ファインダーのぞいてびっくりの距離計登場
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2018/07/03号
2018/07/06更新

ファインダーのぞいてびっくりの
距離計登場

  神奈川県の「県民ゴルフデー」の受付が始まっている。有名コースをプレーできるチャンスだ。

ガーミンの「アプローチ Z80」を覗くと画面はこんな感じ

 ゴルフに使う距離計といえば、レーザー式とGPS式が主流だが、その2つを兼ね備えた距離計が登場した。ガーミンジャパンから5月31日に発売になった「アプローチ Z80」だ。

 見た目は、よくあるレーザー距離計、しかしファインダーを覗くと、画面左端にコースマップが表示される。マップでは池やバンカーまでの距離がわかり、画面下には、グリーンまでの距離がエッジ、センター、奥の3カ所表示される。これらはいずれもGPS式で計測された距離だ。これに加えて、ピンまでの距離をレーザー式で測定できる。

 コースマップは、全世界で約4万1000コースを収録しており、気になる電池の持ちは約15時間。

 これまで、GPS式はピンまでの距離の精度の低さ、レーザー式は目標にレーザーを当てないと測定できないなど、それぞれに一長一短があったが、そうした弱点を補う意味でも活躍してくれそうだ。

 同じ時期、ニコンからもレーザー距離計「クールショット プロスタビライズド」が発売になった。こちらは以前から定評のあった手ブレ防止機能を搭載し、約170gと軽量になったモデルで、高低差表示機能をオフにすると、外からでもわかるようになった。

 これは、来年から施行されるゴルフルールの大幅改正によって、距離測定機能のみの使用がルール上、認められるようになることに対応したものだ。今まで以上に距離計のニーズが高まるかも?

 
【関連記事】こちらも注目です!
2016/10/24 手ブレ補正も!距離計の機能はここまできた
2009/07/16 GPS機能付き機器の参入で戦国時代迎える最新距離測定機器の戦い

一覧へ戻る


バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 2国内女子で来季導入のリランキングってなに? 3大量の汗でズボンがびっしょり…解決策は“3枚重ね着” 4セルフでホールインワン!でも保険金が下りるには、もう1つのラッキーが必要 5スピース撃沈!ベン・ホーガンのクラブを打ってみたら 6男性ゴルファーのショートパンツとレギンスの重ね着、抵抗アリ? ナシ? 8(2014年)超軽量ドライバーはやっぱり振りやすい? 7女子プロテスト年齢引き下げで何が起きる? 9記録的豪雨でゴルフ場のクローズ……復旧は急ピッチ 10腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい?
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト