欧州ツアーの6Hマッチプレー、若者中心に好評。潮流になるか
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2018/02/06号
2018/01/31更新

欧州ツアーの6Hマッチプレー
若者中心に好評。潮流になるか

 昨年、欧州ツアーで初開催された「ゴルフシックス」。6ホールのマッチプレー方式なのだが、今年の5月にはさらにバージョンアップして実施されることになった。プロの試合の新しい潮流になるのだろうか?

 昨年の「ゴルフシックス」は、ある意味"テストケース"として開催されたが、調査によると初めて観戦したというファンの人数は42%多く、ほかの試合より若者が14%多く観戦したという。SNSでの反応も24%増で、トータルで2000万人が「ゴルフシックス」に関心を寄せたという。

 欧州ツアーのマーケティング担当のトップであるネーサン・ホーマー氏は「ゴルフには、若いファンや大人たちのグループ、あるいは家族が関心を持つような道筋を作る必要があるし、ゴルフシックスがこうした観客や視聴者の興味を引いていることがわかった」と自信をのぞかせる。

 さらに、「魅力を高めるには、斬新なものであり続けなければならない」と新チャレンジ宣言。今年は昨年同様、16カ国による6ホールの国別チーム対抗マッチプレーが32人のプロによって争われるが、一方で、試合会場の真ん中にファンゾーンを設けたり、ジュニアトーナメントを開催したりと「フェスティバル・オブ・ゴルフ」というコンセプトでギャラリーを迎えるという新しい取り組みも発表した。

 また、パリで今秋開催されるライダーカップでも、会場で「ゴルフシックス」について紹介するという。パリといえば、東京の後に2024年のオリンピックが開催される都市。あるいは、6ホールの国別チーム対抗のマッチプレーというゴルフシックスのコンセプトをパリ五輪の開催を視野に入れて、アピールするつもりなのかもしれない。

 
【関連記事】こちらも注目です!
2017/12/23 6Hでもいいじゃない!欧州ツアーが〞時短推奨

一覧へ戻る


バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 2国内女子で来季導入のリランキングってなに? 3大量の汗でズボンがびっしょり…解決策は“3枚重ね着” 4セルフでホールインワン!でも保険金が下りるには、もう1つのラッキーが必要 5スピース撃沈!ベン・ホーガンのクラブを打ってみたら 6男性ゴルファーのショートパンツとレギンスの重ね着、抵抗アリ? ナシ? 8(2014年)超軽量ドライバーはやっぱり振りやすい? 7女子プロテスト年齢引き下げで何が起きる? 9記録的豪雨でゴルフ場のクローズ……復旧は急ピッチ 10腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい?
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト