ゴルフ初心者のラウンドデビューまでの道 第1回「ゴルフクラブの握り方(グリップ)編」

「ゴルフ初心者のラウンドデビューまでの道」では、これまでにゴルフクラブを握ったことがない初心者でもボールが飛ばせるようになるためのポイントについて、ゴルフレッスンスタジオ「ゴルフテック」でコーチを務める堀さんによる解説と、実際にこれまでゴルフクラブを握ったことがない丸山(まるやま)さんの実演を交えてご紹介いたします。

第1回は、ゴルフクラブの握り方(グリップ)です。
ゴルフにおいてグリップは、最も基本的な動作であると同時に、ゴルフボールを正しく飛ばす上で非常に重要なポイントとなります。
普段行わない慣れない動作ではありますが、ポイントを押さえれば決して難しくはありませんので、間違った癖をつけてしまう前に正しいグリップを覚えましょう!

ちなみに、本レッスンでは基本的に7番アイアンを使用します。
なぜ7番アイアンで練習するのかというと、一般的にクラブは長くなれば当てるのが難しくなり短くなれば簡単になる傾向がある中で、最初の練習は中間の7番アイアンで練習を行うことでより長いクラブ、短いクラブに応用しやすいからです。

まずはクラブの向きをまっすぐに合わせましょう!

クラブを握った時にフェイス(ボールを打つ面)が曲がっているとボールは思った通りの場所に飛んでいきません。
そのためには、実際にグリップを作る前に構えた時にクラブが正しい方向を向くように「下準備」をする必要があります。
クラブの向きは以下の方法で合わせます。

1.右手でクラブのシャフト(棒)の真ん中よりやや下ぐらいを握ります
(クラブがぐらつくと思いますのでその時はクラブのした方を左手で支えましょう)
2.フェイスのソール(実際にゴルフクラブを構えた時に地面と接する部分)を自分の体に対して垂直になるように合わせます

正しくクラブを握るには…

クラブの向きを合わせる「下準備」が終わったら、いよいよ実際に打つためのグリップ(握り)を作ります。
以下の手順で握ってみましょう。

1.右手はそのままで、左手のグローブを上から握る様にしてゴムの部分を握ります
2.右手は離して顔の前に握った左手を持ってきます
3.左手の人差し指と中指のナックル(こぶし)がのぞき込まなくても見える形になっているか確認します
4.右手を横から握る様に持てばグリップの完成です

最後にクラブが正しく握れているかの確認

実際に作ったグリップが正しい形になっているかを確認する上でのチェックポイントは、

1.左手の親指と人差し指がしわになるように握れているか
2.右手の親指の下にあるふくらみが左手親指に重なるように握れているか
3.右手も左手同様に親指と人差し指がしわになるように握れているか

の3点です。
これらが問題なければ、フェイス部分を地面に付ければグリップの完成になります。
これでゴルフスイングのスタート地点であるグリップができましたので、次はゴルフスイングの8割が決まるともいわれる「アドレス」(ボールとの立ち居地)について解説いたします。

レッスン実演動画

それでは、実演動画を見てみましょう!

企画協力/GolfTEC by GDO

「GolfTEC」とは、全米で160店舗を展開し、アメリカNo.1の店舗数を誇るインドア・ゴルフレッスンチェーンです。 2012年5月、その日本第1号店「GolfTEC by GDO」として六本木にオープン。 1)完全マンツーマン、2)スイングの可視化システム、3)いつでも復習可能なWEBサポート、4)ビデオによるセルフトレーニング、5)いろんなメーカーから選べるクラブフィッティングで、あなたの上達を本物にします。 まずは、お気軽に無料カウンセリングのお申込みをお待ちしています!

全米シェアNo.1 GDO運営 完全個室マンツーマンのゴルフレッスン golfTec by GDO

ページの先頭へ