素人から「うまいね」と声をかけられた豪のプロとは
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2018/03/13号
2018/03/12更新

素人から「うまいね」と
声をかけられた豪のプロとは

 米ツアー3勝のマーク・レイシュマン(34)が年末にこっそり(?)勝利を挙げていたという。

先のセントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズで、2日目までトップに立っていたレイシュマン。気分が良かったのか、自らこの"1勝"について明かした。もちろん舞台は米ツアーではなく、「トップゴルフ」というアメリカで大流行中の練習場。人気の理由はゴルフボールにコンピューターチップを埋め込んで、狙ったターゲットにボールを落として得点を争うという遊び感覚を取り入れている点。ティのすぐ後ろで飲食もでき、初心者を含めた家族連れやコンペなどの利用が多いという。

そのトップゴルフを年末、遊び半分で訪れたというレイシュマン。「受付のところにリーダーボードがあるなんて知らなかった。私は本当にすごいスコアを出していたんだ。気がつくと、周りにいた皆が振り返って、ビールで乾杯さ。とにかく楽しかったよ」という。

ゲームセンターで高いスコアを出すと名前が出るものがあるが、レイシュマンは本名を登録して参加していたというからびっくり。ただ、隣の打席で打っていたゴルファーから「君はクラブを使うのがかなり上手いね」と話しかけられたというから、オーストラリア人のレイシュマンのアメリカでの知名度はまだまだなのかも?

ちなみに2日目までトップだったセントリーでは、3日目に76を叩いて、結果は7位タイ。レイシュマンは、昨年の米ツアー2勝を含め、過去10年で3勝しているが、その間、2位が5回に3位が5回、トップ10入りは34回。どうやら優勝争いのプレッシャーに弱いようだ。トップゴルフのように、リラックスしてプレーできるといいのだが……。

 
【関連記事】こちらも注目です!
2013/09/17 金属よりカーボンがいいスーパーカーの車体でクラブを作ったメーカー
2005/04/27 ICチップ内臓ボールでスコアを競う英国発、練習場で楽しむ「ゴルフゲーム」

一覧へ戻る


バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1セルフでホールインワン!でも保険金が下りるには、もう1つのラッキーが必要 2連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 3男性ゴルファーのショートパンツとレギンスの重ね着、抵抗アリ? ナシ? 4大量の汗でズボンがびっしょり…解決策は“3枚重ね着” 5カートに逃げるのは×。ゴルフ場でゲリラ雷雨に遭遇したら…… 6腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい? 7スピース撃沈!ベン・ホーガンのクラブを打ってみたら 8タイガー4度目の手術、メディアの反応に変化が 9HC5未満なら250ヤード以上!飛距離データ発表 10池田勇太は手袋忘れて素手プレー。プロたちのグローブ事情
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト