ダイヤモンドカップでルール違反ぞくぞく……
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2017/10/17号
2017/10/10更新

ダイヤモンドカップで
ルール違反ぞくぞく……

 日本ツアーとアジアンツアー共同主管のダイヤモンドカップは片岡大育のツアー通算3勝目で幕を閉じたが、何かとルール問題を考えさせられる大会でもあった。

5打罰はほろ苦いが、ローアマとなった中島啓太

 ダイヤモンドカップのルール問題の始まりは2日目に起きた片山晋呉のスコア誤記。15番パー4でダブルボギーだったところを「5」と書いてアテスト所を離れてしまったのだ。これは珍しいことではなく、片山の誤記失格は4度目だ。

 珍事を起こしたのは3日目のデビッド・オーだ。スタートホールの1番パー4で7ヤードほどのアプローチをカップインして幸先のよいバーディ発進だとオーは思ってボールを拾い上げようとした。

 ところが、ボールはピンとカップの縁に挟まった状態。同伴者から「ストップ!」と声がかかったが間に合わず、オーはボールを拾い上げてしまった。

 旗竿に寄りかかる状態でボールのフチよりも沈んでいないボールは、ホールアウトしたとはみなされず、まだインプレーなのだ。旗竿を揺らすなどしてカップの底に落とす必要がある。インプレーのボールを動かしたオーには1打罰が課せられ、そのホールはパーに。

 しかし、間違いに気が付いたオーはラッキーだったかもしれない。もしそのまま次のホールをプレーしていたら、「ホールアウトの不履行」で競技失格という事態もあったからだ。

 ルール問題の最後は唯一アマチュアとして15位タイで決勝進出していた17歳の中島啓太が3日目の15番パー4で演じた「9」の大叩きだった。

 2打目を池に入れた中島はルールどおりにドロップしたのだが、そのボールが池に入りそうになったため、キャディが止めてしまった。これは「ゴルフ規則1-2球の動きに影響を及ぼす、あるいは物理的条件を変える」に該当して2打罰。

 中島は、キャディが止めてしまったボールでプレーを続けなければならなかったのだが、勘違いして再ドロップ。これがまた池に入ったためプレースして打ってしまった。これは誤所からのプレーとなり2打罰。

 結局、池ポチャの1打と、その後の4打罰で計5打罰となり、中島は「9」でホールアウト。決勝進出者最下位の63位で大会を終えた中島は「勉強させてもらいました」と反省しきりであった。

 
【関連記事】こちらも注目です!
2017/07/31 「違反していない」アンカリング“ズル疑惑”ランガーがコメント発表
2016/05/12 鬼頭 桜無念の失格。新ルールで救われなかったワケとは
2008/11/14 日本シニアOPでプロが違反ティペグで失格になっていた。一体どんなティ?

一覧へ戻る


バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1(2014年)左手親指痛に悩む松山英樹もJ・デイもテンフィンガーを試してみては? 2(2015年)曲げたくても曲がらないドライバーが今年の流行り? 3イギリスで売れに売れた韓国ボールとは……? 4番組企画でQT出場。106叩きで議論に…… 5連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 6番組企画でQT出場。106叩きで議論に…… 7スコア改ざんで出場停止10年、男子下部ツアー 8(2014年)超軽量ドライバーはやっぱり振りやすい? 9(2015年)偽物注意報発令?ゴルフクラブのコピーが急増中 10腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい?
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト