今後は視聴者の指摘受けません!“レクシールール”新年から発動
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2018/01/02号
2017/12/28更新

今後は視聴者の指摘受けません!
“レクシールール”新年から発動

 これは後年「レクシールール」と呼ばれることになるのだろうか。USGAとR&Aは、来年1月1日から、トーナメントにおけるテレビ視聴者からのルール違反の指摘を受け付けないと発表した。

 「視聴者が見ていることは、私たちも見ている。私たちは試合を運営する自信があり、視聴者には世界のベストプレーヤーを見るのを楽しんでもらいたい。ロープの内側の選手とオフィシャルの間のルールの取り扱いについては私たちに任せてほしい」と語ったのは、USGAのゴルフルールの筆頭ディレクター、トーマス・ページェル氏だ。

 覚えている向きも多いだろうが、 今年の4月、米女子メジャーのANAインスピレーション3日目、レクシー・トンプソンがグリーン上で、ボールのリプレースの場所をわずかに間違えたが、これをテレビ視聴者が指摘。ただ、これが明らかになったのが、トンプソンがその日のスコアカードを提出した後で、スコア誤記の2ペナが加わって合計4打罰。メジャー勝利を逃す"事件"が起こっていた。

 テレビに映され、視聴者に監視(?)されるのは、人気のあるプレーヤーや試合の上位選手だけ。これには不公平感がある上、もともと、ゴルフルールは性善説に立って作られ、プレーヤーは自ら問題を処理して、その責任を取るもの。ゴルフの精神からいって、テレビ視聴者の指摘を採用するのはそぐわないということなのだ。

 レクシーは、「ゴルフで幾度も発生している不幸な状況に対して、USGAとR&Aがルールを進んで見直したことを称賛したい。将来誰も、私の時のような結果に向き合う必要がないことに感謝したい」とツイッターで語っている。

 レクシーが語るように、この問題は30年ほど前からたびたび論議の対象となっていたのだが、回の発表でようやく決着がついたといえるだろうか。

 
【関連記事】こちらも注目です!
2017/12/14 ヘイニーの予想的中。タイガーイズバック!
2017/07/07 聴聞会は8月に延期。睡眠障害に悩むタイガー

一覧へ戻る


バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 2国内女子で来季導入のリランキングってなに? 3大量の汗でズボンがびっしょり…解決策は“3枚重ね着” 4セルフでホールインワン!でも保険金が下りるには、もう1つのラッキーが必要 5スピース撃沈!ベン・ホーガンのクラブを打ってみたら 6男性ゴルファーのショートパンツとレギンスの重ね着、抵抗アリ? ナシ? 8(2014年)超軽量ドライバーはやっぱり振りやすい? 7女子プロテスト年齢引き下げで何が起きる? 9記録的豪雨でゴルフ場のクローズ……復旧は急ピッチ 10腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい?
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト