• ホーム
  • ゴルフショップ
  • ゴルフ場予約
  • ニュース
  • スコアアップ
  • ゴルフスタイル
  • コミュニティ
  • MY GDO
  • サービス紹介
  • ヘルプ
  • サイトマップ
GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
スコアアップ
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

最新ギア情報やゴルフがうまくなるレッスンが満載。ゴルフ場・練習場のクチコミも!


人間試打マシーン!マーク金井の試打インプレッション 2009.2.17

最新ゴルフクラブからプロのクラブまで

人間試打マシーン!マーク金井の試打インプレッション テスター/マーク金井 マーク金井


テーラーメイド バーナー & バーナーTPドライバー 2009モデル


プロ、アマチュア問わず絶大な人気を誇るバーナーシリーズ。今回2009年モデルの2機種を調査すべく、マーク金井が徹底試打を行った。


■バーナードライバー 2009モデル
試打スペック

ロフト:9.5度、シャフト:RE*AX SUPERFAST(R)

クラブ特性@マーク指数
TOTAL:34.0POINT

■バーナーTPドライバー 2009モデル
試打スペック

ロフト:9.5度、シャフト:REAX TP 65(S)

クラブ特性@マーク指数
TOTAL:32.0POINT

構えてみると?(ルックスは)
構えてみると、ノーマルはややフック、TPはオープンに仕上がっている。

構えてみると、ノーマルはややフック、TPはオープンに仕上がっている。>>拡大写真

クラウン部分の編み目模様が復活した「バーナー 2009年モデル」。前作は丸いオーソドックスなヘッド形状だったが、今回は他のテーラーメイド同様、ヘッド形状はエッジが効いた三角形。体積は460CC。そして、ヘッド外周部分にはクルマのスポイラーのようなフィンがバリッと張り出している。これにより投影面積が大きいのに、視覚的には引き締まってみえるのだ。

フェースとバックフェースも特徴的だ。フェースはかなりディープ。ノーマルのバーナーは約61ミリで、バーナーTPが約62.5ミリ。バックフェースは反対に超シャロー。どちらも極限まで薄くなっている。この形状(重量配分)を考えると、両モデルとも低重心をかなり意識してる意図が窺える。

ちなみにヘッドの外観は、見た目ではほとんど変わらない。ノーマルとTPの違いを識別できるのは、クラウンマークとトウ側にロゴが有る無しぐらい。ノーマルのバーナーのクラウンマークはバーナーのロゴが入り、TPにはTPのロゴが。そしてTPのみ、トウ側にチェッカーフラッグをあしらったTPのロゴが入る。

リアルロフト、フェース角、そしてシャフトのスペックはノーマルとTPとで大きくことなる。ノーマル仕様のバーナーはリアルロフトがやや多めでフックフェース。シャフトもかなり軟らかめ。対してバーナーTPはかなりハード。リアルロフトはそう多くなく、フェースの向きはオープン。シャフトはかなり硬めの設定となっている。

デザインがガラッと変わった「バーナー 2009年モデル」。形状的には低スピンで飛距離を稼げそうだが、実際はどうなのか?両モデルの違いはどうなのかもじっくりテストしてみたいと思う。

ビギナーのための用語解説はこちら>>



 

バックナンバー

最新ゴルフクラブからプロのクラブまで

年別 :
最新記事 :

インデックス

最新ゴルフクラブからプロのクラブまで

ギア&アイテム