飛ばしの秘訣 勝山尚樹 2009.08.13 公開

Page:|12|3|

飛ばし 池田勇太 勝山尚樹

飛ばしの秘訣 池田勇太ティーチングプロ 勝山尚樹

松田 賢一郎さん
去年くらいから勝山氏のレッスンを受けるようになり、スコアが安定し始めたと言う。飛ばそうとしていたのが裏目に出ていたと振り返る。

たまに70台が出るようにはなりましたが、安定性に欠ける部分があり、飛距離ももうちょっと伸ばしたいと言う気持ちがありました。方向性を重視したら飛ばないし、飛ばそうとしたら曲がる。

そこで勝山プロのレッスンを受けた訳ですが、自分のスウィングと考え方から何に悩んでいるのかを的確に判断して、はっきりとした答えを出してくれる点が素晴らしい点だと感じています。

例えばオーバースウィング気味でシャフトクロスだったのを右膝が前に出ないようにするだけで治したり、体が突っ込むのをお尻の向きだけで直したり、患部を治すのに他の部分を意識させて治すのは、人がどう動けば、結果的にどう動くかをしっかり理解されているからだと思います。だから我々アマチュアにもわかりやすい表現で飛ばしに導いてくれるのだと思います。

Lesson Check1

クラブを手先で上げていたのを、体全体を使って上げられるようになって、クラブが体の幅から外れなくなりました。このテークバックができるとスムーズな体重移動をしながら始動できるので、リズムも全体的にゆったりしたものになり、ミスヒットの確率がぐんと下がります。これで松田さんは自分のリズムを手に入れました。

Lesson Check2

体の芯を感じながらスウィングできるようになったので、インパクトでも体が突っ込むことなく、ビハインドボールで打つことができています。エネルギー効率が高く、ボールに最大限のパワーを伝えられているはずです。意識をしなくても左サイドの壁ができているのは、体を中心としてスウィングができている証拠です。

Lesson Check3

手先でクラブを振るとフィニッシュでバランスを崩すことが多いのですが、松田さんの場合、フィニッシュでバランスを崩すことなくきれいに立つことができています。 芯で強く回転して、外側のヘッドが無理のない動きをしているからこそ、このようなフィニッシュができるのです。体幹を上手く使えていますね。

飛ばそうと思うとどうしてもヘッドを速く振りたくなります。松田さんも飛ばそうとして下からヘッドが入る傾向があって強いフックになる傾向がありましたが、体幹を使えるようになってからはクラブの入射角も安定して、適正の打ち出し角を得られるようになりました。飛距離が伸びたのは体を使えるようになったからです。


手を使ってヘッドを走らせようとしてヘッドが下から入ったり、逆に打ち込み過ぎて右に抜けたりしていましたが、体の回転だけを考えて、腕やヘッドが振られる感覚がわかってからは、飛ばすためのインパクトの感触がよくわかるようになりました。自分がどれだけ芯を外して打っていたのかがよくわかりますね。

 
 
壁紙
プレゼント&インフォメーション