> 雑誌・出版情報 > ゴルフダイジェスト ゴルフ☆ナデシコ
ゴルフダイジェストゴルフ女子会
    ティショットがフェアウェイバンカーに入ってしまったからといって、グリーンを狙うのをあきらめる必要はありません。グリーンサイドのバンカーと違って、ボールをクリーンに打つので力がなくても大丈夫。ポイントを押さえれば、フェアウェイと同じ感覚で打てますよ
    前回のレッスン(グリーンを狙わずフェアウェイに出す場合の打ち方)でもお話しましたが、バンカーに入ったら状況の見極めが何よりも大事。

    ライがいい(ボールが砂に埋まっていない)ことはもちろん、打っていこうとする方向のあご(バンカーの土手)が高くなっていないことが絶対条件。自分が出せるボールの高さで、確実にあごをクリアできる自信がない時は無理にトライしないほうがいいと思います。
    次に大事なのが使うクラブ。普段、フェアウェイから使うクラブより、1番手くらい大きくするのが基本です。ただし、アイアンで打つなら7番アイアンくらいの距離(普段の8番アイアンの距離)までにしておいたほうが無難。

    それ以上の距離を打つなら、ユーティリティかショートウッドを使うのがいいでしょう。ユーティリティは少しくらいダフってもボールが上がってくれるので、フェアウェイバンカーではオススメのクラブです。
    普段より大きいクラブを使うのは、コンパクトなスウィングで確実にボールに当てたいから。といっても、やることはシンプル。実際に打つ時には、トップを普段より小さくすることだけを考えてスウィングしましょう。

    グリップを少し短く持つと、それだけでトップが少し小さくなります。ボールをトップしてしまうのは距離が出るのでOK。ダフりにだけ注意して、思い切って振り抜きましょう。