トッププロの契約変更。ガルシア、シャウフェレらぞくぞくと
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2018/03/13号
2018/03/12更新

トッププロの契約変更。
ガルシア、シャウフェレらぞくぞくと

 年明け早々、立て続けにニューモデルを発表した、目下業績好調のキャロウェイが、選手契約でもこれまでにない攻めの姿勢を見せている。

ガルシア、シャウフェレともにウェアはアディダスを継続

日本がまだ正月休みの2日、キャロウェイは昨年のマスターズ王者のセルヒオ・ガルシアと、翌3日には同米ツアー最優秀新人のザンダー・シャウフェレと用具契約(クラブ、パター、ボールまで)を結んだことを発表した。

ガルシアに関しては昨年8月から、バッグの中に同社のクラブやパターが見られ、いずれ正式契約するだろうと見られていた。

「さまざまなブランドをテストしてみた結果、キャロウェイのテクノロジーと革新性が自分のゴルフを極限まで高め、ベストのパフォーマンスを引き出してくれると確信した」とコメントしたガルシア。彼が同社の用具を手にプレーする姿は、今週開催の日本・アジア共催競技のシンガポールオープンで初披露される。

一方、欧米のメディアも驚いたのが、シャウフェレとの契約だ。彼は11月中旬のダンロップフェニックスまで、前契約のテーラーメイドの用具類でプレー。2位の好成績を収めている。それからわずか1カ月余りで、ボールまでフル変更を決断するとは……。

さらにその翌日、今度は昨年のプレーヤーズ選手権優勝のキム・シウー。そして、昨年米ツアーで初優勝を遂げたハドソン・スワフォードと用具契約を発表。

加えて、先週は欧州とアジアの対抗戦「ユーラシアカップ」開催を前に、それに出場するアニルバン・ラヒリ(インド)との契約を発表した。

いずれも実績のあるプレーヤーで、契約金総額はかなりの額に達すると思われる。

この勢いからすると、米ツアーが本土開催となる今週以降も追加の発表があるかも。今季のキャロウェイからはしばらく目が離せない。

 
【関連記事】こちらも注目です!
2010/10/25 金属よりカーボンがいいスーパーカーの車体でクラブを作ったメーカー
2004年 ミケルソン、契約先をキャロウェイに鞍替えシーズン中の変更で最優秀選手は諦めた?
2013/01/21 マクロイは10年200億高騰するプロの契約金

一覧へ戻る


バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1セルフでホールインワン!でも保険金が下りるには、もう1つのラッキーが必要 2連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 3男性ゴルファーのショートパンツとレギンスの重ね着、抵抗アリ? ナシ? 4大量の汗でズボンがびっしょり…解決策は“3枚重ね着” 5カートに逃げるのは×。ゴルフ場でゲリラ雷雨に遭遇したら…… 6腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい? 7スピース撃沈!ベン・ホーガンのクラブを打ってみたら 8タイガー4度目の手術、メディアの反応に変化が 9HC5未満なら250ヤード以上!飛距離データ発表 10池田勇太は手袋忘れて素手プレー。プロたちのグローブ事情
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト