ニクラスがタイガーを援護射撃で影響は?
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2018/09/25号
2018/09/19更新

ニクラスがタイガーを
援護射撃で影響は?

  前号でも紹介したが、新聞記者にトランプ大統領との関係を尋ねられたタイガーの態度をジャック・ニクラスが称賛した。

 タイガーは質問に答える際、トランプ大統領の政策や人種や移民問題には触れず、批判も肯定もせずに「大統領の職には敬意を払わなければならない」とコメント。「もうハラペコだよ」と、その話題を打ち切った。

 そうした態度について、ニクラスは「タイガーに心から賛同する。大統領がバラク・オバマであろうとドナルド・トランプであろうと、その職に対して敬意を払うべき。私の政治観は、ほかの人の政治観とは異なるのかもしれないが、それによって違いが生まれるわけではない。大統領という職は、世界で最も偉大な国のトップであるということなんだ。私はタイガーが言ったことが非常に適切だったと思う」と語った。

 チームスポーツのトップアスリートとは違い、プロゴルファーはいわば個人事業主で“敵"を作るわけにはいかない。そうした意味では、ニクラスもタイガーの立場をよくわかっているのだろう。ただ、ニクラスがわざわざこんな発言をするのも、トランプ大統領自身が「嘘っぱちのニュースメディアが、タイガーに言いたくないことを語らせようとしている。タイガーはその手には乗らない。彼は非常に頭がいい」と、毎度おなじみのツイート作戦をしたから。

 たしかに、トーナメント最終日のプレスインタビューで、優勝争いに加わっていなかったタイガーに政治的な質問をする記者もどうかしているが、ゴルフ界の重鎮、ニクラスがタイガーを援護したことで、トーナメントに直接関連したこと以外のことは答えなくていい、というような風潮にもつながるかもしれない。

  
【関連記事】こちらも注目です!
2017/04/17 タイガー不在のマスターズ。ファンがっかり、ニクラス困惑
2012/06/18 36歳タイガーニクラスの目の前で73勝達成!

一覧へ戻る


バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1セルフでホールインワン!でも保険金が下りるには、もう1つのラッキーが必要 2連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 3男性ゴルファーのショートパンツとレギンスの重ね着、抵抗アリ? ナシ? 4大量の汗でズボンがびっしょり…解決策は“3枚重ね着” 5カートに逃げるのは×。ゴルフ場でゲリラ雷雨に遭遇したら…… 6腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい? 7スピース撃沈!ベン・ホーガンのクラブを打ってみたら 8タイガー4度目の手術、メディアの反応に変化が 9HC5未満なら250ヤード以上!飛距離データ発表 10池田勇太は手袋忘れて素手プレー。プロたちのグローブ事情
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト