ラストゴルフをリッキーと。Vの裏のストーリー
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2018/01/02号
2017/12/28更新

ラストゴルフをリッキーと。
Vの裏のストーリー

 タイガー・ウッズの復帰戦となった「ヒーロー・ワールドチャレンジ」は、最終日に快進撃を見せたリッキー・ファウラーの逆転優勝で幕を閉じたが、その裏にはリッキーの心温まる話があった。

 日ごろからファンを大切にし、チャリティ活動にも熱心なリッキーだが、12月8日、自身のインスタグラムで、オフの間にあった話を初めて公にした。

 そこには色の白い初老の男性と肩を組むリッキーの姿があり、次のようなコメントが書かれていた。

 「38日前、僕はアトランタに飛び、すい臓がんとたたかう男性とゴルフをした。それが、彼にとって喜びに満ちたラウンドであったことを願う。僕には、それ以上のことだった。すべてが素晴らしかった。僕らは同じカートに乗って、何度も大笑いした。僕はあの日のことを一生忘れない。

 11日前、タイガーのトーナメントが始まる前の日曜日、彼は帰らぬ人となった。彼が人生最後の日々の一日を、僕と過ごしてくれたことに感謝する。ありがとう! レイエス博士。先週の勝利をあなたに捧げます。やすらかにお眠りください」

 末期のすい臓がんにおかされながら、リッキーとのゴルフを楽しんだのはジョージア州に住むヘルマン・レイエスさん(享年69。ドクターの肩書が付されている)。レイエスさんは人生の最後にリッキーとのゴルフプレーを希望していた。それがどういう経緯でリッキーに伝わったかは不明だが、ツアーでも屈指の心優しいリッキーがその声に応えたものだ。

 そして、レイエスさんが他界した次の日曜日、彼は61というコースレコードをマークして逆転優勝! レイエスさんに勝利を捧げたいという、リッキーの熱い思いの産物だったのだろう。

 リッキー・ファウラー。身も心も、いい男だ。

 
【関連記事】こちらも注目です!
2017/12/25 ハイテクドライバー駆使してファウラーV
2011/06/27 歌って! 踊って! 笑わせろ! バッバ、ファウラーらがバンド結成。その名は「ゴルフボーイズ」
2013/10/01 ファウラー大活躍!ゴルフの話じゃないですが……

一覧へ戻る


バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 2国内女子で来季導入のリランキングってなに? 3大量の汗でズボンがびっしょり…解決策は“3枚重ね着” 4セルフでホールインワン!でも保険金が下りるには、もう1つのラッキーが必要 5スピース撃沈!ベン・ホーガンのクラブを打ってみたら 6男性ゴルファーのショートパンツとレギンスの重ね着、抵抗アリ? ナシ? 8(2014年)超軽量ドライバーはやっぱり振りやすい? 7女子プロテスト年齢引き下げで何が起きる? 9記録的豪雨でゴルフ場のクローズ……復旧は急ピッチ 10腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい?
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト