タイガーのバッグからとうとうあのブランドが消える
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2018/07/03号
2018/07/06更新

タイガーのバッグからとうとう
あのブランドが消える

  全米オープンを前にタイガー・ウッズのバッグからついに"ナイキ勢"が消えた。

 最後まで残っていたナイキのVRウェッジがテーラーメイドのウェッジに切り替わったのだ。先のメモリアル選手権で、タイガーのバッグに入っていたのは、テーラーメイドのミルド・グラインドの56度と60度の2本のウェッジ。テーラーメイドの商品開発部長のポール・デムコフスキー氏によれば「タイガーのウェッジは、非常に個性的でユニークなものだ。これまで使用していたウェッジを彼がどのように感じていたかを考慮しながら新しいウェッジを作るのには苦労した。新しいウェッジは、ヒールが重く、60度のウェッジには10・5度のバウンスがつけられている」という。仕上げにはメッキなどが施されておらず、メモリアルで使用していたウェッジは、わずかに錆も浮かび、すでに相当使い込まれていたようだった。

 タイガーは、昨年末に復帰後、スウィングを若干修正してきており、その"新スウィング"でも、かつてのフィーリングが出せるように、テーラーメイドは苦労していたようだ。マスターズの後にタイガーは「TWフェーズ1アイアン」を使い始め、今回さらに新しいウェッジをバッグに入れたのだ。復帰直後、元コーチのハンク・ヘイニーがタイガーのプレーについて「ショートゲームに問題あり」と指摘していた。そんなこともあり、とくにウェッジには、タイガーもテーラーメイドも気を使っていたのだろう。テーラーメイドのM3ドライバー、3番、5番ウッド、RSi TP UDIの2番アイアンを含め、これでパターのスコッティキャメロン ニューポート2を除いて、すべてテーラーメイドのクラブで揃えたことになる(ちなみにボールは、知っての通りブリヂストン・ツアーB xs)。

 問題が指摘されていたタイガーのショートゲームに関しても、ツアーの「SGアラウンドザグリーン」のデータでは全選手中5位にまでなっており、復活の1勝もいよいよ近そうな気もするが……。

 
【関連記事】こちらも注目です!
2002年 ウッズが初めてナイキのクラブを使用も「まだテスト段階」で市販モデルとは別物
2007/12/26 松坂大輔の10倍を軽く超えるタイガー、新契約金のすごい中身に

一覧へ戻る


バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1セルフでホールインワン!でも保険金が下りるには、もう1つのラッキーが必要 2連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 3男性ゴルファーのショートパンツとレギンスの重ね着、抵抗アリ? ナシ? 4大量の汗でズボンがびっしょり…解決策は“3枚重ね着” 5カートに逃げるのは×。ゴルフ場でゲリラ雷雨に遭遇したら…… 6腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい? 7スピース撃沈!ベン・ホーガンのクラブを打ってみたら 8タイガー4度目の手術、メディアの反応に変化が 9HC5未満なら250ヤード以上!飛距離データ発表 10池田勇太は手袋忘れて素手プレー。プロたちのグローブ事情
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト