ロングステイ」。そこでしか味わえない気候風土・文化・交流を楽しむというのが、いわゆる「旅行」との違いだ。いま、ロングステイ派に最も人気のあるのがオーストラリア。とりわけ2つの世界遺産がある観光地・ケアンズはロングステイヤーで賑っている。「冬」でも最低気温17,8度という常夏の温かさのケアンズにフォーカスして、ロングステイの魅力を探ってみよう。
title1
ケアンズは、オーストラリアの中でも赤道に近い常夏の地域。日本では見られないトロピカルフルーツの木やパンダーヌスの木が見られるほか、ペリカンやトキといった水辺の鳥や有名なワライカワセミ、かものはしなど、珍しい動植物との出会いがある。熱帯雨林とサンゴ礁の海に囲まれた街がケアンズだ。1〜3月の夏は、雨期だが総じて晴れの日が多く、熱帯性の色濃い大自然が異空間の新鮮さをアピールする。
title2
「グレートバリアリーフ」と、「熱帯雨林」というともに世界遺産に指定される海と山に囲まれた類稀なリゾート地。グレートバリアリーフは、オーストラリアの東海岸北部に全長2,000km以上にわたって広がる珊瑚礁地帯。気が遠くなるような年月をかけて少しずつ成長してきた珊瑚礁によって形成されている。
ほぼ日本の面積にも匹敵する、広大なグレートバリアリーフには、およそ1500種類もの魚が生息するという。その中の最も有名なグリーン島へはケアンズから高速船で1時間足らず。白い砂浜が広がり、憧れのダイビングスポットにもなっている。世界最古の熱帯雨林には、世界に分布する原始植物のうち大半が今も繁殖しているという。ケアンズからゆっくり走る鉄道か世界で2番目に長いロープウェイ「スカイウェイ」で標高500mほどの熱帯雨林に囲まれた村・キュランダを目指せば、途中の景色に圧倒されるし、やがて蝶のサンクチュアリ、有名なバロン川の滝が迎えてくれる。おおよそサイトシーイングにはこと欠かない観光地。海抜400〜1,000mのアサートン高原は、かものはし、ポッサム、ロックワラビーなどこれまた珍しい動物たちの宝庫でもある。火山活動によってできた洞窟では世界最長というアンダラなど自然の営みのスケールの大きさを間近に見ることができる。数日間滞在の旅行では、駆け足でまわるか大半の見所を割愛することになる。
title2
大自然は、自然と溶け込むアクティビティを育んだ。クルーズを楽しみながら着くグリーン島は、ダイバーにはたまらないポイントが幾つもある。ライセンスが無い人のための体験ダイビングから上級者向けまで懐広いダイビングが楽しめる。サンゴや熱帯魚、海ガメ、オオシャコガイ、ヒトデ、貝、イソギンチャク、ウニ、ナマコ、他にも多くの素晴らしい海洋生物が生息。シュノーケリング、グラスボトムボートで海中を覗いたり……種類豊富な魚が泳ぐ海底の景色は、人生観を変えるかもしれない。ライセンス取得にチャレンジするのも楽しそうだ。急流を下るラフティングも人気がある。国内ではまず味わえないスリルにみちている。乗馬コースは熱帯雨林を抜けたりでかなり面白い。四輪バギーに乗るのも一興。アサートン高原では、熱気球に気軽に乗ることができる。もちろんフィッシングも。夜には、南十字星など星空観察もロマンチック。かものはしなど夜行性の動物を見に行くツアーに参加するのもいい。とにかく、毎日違うことにトライしても1週間では満喫しきれない。エステも充実している。
golf
title2
icon パラダイス・パームス
ケアンズより車で25分。ケアンズでもっとも美しいチャンピオンシップコース。グラハム・マーシュによる設計。コースは絶妙のアンジュレーションがあり、バンカー・フェアウェイを横切るクリークが戦略性を高めている。
icon ミラージュ カントリー
ケアンズより車で75分。五つ星ホテル、シェラトンミラージュに併設のチャンピオンコース。
icon リンクス・ポートダグラス
ケアンズより車で70分。リンクススタイルを模して造られたコースで、随所にポットバンカーやウォーターハザードがあり、戦略性の高い手応え十分のコース。ピータートムソンの設計の美しいコースです。
icon ケアンズゴルフクラブ
ケアンズ市内から一番近いゴルフ場。気軽にゴルフが楽しめます。
icon パームコーブ・カントリークラブ
ケアンズより車で30分。比較的易しいコースで気軽に楽しめる。
golf
ロングステイ人気の秘密 良質のリゾートホーム 賑う体験談セミナー
ページのトップへ
 

過去の特集・連載記事

トラベル

RSS

特集2013/10/10更新

スーザン・ペターセンのふるさと、ノルウェーを旅する
8月のセーフウェイクラシックでの優勝、そして今季からメジャー戦となったエビアン選手権でメジャー2勝目を勝ち取ったスーザン・ペターセンは北欧・ノルウェー出身。ペターセンが育った首都オスロはもちろん、世界遺産の街ベルゲン、フィヨルドが美しいスタヴァンゲルなどをご紹介します。

特集2013/01/17更新

ゴルフウェアから小物まで 旅のワードローブ
滞在先のホテルに到着し、お気に入りのトランクケースからワードローブを取り出す。ディナー用のジャケット、ルームウェア、コスメティクス、ゴルフウェア、シューズ……。ウェアから小物に至るまで、洗練されたゴルファーにお薦めのアイテムは、デザインや質感ばかりでなく、機能性や軽量性にもこだわったもの。旅先のアクティビティの一つとして欠かせないゴルフを中心に、旅のワードローブを紹介する。

特集2012/11/22更新

米国ゴルフダイジェストが選んだ「75ベストゴルフリゾート」にGDOも実際に行ってみた! ハワイ島・マウイ島編
アメリカのゴルフダイジェスト誌2011年11月号で掲載された「75ベストゴルフリゾート」。アメリカとカナダでプレーする熱心なゴルファー1,000人が、最近3年間で訪れた北米のリゾートを10段階で評価し、順位付けをしたものだ。このランキングでは、日本で「もっとも身近なアメリカ」であるハワイ州から、どこよりももっとも多い12のリゾートが選ばれている。今回、GDOでは、そのなかからビッグアイランドことハワイ島と、オアフ島、ハワイ島に次いで人口の多いマウイ島のリゾートをピックアップし、実際にそのリゾートでプレーできるゴルフ場を訪れてみた。

特集2012/09/20更新

ミッションヒルズ・ワールドセレブリティ・プロアマ開催記念スペシャル Power of GOLF ゴルフがエンターテイメントとして光り輝く瞬間
ゴルフに触れた人は誰しも「ゴルフがもたらす力」を実感し、とりこになってしまう。しかしながら多くの人が「ゴルフは特別な人がするスポーツ」という誤った概念を持っていることも事実である。誰もが楽しめるエンターテイメント性の高いイベントを開催して、ゴルフ場に来てもらうことでゴルフと触れ合うきっかけをつくりたい、と考えたのは中国のスポーツ産業でのパイオニア的な存在として知られるミッションヒルズグループである。

特集2012/6/21更新

富士山&軽井沢周辺スポットで楽しむ夏ゴルフ 極上のコース択一
暑い季節に行きたいのが富士山と軽井沢周辺のゴルフ場。さわやかな風の中でプレーするのはゴルファーにとって最高のシチュエーションだ。せっかく訪れるなら、このエリアを満喫したいもの。レクサスオーナーだけが利用できる「レクサスオーナーズデスク」を使えば、より充実した時間が過ごせるはずだ。

特集2012/3/15更新

知られざるリゾートを訪ねて 大切な人と行きたいベトナム ニャチャンへのゴルフトリップ
19世紀のフランス領インドシナ時代に要人達のリゾート地として開発された“ニャチャン”のシークレットアイランドにひっそりとたたずむ「ピンパールリゾート」と、急速なスピードで日々進化をしているベトナムの象徴である「ホーチミン」を紹介する。

特集2010/6/24更新

“微笑みの国”の全てがそこにある滞在型リゾートでタイを満喫
日本人ゴルファーにとってもタイは魅力に溢れている。今年、ロイヤルトロフィを行ったアマタスプリングスやホンダLPGAを開催したサイアムカントリークラブのほか、タイカントリークラブなど、国内に200以上のゴルフ場があるのだ。

特集2008/12/11更新

記憶に残るゴルフ旅 広州編
開発のリゾート中国 最終弾! 古代海のシルクロードの起点として栄えた広州は知る人ぞ知るゴルフ天国。

特集2008/11/6更新

中国No.1リゾート「海南島」編Vol.2
実力高き中国のコースでリゾートゴルフを満喫する。5つ星ホテルが立ち並ぶ姿は、ここが間違いなく中国ナンバー1リゾートだと確信させられる

特集2008/8/14更新

至福の楽園ゴルフ「海南島編」
「中国のハワイ」5つ星ホテルが立ち並ぶ世界レベルのリゾート 中国のイメージを激変するリゾートゴルフが存在

特集2008/7/10更新

飛ばすゴルフ「昆明・麗江編」 都市と世界遺産への旅
メジャー6勝を誇る名プレイヤー、ニック・ファルドの戦略性高いコースは2005年にオープンしたばかりだがアメリカのゴルフダイジェスト誌で中国No.6に選ばれたチャンピオンコース。

特集2008/7/3更新

サンティブリ リゾート 自然が創りだす新しいゴルフリゾート
贅沢な休日を過ごす新しき地タイ・サムイ島”静と動”を兼ね備えたゴルフリゾートで充実した”時”を感じてください。

特集2008/6/12更新

飛ばすゴルフ「麗江編」 海抜3100mの世界
世界で2番目の高さに位置する玉龍雪山ゴルフクラブ。ここでのプレーは景観、コース、全てにおいて一生忘れられない思い出になる。

特集2008/5/8更新

“飛ばすゴルフ" 昆明編 海抜2500mの地
海抜2500mの地 昆明! あなたは200yardを何番で打ちますか?ウッズ気分を実際に感じて下さい!

特集2008/4/3更新

7年間も続く国際的社交の場 コタキナバル第3編!
“ゴルフに国境はない"コタキナバル現地の人と7年間も続く国際的社交の場。新しき文化交流はここから始まる!!

特集2008/3/6更新

ゴルフ旅行の魅力、そしてコタキナバル第2編!
“驚異のリピート率 70%"敏腕コンダクターが語るゴルフ旅行の魅力、そして、コタキナバルの地!

特集2008/1/24更新

原点をみつける旅 新しき秘地 コタキナバル第1編
新しき秘地"コタキナバル"世界一のサンセット、大自然でのジャングルゴルフ充実したトラベルライフ!

特集2007/7/5更新

北海道・至福のゴルフ旅
千歳空港に降り立つと豪華なリムジンバスが出迎え、純白のソファーに座ると旅の充実を予感させてくれる。

特集2007/4/19更新

海外ロングステイのススメ
ゆったりと、そして活き活きと滞在先を楽しむ――「ロングステイ」が、“注目”から本格化の時期に入ってきた・・・

特集2006/11/2更新

宮崎・シーガイアで過ごす、極上の旅時間
ダンロップフェニックストーナメントを控えた宮崎・シーガイア&フェニックスCCの魅力をレポート
毎月当る!プレゼント&新着情報

新しいゴルフスタイルはここからはじまる

スタイルウーマン これからの女性はゴルフでジブンを磨く。


Style-GOLDStyle-Neo AthleteStyle-Woman