レディーたちごめんなさい。ファウラー、美女と婚約
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2018/07/03号
2018/07/06更新

レディーたちごめんなさい。
ファウラー、美女と婚約

  プロゴルフ界で唯一(?)、試合開場で黄色い歓声が飛ぶリッキー・ファウラーが婚約。自身のインスタグラムで明かした。

 去る6月8日ファウラーは誰もいないビーチにひざまずき最愛の人に指輪を掲げる「Will you marry me」ポーズの写真をインスタにアップ。「今日はナショナルベストフレンドデー。彼女を射止めるぜ。ワオ!」と綴っている。

 お相手は昨年から交際しているアリソン・ストーキーさん29歳。カリフォルニア出身の棒高跳びの選手でスタイル抜群の美女。ファウラーのインスタにストーキーさんもインスタ返し。文字から絶叫を伺わせる激しい「Yes!!!!!」

 で応酬した。ファウラーのファンから泣き顔マーク付きの"悲鳴コメント"が上がりながらも、おおむね祝福ムード。35万件以上「いいね!」された。

 かなり遠くから撮影されているプロポーズ写真。誰が撮ったのかと思いきや、じつは親友のジャスティン・トーマスだったことが判明した。

 「レディーたち、ごめんなさい。リッキーが婚約しました。大好きな2人の親友におめでとう!」とインスタに投稿。「ナショナルベストフレンドデーに親友と過ごせて最高。ここにジリアン(彼女)がいないのが寂しいけど」と綴った自撮り写真には、カップルの後ろに立つトーマスの姿がバッチリ映っていた。ちなみに撮影場所がニューヨークのサウサンプトンであることも彼のインスタで明らかになった。

 ファウラーは今年のマスターズで勝ったパトリック・リードに1打差の2位。パー3コンテストでキャディを務めたストーキーさんは「彼の横にいられるなんてとても光栄」と2ショット写真をアップしていた。

 この号が発売されるころにはすでに結果が出ているが、ファウラーが全米オープンでメジャー初優勝なんてことになったらストーキーさんはリアル勝利の女神? 結婚式の招待状を出した後に破局したマキロイとウォズニアッキの一件のことなど考えず、ウェディングロードとウィニングロードを突っ走ってほしい。

 
【関連記事】こちらも注目です!
2016/01/26 ハイカットとジョグパンツ。ファウラースタイルが話題に
2014/08/05 2位コレクター ファウラーは記憶に残る男

一覧へ戻る


バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1セルフでホールインワン!でも保険金が下りるには、もう1つのラッキーが必要 2連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 3男性ゴルファーのショートパンツとレギンスの重ね着、抵抗アリ? ナシ? 4大量の汗でズボンがびっしょり…解決策は“3枚重ね着” 5カートに逃げるのは×。ゴルフ場でゲリラ雷雨に遭遇したら…… 6腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい? 7スピース撃沈!ベン・ホーガンのクラブを打ってみたら 8タイガー4度目の手術、メディアの反応に変化が 9HC5未満なら250ヤード以上!飛距離データ発表 10池田勇太は手袋忘れて素手プレー。プロたちのグローブ事情
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト