オーダーシューズが個性を演出 2010.07.22 公開

Page:|1|23

オーダーシューズ ゴルフ

オーダーシューズが個性を演出 自分だけの1足を見つけ出そう! GDO

最近はゴルフのウエアもおしゃれになり、バリエーションもひと昔前に比べると格段に数が増えた。ただ、シューズとなるとどうだろうか?毎回ゴルフに行くときに同じシューズだったり、ウエアに気を使っているわりには、シューズとのコーディネートができていなかったりする。ファッションの世界では、おしゃれは足元からと言う言葉があるように、本当におしゃれな人は足元に気を使っている。初対面の女子が真っ先に目をやるのも足元だと言う声もある。

無頓着になりがちなゴルフシューズ、ただスパイク機能だけがあれば良いと言う考え方ではもったいな過ぎる。個性を演出してくれるアイテムとして、自分の好きな、自分が履きたいと思うシューズを作ってみてはどうだろうか。アジャスタブルのシューズは、履き手を優越感に浸らせてくれるそんなシューズなのだ。

ショットしている時間よりも歩いている時間の方が圧倒的に長いのは、ゴルフが他のスポーツと違う点。オーダーシューズの良さは、見た目の格好良さはもちろんのこと、機能性も優れている点を忘れてはならない。つまり長い時間、歩いても疲れないということ。既製のシューズが悪いというわけではないが、足の大きさや形、厚みは千差万別で、オーダーシューズはそんな個人差を解消してくれる。スポーツなら自分の足にフィットしたものを身につけることが当たり前で、それが最高のパフォーマンスを引き出してくれる要因になる。

アジャスタブルと言う単語自体には、「調整可能」とか「順応できる」と言う意味があるが、アジャスタブルがオーダーにこだわる大きな意味は、プレーヤーに最適にシューズを提供し、履く人を幸せにしたいと言う大義があるからだ。

アジャスタブルのシューズを履いてコースに行けば、みんなの目が足元に止まっていることに気付く。極めつけにスコアがアップしているとなれば、注目度はナンバー1。こんな幸せを味わってみてはどうだろうか。

色選びはオーダーシューズの過程で最も楽しく、悩ましい瞬間。できあがりをしっかりイメージしながら、自分オリジナルのシューズが頼んだ瞬間、待ち遠しくなる。

他には無いオーダーシューズだから、愛着も湧くし、大切にもする。アジャスタブルのシューズを持つことで、道具に対する認識にも変化が生まれる。

まずは両足のサイズを採寸することから始める。基本となる型を決めてから、微調整をするから、完成まで時間の時間が短縮できる。
ベースとなるシューズのデザインを数種類から選ぶ。クラシックで格好良いベースが揃っているアジャスタブルのシューズはどれも魅力的。
最後に、カラーと革の種類をチョイスする。ベースとなる部分はもちろんステッチの色まで変えることができるのでオリジナル性の高いシューズができる。