「世界一の幸せ者」L・オチョアらゴルフ殿堂入り
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2017/10/17号
2017/10/10更新

「世界一の幸せ者」
L・オチョアらゴルフ殿堂入り

 先月26日、フロリダ州セントオーガスティンで今年度のゴルフ殿堂入りセレモニーが行われ、新たにロレーナ・オチョア、デービス・ラブⅢ、イアン・ウーズナム、メグ・マローンらがホール・オブ・フェーマーの仲間入りを果たした。

 「人生でもっとも光栄な出来事」と喜んだのはラブⅢ。ツアー通算21勝、永久シード選手でもある彼はライダーカップのキャプテンを2度務め、同僚プロからの信頼も厚い。当然の殿堂入りとも思われるが本人は、知らせを受けたとき「(師匠の)ハービー(ペニック)と一緒のクラブ(殿堂)に入れるなんて夢のようで、思わず頬っぺたをつねったよ」と笑った。

 そしてラブⅢ以上の高笑いだったのがオチョアだ。メジャー2勝を含む通算21勝を挙げ、史上もっとも長期間世界ランク1位に君臨したが28歳で電撃引退を表明。かねてから殿堂入りの条件であるポイント(優勝や各部門賞によるポイントの累計)は満たしていたが、もう1つの「ツアーで10年間プレーすること」という条件を満たせず殿堂入りが見送られてきた。しかし規定の変更により今回晴れて壇上に。

 「10年前、夫(当時は恋人)がこの施設(ゴルフ殿堂)に連れてきてくれて、将来家族でここに戻って来たいね、といってくれたんです。その夢が叶うなんて私は世界一の幸せもの!」

 "小さな巨人"ウーズナムはマスターズ優勝のほか欧州ツアーで2度の賞金王に輝きライダーカップの勝利キャプテンも務めた。10代の頃からパーマー、ニクラス、プレーヤーのビッグ3に憧れ世界を目指したが、周囲の大人たちは「まずは少し身長を伸ばしたほうがいい」と余計なお世話。「当時から10センチは伸びたんだけどこの通り」と自虐ネタで笑いを誘った164センチは胸を張った。

 尚、ヘンリー・ロングハースト(英)も特別功労部門で今回殿堂入りしている。

 
【関連記事】こちらも注目です!
2015/03/03 殿堂入りの石井朝夫を知ってるかい?
2012/04/09 権威はあと回し?殿堂なきゴルフ殿堂と選ばれた7人のプロ
2005/11/23 岡本綾子が日本人3人目のゴルフ殿堂入り。カリー・ウェブ、ビジェイ・シンらも受賞

一覧へ戻る


バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最新人気ランキング

1(2010年)古閑、上田らトッププロを育てた「坂田塾」が閉塾に。塾長、語る。 2(2012年)豪ギブソンが16アンダー。遼の世界記録破るスコア「55」が出た! 3連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 4番組企画でQT出場。106叩きで議論に…… 5曲げたくても曲がらないドライバーが今年の流行り? 6「違反していない」アンカリング“ズル疑惑” ランガーがコメント発表 7腰が痛くなったら ゴルフをしたほうがいい? 8超軽量ドライバーはやっぱり振りやすい? 9アンプレ処置の椿事!女子プロがバンカー内の球を外にドロップしちゃった 10(2010年)なぜ? 1週間に二度も乗用カート事故が起きたゴルフ場を実地検分
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト