新人王候補、米メディア太鼓判のコ・ジンヨン
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2018/01/02号
2017/12/28更新

新人王候補
米メディア太鼓判のコ・ジンヨン

 一人の韓国人女子ゴルファーが米国で関心を集めている。コ・ジンヨンがその人だ。

 来季から米ツアーに本格参戦する22歳は、米LPGA広報担当ディレクターも、「非常に特別な新人選手」と評価。米メディアのゴルフチャンネルも「来年の新人王の有力候補」と紹介しているほどだ。

 そもそもコ・ジンヨンは、韓国ゴルフ界では名の知れたエリートだ。"国内最高のコーチ"とも呼ばれるコ・ドクホ氏の指導のもと、アマチュア時代には数々のタイトルを獲得。10~12年には、国家代表にも選ばれている。

 13年のプロ転向後は、時にアンチファンからスコア改ざん疑惑やマナーの悪さを指摘されたこともあったが、16 年には1シーズンの賞金総額が10億ウォン(約1億円)を突破。キム・ヒョージュ、パク・ソンヒョンに次いで史上3人目となる快挙を成し遂げ、年間MVPの位置づけに近いKLPGAバレンタイン大賞も受賞した。

 15年から3年連続でKLPGA広報モデルにも選ばれている彼女は、今季も国内ツアー2勝を挙げて国内通算勝利数を9に伸ばし、12月の4大ツアー対抗戦、ザ・クイーンズにも出場。まさに韓国女子ゴルフ界を牽引する存在といえるが、特筆すべきは今年10月、米ツアーのKEBハナバンク選手権で優勝したことだろう。現世界ランキング1位のパク・ソンヒョンでさえ、シード権獲得前の優勝は達成していないだけに、来季の活躍には期待がかかる。

 コ・ジンヨン自身も意気込んでいる。

 「ルーキーである以上、新人王は目標ではあります。とはいえ、タイトルに欲を出すと集中すべきことがおろそかになるので、自分のゴルフの完成度を高めることに最善を尽くしたいです」

 

一覧へ戻る


バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1(2014年)左手親指痛に悩む松山英樹もJ・デイもテンフィンガーを試してみては? 2(2015年)曲げたくても曲がらないドライバーが今年の流行り? 3イギリスで売れに売れた韓国ボールとは……? 4番組企画でQT出場。106叩きで議論に…… 5連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 6番組企画でQT出場。106叩きで議論に…… 7スコア改ざんで出場停止10年、男子下部ツアー 8(2014年)超軽量ドライバーはやっぱり振りやすい? 9(2015年)偽物注意報発令?ゴルフクラブのコピーが急増中 10腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい?
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト