俺たちのティーオフミーティング VOL.4 堤下敦 2013.07.04 公開

Page:|1|23

俺たちのティーオフミーティング VOL.4 堤下敦

実は、僕が“ゴルフ好き芸人”の火付け役なんです

  • 始めて7カ月で100切り達成しました
  • ゴルフの魅力は“人と交流できる”こと
  • ゴルフ人生初のフィッティングを体験!

ゴルフを始めたきっかけは関根勤さん。

小学校3年生のときにソフトボールを始めたのが、スポーツをスタートするきっかけでした。同時に柔道もやっていたのですが、中学生になってからは野球中心でしたね。大学も2年間、準硬式野球をしていたんです。でも、高校生の時からお笑い芸人になるって決めていたので、高校(神奈川県・武相高校)、大学(関東学院大学)と野球推薦で入学できたのですが、大学は2年間で辞めてお笑いの道に進みました。

ゴルフを始めたのは

10年ほど前ですね。24歳の時でした。そもそも、よしもとの芸人の中のゴルフブームは僕が作ったんですよ。もちろん当時から東野さんやFUJIWARAの原西さんもしてましたが、若手はあんまりやっていないくて。ですから「(若手芸人の中で)一番最初にゴルフをしよう」と思ったのがきっかけでした。で、当時番組でご一緒していた関根勤さんに「ゴルフがしたいんです」って話をしたんですよ。そうしたら「いいじゃない!」って言ってくださって…。

堤下敦

1977年9月9日、神奈川県横浜市生まれ。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。東京NSC4期生で、同期の板倉俊之と1998年にお笑いコンビ「インパルス」を結成した。
パワフルで的確なツッコミを持ち味とし、多数のバラエティ番組などに出演。2010年にテレビ番組の放送内で公開プロポーズして、翌年に結婚し話題となった。ゴルフのベストスコアは89。

堤下敦

それから少し経って

都内のゴルフショップまでご一緒させていただいたんです。で、試打ということになるわけですが、その時、ゴルフは初めてのことだったので、グリップの握り方も、打ち方も分からなかったんです。ところが、関根さんが「(野球のバッティングのように)外角低めをセンター返ししてごらん」とアドバイスしてくださると、突然当たるようになって。そうしたら関根さん、「お疲れ!」って、そのまま帰ってしまったんですよ。ところが一週間くらいしたら、クラブがフルセットで組み上がっていて…。関根さんがゴルフの道具を全て用意してくださってたんですよね。

その後は、ロッテ葛西で毎日のように打ちっ放しに行って毎回500球は打っていました。3カ月間は続けたかな。で、初ラウンドは番組のスタッフさんと立野クラシックに行ったんですよ。初ラウンドのスコアは154…。でも、その後も練習して7カ月で100を切ることができました。

実は、それまでは

ゴルフは自己流だったんですよ。ところが、番組で矢野東プロと横峯さくらプロとご一緒することになりましてね。そうしたら、矢野プロと同じ年なことが分かって、それからレッスンに連れて行ってもらったんです。 普段は、番組のスタッフさんとラウンドすることが多いのですが、時々休みが一緒になるとキングコングの梶原君やオリエンタルラジオの藤森君ともコースに行きますよ。梶原君は本当に上手。僕よりもゴルフを始めたのは遅いのですが、70台とか出ますし、暇さえあれば練習していますね。だから僕は梶原君が大キライ。これ、必ず書いてくださいね!

先日は

くりぃむしちゅーの有田さんとザキヤマさん(アンタッチャブル・山崎弘也)、それからますだおかだの増田さんと4人で行ったのですが、とにかく有田さんがゴルフにハマってましてね。とっても楽しかったですよ。もちろん関根さんともラウンドさせていただきますし、俳優の永井大くんとも行きますよ。でも、最近はラウンド前に練習するくらいなので、週に一回か2週間に一度くらい打ちっぱなしに行く程度。ラウンドは、月1くらいでしょうか。やはり、子供ができてから回数が減りました。

 
 
502 Bad Gateway

502 Bad Gateway


nginx/1.12.2
502 Bad Gateway

502 Bad Gateway


nginx/1.12.2
502 Bad Gateway

502 Bad Gateway


nginx/1.12.2
502 Bad Gateway

502 Bad Gateway


nginx/1.12.2
502 Bad Gateway

502 Bad Gateway


nginx/1.12.2
502 Bad Gateway

502 Bad Gateway


nginx/1.12.2