2016年最新号
ゴルフコースマネジメント&メンテナンスマガジン「ゴルフ場セミナー」。ゴルフ場の構造改革指針はもちろん、集客、収益、そして預託金問題など、現場第一主義の編集を心がけています。コース管理に関しても、海外も含めた最新情報、グリーンキーパーに役立つ企画を満載。ゴルフ場運営体制をどう考えればいいのか。厳しい競争を勝ち抜くためのゴルフ場経営、運営、管理のコンサルティングマガジンです。

2016年8月号の主な内容

  • クラブハウス探訪
    日本全国のクラブハウスを巡り、魅力を紹介

    快適な空間を確保しつつ
    環境と機能性の両立を図る

    古賀ゴルフ・クラブ(福岡県・18H)

    現代のゴルフ場にとって、周辺環境と実用性を第一義とし、他が見本とするデザイン・構造こそ、リーダーコースの矜持だろう。

    »
  • コースリポート
    接客術やアイデア企画など、運営の工夫に密着

    厳しい環境下
    生き残りを賭して企画・施策を

    福島石川カントリークラブ(福島県)

    1つ、ふたつと、閉鎖を余儀なくされる県内ゴルフ場。東日本大震災の年に経営交代したが、その逆境をはね返している。

  • グルメレストラン
    人気メニューの紹介と満足度アップの工夫に迫る

    首都圏からの来場を意識し
    〝軽井沢らしさ〟を演出

    軽井沢高原ゴルフ俱楽部(群馬県)

    首都圏からの宿泊ゴルフも多いため、昼食・夕食ともに地元食材を使って〝軽井沢らしさ〟を演出。質の高いサービスと両面で好評を博している。

  • メンテの話題
    コース管理に関する最新の話題と技術情報

    バンカーの排水改善

    雨水の貯留
    能力を高める

    低コストで、手軽にできるバンカーの排水改善は、多くのグリーンキーパーが望んでいるに違いない。鎌ヶ谷CCの工法は、その答えの1つかもしれない。

  • 統計データ
    ゴルフ場の〝いま〟を多角的に分析

    営業時間

    開館から閉館まで
    土日祝は12時間超

    5月時点のクラブハウスの開閉時間を中心に、トップスタートやフロントとレストランの営業開始時間を3年ぶりに調査した。

定期購読のご案内

ゴルフの好きな皆様に便利な定期購読をご紹介

ゴルフ場セミナーは書店では販売していません!
お電話かメールでお申し込み下さい。
毎月(20日発売)郵送でお届けします!

■年間購読料(税・送料込)
 1部講読の場合 34,560円
 2部講読の場合 49,680円
 3部講読の場合 54,000円

●お電話 03-3438-2611
●メール seminar@golf-digest.co.jp

〒105-0004
東京都港区新橋6-14-5 SW新橋ビル3階
ゴルフ場関連事業部(セミナー編集部/セミナー広告部)