40年前に話題になった「曲がらない」ボールとは
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2018/02/06号
2018/01/31更新

40年前に話題になった
「曲がらない」ボールとは

 40年ほど前に話題になったボール「ポララ」の話題がいまになって再浮上している。なぜ?

 ディンプルが均一でなく、向きさえ合わせれば「曲がらない」「ストレートな打球が出る」とうたわれたボール。発売当時、USGAと裁判で争い、公認球と認めない代わりに140万ドルを勝ち取ったことが大きな話題となった。米ビジネス誌によれば、そのポララを扱うエアロXゴルフ社が再建を目指しての破産申請を行った。

 ポララボールは、ブランド名を維持したまま、オリジナルのデザインの権利がいくつかの会社に売られ、現在のエアロX社が性能向上を図り、2010年に「ポララ・アルティメート・ストレート」と「エクストラディスタンス」を販売し始めた。販売開始当初は、注文が殺到して同社のネットサーバーがダウンするほどだったが、広告戦略の失敗もあって人気は急落。資産が100万ドルに対して、負債が300万ドルという状況に追い込まれてしまった。

 その負債のなかには、2011年から13年に会社のトップを務めた人物への130万ドルの支払いを裁判所から命じられているものも含まれているようで、内輪もめもアリ。ネット上での販売を差し止められていることから、販売を再開できるようにと今回の破産申請になった。「曲がらない」といっても、実際は曲がりを50%抑えられるというデータがあるということだが、さて、再販への道やいかに。

 
【関連記事】こちらも注目です!
2015/03/31 曲げたくても曲がらないドライバーが今年の流行り?
2017/03/05 飛んで曲がらない!?デーリーが使う縦溝ドライバー
2015/04/07 “硬いより軟らかい”ソフトボールが「飛ぶ」と人気?

一覧へ戻る


バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1セルフでホールインワン!でも保険金が下りるには、もう1つのラッキーが必要 2連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 3男性ゴルファーのショートパンツとレギンスの重ね着、抵抗アリ? ナシ? 4大量の汗でズボンがびっしょり…解決策は“3枚重ね着” 5カートに逃げるのは×。ゴルフ場でゲリラ雷雨に遭遇したら…… 6腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい? 7スピース撃沈!ベン・ホーガンのクラブを打ってみたら 8タイガー4度目の手術、メディアの反応に変化が 9HC5未満なら250ヤード以上!飛距離データ発表 10池田勇太は手袋忘れて素手プレー。プロたちのグローブ事情
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト