最新号
ゴルフコースマネジメント&メンテナンスマガジン「ゴルフ場セミナー」。ゴルフ場の構造改革指針はもちろん、集客、収益、そして預託金問題など、現場第一主義の編集を心がけています。コース管理に関しても、海外も含めた最新情報、グリーンキーパーに役立つ企画を満載。ゴルフ場運営体制をどう考えればいいのか。厳しい競争を勝ち抜くためのゴルフ場経営、運営、管理のコンサルティングマガジンです。

2018年6月号の主な内容

  • クラブハウス探訪
    日本全国のクラブハウスを巡り、その魅力を紹介

    シンプルな動線と
    街中のカフェを意識

    ベルビュー長尾ゴルフ倶楽部(静岡県・18H)

    スループレーの導入やドレスコードの撤廃など、2年前に運営方針を大転換。それに合わせて、クラブハウスも「コンパクト&バリアフリー」をテーマにリニューアルした。

    »
  • コースリポート
    接客術やアイデア企画など、運営の工夫に密着

    部署間の垣根を取り払って
    内部の充実を図りサービス向上を

    古賀ゴルフ・クラブ(福岡県)

    将来に向けて安定的な経営を持続するためには、集客などの外部への営業政策だけでなく、内部の充実も不可欠。それは、名門と言われるゴルフ場でも例外ではない。

  • グルメレストラン
    人気メニューの紹介と満足度アップの工夫に迫る

    メンバーの嗜好を把握し
    「いつもの」の声に対応

    さくらカントリークラブ(岐阜県)

    メンバーの要望や意見を取入れながら、シニア層に喜んでいただける料理の提供を心がけている。

  • メンテの話題
    コース管理に関する最新の話題と技術情報

    新方式散水管敷設工事

    長尺パイプを
    牽引して敷設

    コース管理の大事なインフラの1つは、スプリンクラー。酷暑の続くなか、ターフを維持するための灌水作業は、労務管理面にも大きく影響を与える。その敷設に際し新工法が登場した。

  • 統計データ
    ゴルフ場の〝いま〟を多角的に分析

    年会費

    個人正会員の平均
    3万8123円

    長引く不況や施設の老朽化などから、年会費を改訂、あるいは検討するゴルフ場が増えている。そこで現状がどうなっているのか、13年ぶりに調査した。

定期購読のご案内

ゴルフの好きな皆様に便利な定期購読をご紹介

ゴルフ場セミナーは書店では販売していません!
お電話かメールでお申し込み下さい。
毎月(20日発売)郵送でお届けします!

■年間購読料(税・送料込)
 1部講読の場合 34,560円
 2部講読の場合 49,680円
 3部講読の場合 54,000円

●お電話 03-3438-2611
●メール seminar@golf-digest.co.jp

〒105-0004
東京都港区新橋6-14-5 SW新橋ビル3階
ゴルフ場関連事業部(セミナー編集部/セミナー広告部)