出場発表。1月も2月もタイガーが見られるぞ!
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2018/03/13号
2018/03/12更新

出場発表。
1月も2月もタイガーが見られるぞ!

 タイガー・ウッズが米ツアーに"本格復帰"する。

タイガーは「南カリフォルニアでシーズンをスタートさせることに興奮している」と、今月25日から始まるファーマーズ・インシュアランスと来月2月12日からのジェネシスオープンに参戦することを発表。

ファーマーズ開催コースのトーリーパインズは、タイガーがメジャー14勝目、最後のメジャーを獲得した08年の全米オープンを含め、米ツアー8勝を挙げている相性の良いコース。ジェネシスオープンのリビエラCCは、26年前にアマチュアのタイガーが初めて米ツアーでプレーしたコースで、"再出発"にふさわしいともいえる。

一方、年末にはコーチ、クリス・コモとの関係解消も発表。「手術以降、体とスウィングを再び取り戻すために懸命に練習してきた。今の自分にとって、引き続き自分自身でやることがベストだと考えた」という。当のコモは今年もコーチを続けるつもりだったようで、今回の"お別れ"はかなり突然のことだったよう。「よほど自信があるのでは」「今年を最後のチャンスと考え、自分を追い込んでいるのでは」などとさまざまな推論がメディアをにぎわせた。

あるラスベガスのブックメーカーによると、タイガーがファーマーズで優勝する掛け率は、1月初旬時点で20倍。3年前のこの試合では50倍だったのだから、ファンがタイガーに寄せる期待の大きさがわかる。

満を持しての2試合。1月、2月はタイガーにますます注目。

 
【関連記事】こちらも注目です!
2017/05/15 タイガー4度目の手術、メディアの反応に変化が
2017/02/28 復活はある!?内藤雄士が分析するタイガーのいま
2017/12/25 復帰ではなく復活だ!米メディア、タイガーに好意的

一覧へ戻る


バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1(2014年)左手親指痛に悩む松山英樹もJ・デイもテンフィンガーを試してみては? 2(2015年)曲げたくても曲がらないドライバーが今年の流行り? 3イギリスで売れに売れた韓国ボールとは……? 4番組企画でQT出場。106叩きで議論に…… 5連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 6番組企画でQT出場。106叩きで議論に…… 7スコア改ざんで出場停止10年、男子下部ツアー 8(2014年)超軽量ドライバーはやっぱり振りやすい? 9(2015年)偽物注意報発令?ゴルフクラブのコピーが急増中 10腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい?
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト