米ツアー年間王者"決定戦"新設される?
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2017/10/17号
2017/10/10更新

米ツアー年間王者
"決定戦"新設される?

 米男子ツアーの2016-17シーズンはツアー選手権で幕を閉じフェデックスカップ王者(年間王者)にジャスティン・トーマスが輝きボーナス11億円を獲得した。ところでいま王者決定の手続き変更が検討されているというが、なぜ?

 フェデックスカップのポイントシステムが採用されてから11年。タイガー・ウッズやビジェイ・シン、ジョーダン・スピースら時代を象徴する選手が年間王者の称号を得てきた。しかし、なかにはシーズン中はさしたる活躍がなかったのにプレーオフシリーズで逆転劇を演じた"ポッと出"の王者がいたのも事実。

 今年はメジャーを含む最多5勝を挙げたトーマスがその座に就いたことで疑問を挟む余地はなかったが、かねてからフェデックスカップ王者とその年活躍した選手との間に隔たりがある、と不公平感を口にする選手も多かった。

 たとえば昨季はダスティン・ジョンソンが大活躍。ところが下位からツアー選手権にコマを進めたローリー・マキロイがもつれた最終戦をプレーオフで制し大逆転で年間王者の座を手に入れたのだ。

 ツアー選手権に出れば他の選手の成績いかんで20位台から一気に王者になれる。その"ギャンブル性"がエキサイティングという向きもある。しかし1位なら11億円、2位は3億強とその差が大きすぎるという選手からの指摘も。

 そこで、ツアー側が考えたのがポイントランク上位者のみでツアー選手権終了後に18ホールあるいは36ホールの"真のプレーオフ"を行い、年間王者を決めてはどうか、という案。たとえばツアー選手権を水曜から土曜の4日間に変更し、日曜に年間王者を決定するためのエクストララウンドを行う。詳細は流動的だが、これなら25位だった選手がいきなり1位になる不平等感がなくなるというのだ。

 問題は11年続いた現在のスタイルが定着、それなりに機能していること。修正案が採用されるかどうかはジェイ・モナハンPGAツアーコミッショナー次第のようだ。

 

一覧へ戻る


バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最新人気ランキング

1(2010年)古閑、上田らトッププロを育てた「坂田塾」が閉塾に。塾長、語る。 2(2012年)豪ギブソンが16アンダー。遼の世界記録破るスコア「55」が出た! 3連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 4番組企画でQT出場。106叩きで議論に…… 5曲げたくても曲がらないドライバーが今年の流行り? 6「違反していない」アンカリング“ズル疑惑” ランガーがコメント発表 7腰が痛くなったら ゴルフをしたほうがいい? 8超軽量ドライバーはやっぱり振りやすい? 9アンプレ処置の椿事!女子プロがバンカー内の球を外にドロップしちゃった 10(2010年)なぜ? 1週間に二度も乗用カート事故が起きたゴルフ場を実地検分
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト