【2017年東日本】ゴルフ場名称変更、経営交代ニュース

ゴルフ場名称変更、経営交代ニュース(東日本)

年度を選択してください▼

2017年5月

(千葉県)エンゼルカントリークラブ =株式譲渡契約締結=

PGMホールディングス㈱(以下「PGMH」)は、連結子会社であるパシフィックゴルフプロパティーズ㈱(以下「PGP」)が、『エンゼルカントリークラブ』の現経営会社である森永製菓㈱及び現運営会社である森永エンゼルカントリー㈱が当該ゴルフ場事業を承継するために新設した富津田倉ゴルフ㈱の全株式を譲り受ける株式譲渡契約を締結したことを、平成29年4月25日に発表しました。

この株式譲渡契約の締結により、『エンゼルカントリークラブ』を保有する富津田倉ゴルフ㈱は、平成29年7月3日(月)よりPGPの所有となり、PGMHのゴルフ場運営子会社であるパシフィックゴルフマネージメント㈱が、『エンゼルカントリークラブ』の名称を変更し、新たなゴルフ場名称にて、同日より当該ゴルフ場の運営を開始する予定です。

(群馬県)初穂カントリークラブ =経営会社商号変更=

経営会社の商号変更が実施されました。

【変更前】白沢高原開発株式会社
【変更後】白沢高原リゾート株式会社
※平成28年11月29日付で経営母体会社が南日本運輸倉庫株式会社に変更

2017年2月

(福島県)セベバレステロスゴルフクラブ 泉コース =ゴルフ場名称変更=

平成29年1月より、ゴルフ場名称が変更されました。
【変更前】セベバレステロスゴルフクラブ 泉コース
【変更後】JGMセベバレステロスゴルフクラブいわき

(福島県)福島石川カントリークラブ =事業転換=

設備更新等による良好な利用環境の提供が困難との判断に至り、事業転換することを決定しました。
平成29年5月31日までは、東コースと中コースを利用した18ホールでのゴルフ場営業を行い、同年7月以降は東コースの一部を利用した6ホールのゴルフパークとしての運営を予定しています。又、平成30年度を目途として、太陽光発電の開発整備事業、既存レストランを活用した飲食事業、東コース6ホールを利用したゴルフパーク事業に転換します。

2017年1月

(福島県)グリーンアカデミーカントリークラブ白河コース =ゴルフ場名称変更=

ゴルフ場名称が変更されました。

【変更前】グリーンアカデミーカントリークラブ白河コース
【変更後】グリーンアカデミーカントリークラブ

(茨城県)鹿島の杜カントリー倶楽部  =PGMグループゴルフ場取得=

PGMホールディングス㈱は『鹿島の杜カントリー倶楽部』を新たに取得し、平成28年11月30日より連結子会社であるパシフィックゴルフマネージメント㈱(PGM)による運営を開始しています。

(静岡県)伊豆下田カントリークラブ =経営会社新設分割=

㈱横浜国際ゴルフ倶楽部は、伊豆下田カントリークラブのゴルフ場事業に特化するため、平成28年12月26日を効力発生日として㈱伊豆下田カントリークラブを新たに新設分割会社の100%子会社として設立し、伊豆下田カントリークラブに係わる事業及び権利義務を承継させました。

【新設分割後の経営会社】株式会社伊豆下田カントリークラブ